釣り人知らずの釣れ釣れ草「改」

どこが改やねんって突っ込みは無しでw
イメージ 1
スミ入れ兼ウォッシングとデカール貼り、排気汚れといったウェザリングまで進みました!スミ入れ兼ウォッシングは自己調色のエナメルグレー。真っ白ではちょっと色気がないなぁと思い、かなりきつめに汚してあります。
胴体横のハートマークがハルトマン乗機のパーソナルマーク。その中に書き込まれた「Usch」は戦時中に結婚した妻の愛称なんだとか。(1/72スケールではその読み取りがほぼ不可能ですが)
いやぁ、先回のバーテルス乗機といい、こういうのが流行ってたんですかね〜。

排気の媒汚れはいつものウェザリングマスター。このウェザマスを使って翼や胴体の汚れを少々追加。アットランダムにウェザマスを乗せ、水で濡らした綿棒でそれを伸ばすしていったんですが、ちょいと汚し過ぎたかな?まぁ、塗装と違って簡単にやり直しも可能ですんで、気が済むまで遊ぶ事とします。
それにしても、ウェザリングといい銀の剥げチョロといい、プラモ作りでこの辺の作業が一番楽しいところですよね〜。
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
イメージ 2

と喜んでいるのも束の間。翼に貼りつけたラウンデルが気に入りません。そう、塗装の白に負けてしまってデカールがほとんど見えないんですよ。
(;´∀`)・・・うわぁ・・・
しょうがないのでデカールの上からエナメルの白をなぞっていく事にしました。ずぼらこかずにちゃんとマスキングした方が良かったかなぁ〜。ラインがここだけゆれゆれっていうのもおかしいですもんねw。むむぅ、カルトグラフのデカールだったらこんな苦労はなかったのかもしれません。
"(-""-)"

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

「キャノピ白じゃない説」に腰を抜かして製作が中断しておりましたが、実は気がかりな事がもう一つ。それは…
イメージ 1

ハルトマン乗機のアイコンとも呼ぶべき機首のチューリップ。キットにデカールが用意されてはいるのですが、果たして上手く貼れるかどうか、改めて考えてみると大いに不安になってきたんですよね〜。
というのも、貼付箇所のあちらこちらに厄介な湾曲があったり、オイルクーラー排気管周りを上手く避けつつ、且つ全体的に均等に貼付出来るかとなると…
(´ε`;)ウーン…艦長、まず無理であります!!

って事で一念発起、デカールを止めて塗装する事にしました!
イメージ 2

折角接着させた排気管等ですがマスキングに邪魔なので一旦取り外します。んでもって、クリアケースにデカールを入れ、デザインナイフで切り出し作業。一枚一枚、塗装図とにらめっこしながら貼りつけていきます。
マスキングが終了したらいよいよ塗装!生乾き気味の塗料を少量筆に含ませ、ストロークじゃなくポンポンと置いていくようなイメージで塗装を進めていきます。(ベタ塗りしてマスキング内部に塗料が入りこんだ経験多数アリw)

イメージ 3
テープを剥がしてみると、塗料の入りこみ多少あったものの、許容範囲の仕上がり。タッチアップで何とかなりそうでほっと一息。マスキングテープですらさんざん苦労したんですから、デカールとなると一体どうなっていた事でしょう。塗装への変更、どうやら吉とでたようですね〜。
(^_^)v

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

5月20日 釣行記!

今年初のキス釣り釣行!ブログのBGMはコチラです!!(何でもかんでもBGMつけりゃ良いってもんでもないよなw)
なんで「うらら〜うらら〜?」その理由は後ほどにw。

何てったって今回は今年の初釣行!高級エサのチロリを奮発し、喜び勇んでの由良浜(「ゆらはま」と呼びます)着だったのですが、
釣り人いぱ〜〜〜い!!サカナいな〜〜〜い!!!
_| ̄|○

すぐさま栗田の浜へ移動!しかしここでも反応無し。遠投がダメなら近投でと、3色付近を丁寧にサビいて何とか数匹追加。しかしその後が続かず、難波江まで大移動。宮津エリアよりも魚影が濃いのか、飽きない程度に食ってはきてくれるのですが、如何せんサカナ小っちゃ過ぎ。
┐(´∀`)┌ヤレヤレ
イメージ 1
珍しくも何ともないピンギスですが、一応、証拠写真ですw。

イメージ 2
難波江はこんな感じのポイント。久々に見るキレイな海に、心も洗われますね〜。

しか〜〜し!!2時過ぎの時点で、クーラーボックスは未だガラ空き状態。どうしたものかと無い知恵を絞り、夕まづめのワンチャンを再び由良浜で迎える事にしました。朝はあれだけ人でごった返していた由良浜も、今度は閑散としてほぼ貸し切り状態。釣り友の主どん情報を参考に、朝とはちょっと違うポイントで釣り再開です。
イメージ 3
備忘録として、由良浜の釣り座より見る風景を一枚。テトラ帯の手前やその帯の先端より沖等、あちらこちらへ投げ分けてみると、そこそこ口を使ってきてくれるではありませんか!!
日没前後になると、キスの活性が最高潮!連られて釣り人のテンションもマックス!
思わぬ由良浜での爆釣に、ふとベタな駄洒落も浮かんできました!

