徒然わいん

徒然なるままにグラスにむかひて・・・・・・・・・

全体表示

[ リスト ]

山本さんの畑の見学の後は、
https://blogs.yahoo.co.jp/tsuredsure_wine/66195204.html
バスで松本まで移動。

ヒカリヤ ニシで山本さん、篠田さんも交えたランチ会です。

イメージ 14


イメージ 15


イメージ 1


サントリーさんなので、プレモルでスタート。
イメージ 2

暑い日だったので、美味しかった!

供されたワインはこちらの4本
イメージ 13


イメージ 3

セビーチェ 豚皮/パプリカ/鯛/エシャロット
ライムの香りがとても爽やか。

イメージ 4

スポンジ バルサミコ/信州サーモン/なら漬け

イメージ 5

緑の野菜 スナップエンドウ/烏賊/茴香/ボッタルガ
ウイキョウの香りが清涼感を感じてとても良い。

ここまでは、信州産 シャルドネ 2016を合わせました。

イメージ 6

アスパラ 帆立/卵黄/トリュフ/雲丹
 アスパラは本当は隠れていたのですが、見えるように上をちょっと外してあります。

こちらと次のポタージュには、信州 メルロ ロゼを合わせました。

イメージ 7

玉葱 淡路島の玉葱

イメージ 8

鰹 パプリカ/ベルジュ/地野菜/ベーコン

塩尻 マスカット・ベーリーA ミズナラ樽熟成 2013を合わせました。

イメージ 9

仔羊 浅利/グリンピース

岩垂原メルロー 2013を合わせました。

イメージ 10

ガスパチョ カルピス/苺/桃/林檎/フランボワーズ/ジャスミン

イメージ 11

シェフの田邊さん。
それぞれの料理には、ペアリングしたワインを少量使ってあり、ワインに合わない訳がないと。

イメージ 12

さくらんぼと無花果

山本さんの隣に座らせていただき、いろいろなお話を聞かせていただきました。

”収穫の時期はサントリーが決める。”
収穫の時期が近づいてくると、サントリーの人がやってきて、畑に入って葡萄をコソ泥していくだよとのこと。葡萄のサンプリングをして、持ち帰って、ラボで糖度や酸、その他を測って、おそらく天気予報も見計らって、収穫の時期をサントリーで決めて、その通りに収穫するそうです。

農協批判:
農協は3つの方法で農家から金をむしりとる。
1 金を貸す。
2 農産物を買い取る。
3 農業に必要な肥料、農薬、機械を農家に売る。
山本さんはお金は借りるが、農産物は現在、一切農協には売っていないそうです。

”サントリーさんのおかげで、こんな席にも呼んでもらえるようになった。”
前田さんによると、山本さんは、当初は、農家は農産物を作って売ったら終わりで、消費者の前に出ることはよくないと言っていたそうですが、ヒカリヤのソムリエの方が山本さんの葡萄の収穫体験に来たりして、段々と消費者に対して、直接話をしようという気になったとのこと。

その他にも、いろいろと面白い話があったと思うのですが、アルコールの影響で残念ながら覚えていません。

電車の時間などもあり、ちょっと慌ただしい感はありましたが、とても密度の濃い、塩尻ワイナリー見学ツアーでした。

お世話いただいたサントリーの皆様、山本さん、参加者の皆様、楽しい時間をどうもありがとうございました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事