♪ゆ〜らら、ゆ〜らら、ゆ〜らゆられ〜〜〜、ゆらら〜ゆらら〜ゆらゆらよ〜〜♪

それまでの苦労もあり、ちょっと頭がハイになっていたのでしょう。アタリが伝わる度、「狙いうち」のイントロが脳内で始まります。そして夕暮れの寂しい浜で一人、怪しいおっさんが小唄を唄いつつリールを巻いているのでしたw。(駄洒落のクオリティも典型的なオッサンでしたねw)
("゚д゚)ポカーン
そんなこんなで、今回の釣果は20匹程度。型・数とも次回に課題が残る結果となりましたが、それでもまぁ、十分楽しめました!
由良浜で投げ釣りするオッサン釣り人の皆さん!!一緒に「ゆ〜らら〜」しませんか?
( ̄ー ̄)ニヤリ

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 1
メッサーは基本塗装が終了!胴体前部は、結局強引に接着させちゃいましたが、結局これが正解だったのかも。プラバンかましての胴体接着となると、スピナや機銃部のパーツとの合いが崩れていたかもしれません。ただ、暫く経ってある日突然パックリというのががちょっと怖いですけどね。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
今回のメッサーのキャノピは、いわゆるエルラ・ハウベ型。パイロットの視界向上の為、窓枠が少なくなったタイプですね。写真では比較の為に別のメッサーを並べてみました。「こりゃぁ良く見えるわ!」と当時のパイロットに好評だった事でしょう。そして「こりゃぁ塗装が楽だわ!」と現代のモデラーにも好評ですw。
( ´,_ゝ`)プッ
イメージ 2
排気、機銃といったディテールの塗装も終了。ここまで順調だなぁ〜と思ってたのですが…。
(」 ̄x ̄)」ショッ!? (/||  ̄□ ̄)/ショエェェーーーッ!!
晩酌のビールを開け、ネットをブラブラしていたら椅子から転げ落ちそうな画像を発見したんですw。それがコチラ↓。
イメージ 3

お分かりでしょうか?キャノピの窓枠が白じゃないんですよねw。一瞬めまいをおこしそうなショックを覚えましたが、よくよく見ると窓枠が白いハルトマン機もままあったりでして。このキットが発売されたその昔、「窓枠白」説が一般的だったのが、その後の考証で変わっていったのでしょうかね〜。(その実、比較的新しいハセガワさんのキットでもシレっと変わってますしねw)

実際のところどうだったんでしょう?何か訳があって窓枠のみ白塗装がなされなかったのでしょうか?あのクソ几帳面な(と勝手に思っている)ドイツ人が、ここだけ手抜きしたなんて事はないと思うんだよなぁ〜。近い将来に新考証が出て、一周回って「やっぱ白でした」な〜んて事になったりしませんかね?
(´ε`;)ウーン…

この記事に

開く コメント(8)

嘘の上塗りという言葉がありますよね。一つ嘘をつくとそれを取り繕う為に新たな嘘をついてしまうという。「嘘」という訳ではありませんが、(右であれ左であれ)イデオロギーにも同じような傾向があると思うんですよ。一つのイデオロギーを追及、その正当性を取り繕おうとする余り、どんどんと合理性を失ってしまいには誰からも共感を得られなくなってしまような。
沖縄基地問題のニュースを読んで、そんな事をふと思いましたとさ。
(-。-)y-゜゜゜
イメージ 1
コクピットはこんな感じに。ほぼほぼ先回と一緒ですね。シートベルトは、「紙創り」の余りものを適当に貼りつけてのでっち上げ。完成してキャノピ越しに見る分には、問題ないんじゃないかと。メーターのデカールがずれまくりでお恥ずかしい限りですw。
(/ω\)

イメージ 2
組説によると、ハルトマン機はループアンテナ不要との指示。今回は使用しない20ミリガンポッドで穴埋めをする一枚ですw。良い子はパテか何かで埋めましょうね。(ネタ的に面白かろうと、突っ込んでみましたw)
イメージ 3
翼と胴体の仮組です。経年変化なのでしょうか、前回のメッサー程の勘合性がありません。機首部の微妙な隙間をどう攻略するべと一思案。強引に接着させるのか、プラバン等を隙間にあてがうか、どっちか正解なのでしょうね〜。どっちでも良いような気もしますが…。
(-ω-;)ウーン

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事