釣り人知らずの釣れ釣れ草「改」

どこが改やねんって突っ込みは無しでw

9月23日釣行記!

今年初のバス釣りです!
(((o(*゚▽゚*)o)))
道すがら道端に咲く彼岸花に秋を感じつつ、やってきましたO川!水位よし、透明度よし、見えバス多数!
「これは…釣れる…!!」
自信が確信に変わるまで、そう時間はかかりませんでした。(←古過ぎw)
イメージ 3
はい、どーん!挨拶変わりの40アップに…

イメージ 150アップ、どんどーーん!!
イメージ 2
ロクマル、どどんどーん!!(/・ω・)/
ロクマル一本、50アップ二本を含め、久しぶりの爆釣でした。ただ…バラシ連発で、次回に課題の残る釣行でもありました。(←毎回言ってる?)バラシ無しで確実にかけてたら、20匹くらいは釣れたんじゃないでしょうか。(10匹釣ったところで数えるのやめましたw)
それにしても何年ぶりのロクマルでしょう?これで今年の釣り運、使い切ったかもしれないですw。
(-。-)y-゜゜゜
イメージ 4
以下ヒットパターンを少々備忘録として。黒丸で囲った岩を目印にその上流、下流を攻めるイメージ。立ち位置、ルアーを流すラインを微調整する事と、あまり同じキャストを繰り返し過ぎず適度にポイントを休ませるのが肝であるように思えました。
それにしても良く釣れました!久しぶりにバスの歯形で右手の親指がザラザラになりました〜〜!
(*´ω`*)

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

きょ、きょ、きょえええ〜〜〜〜!!!
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
藪から棒に何事かと言いますと、他でもない99艦爆。デカールの段階になってちょっと…いや、かなり困った事になってしまいました。
先ずは位置合わせで手のかかるところからという事で、胴体の青帯からスタートしてみたのですが…。
イメージ 1
す、寸法が足らない・・・!!
( ;∀;)
微調整すればドンピシャの位置が出るかなと思いきや、前にずらすと胴体が膨らみ、後にすると胴体は細くなるのですが今度は角度のついた垂直尾翼が伸びてくるのでどうにもならない感じ。うわぁ…キット付属のデカールだったらこんな事にならなかったろうに、これはアフターパーツの罠にはまったかぁ〜!?(←大げさw)
待てよ、スパッツの赤もデカールの予定なんだけど、まさか「合わない」なんてことないよね?
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
イメージ 2
オーマイガー!!
_| ̄|○
この段階になって塗装への変更はショックが大きいですw。まぁ…日の丸とかそういうの後回しにして、ごく最初の段階で気づいたのは不幸中の幸いでしょうか。
デカールを諦めて塗装へ変更するにしても、赤や青の下地に白が欲しいところですが、塗膜の調整とか考えると面倒な事このうえないですし、モールドの埋まりも怖いところ。
既に塗装済みの明灰白色で事足りてくれたら、手間が省けてラッキーなんですけどねぇ〜。
(-ω-;)ウーン

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

「トイザらス経営破たん」
今日のニュースでトリビアを一つなんですが、「トイザらス」の意味をご存じですか?
英文にすると"TOYS ARE US."となりまして、これは英文法でいうところの倒置法。(だったかな?)
ひっくり返すと”WE ARE TOYS."となる訳でして、すなわち「僕ら、おもちゃだよ〜。」となる訳なんです。
(´・∀・`)ヘー
ちなみにRが左右ひっくり返っているのは、アルファベットを覚えたての幼児が起こしがちな表記間違いをあえて会社ロゴに採用したからなんだとか。
(´・∀・`)ヘー (´・∀・`)ヘー

それはさておき99艦爆。先回の記事を見返して覚えた違和感。よくよく見てみると…。
「ああ!!防眩の黒、塗り忘れてる〜〜!!」
マスキングまでしてたのに忘れていたなんてw。何か最近、こういう凡ミス多いんだよなぁ〜。そのうち朝飯三回くらい食べてしまいそうで、この歳から老後の痴呆が怖いww。
イメージ 1
ってな訳でもう一度マスキングしなおして防眩の黒、塗り足し完了!うん、これでこそ99艦爆ですね。
因みに写真では真鍮パイプに置き換えたピトー菅を接着済みです。
イメージ 2
大戦機製作で避けては通れぬ窓枠塗装。大体終わりました〜。ところどころはみ出たところを爪楊枝でカリカリやってラインを整えれば終了です。あ、コンパウンドの磨きもやらなくちゃですね〜。
イメージ 3
基本塗装に続いて小物類の塗装に着手です。(ピンボケご容赦!)
250㎏爆弾を懸架するA字型のアームなんですが、切り出しには注意を払ったにも関わらずまさかのポキリ。
ええええ(;゚Д゚)ええええ
今日のかに座、運勢最下位だな、たぶんw。

この記事に

開く コメント(0)

日本軍機ってその殆どが現存しておらず、その塗装について諸説あって頭を抱えるってのもよくありますよね。江草機もそのひとつなんでありますが、ここまで大きく異なるのも珍しいんじゃないでしょうか。
イメージ 1
BI−231号機に描かれた二種類の塗装例。赤とオレンジの斑迷彩と、もう一つは尾翼周りを真っ赤に描き、黄色いストライプの入ったもの。どちらか一方は存在しなかったのか、それとも新機受領後に塗装を一新して、そのいずれも存在したのか分からない訳ですが…。
右の方が塗装が楽っぽいんでこっちでいこ。(安直w)
(n*´ω`*n)
ゆるモデラー全開で製作中ですw。
イメージ 2
ってな訳でここまで進みました〜♪もう一方の飛龍搭載機は、明灰白色オンリー。個人的に、99艦爆といえばこっちの方がしっくりきますね。あとゼロ戦21型も明灰白色だけの方が好みだなぁ〜。
それにしても楕円形の主翼が渋い!!いやぁ99艦爆、やっぱかっこええわ!!
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
イメージ 3
組説にその指示はありませんが、アンテナカバーも黒で塗り分け。ヨンパチキットに倣ってそうしてみました。(何かこいつのせいで綺麗な機体のラインが崩れてしまい、今になって付けなきゃ良かったかもなんて嘆きも。)

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

待ちに待った三連休!!
(/・ω・)/
なんですが台風なんですよね〜。釣りは諦めて、南港インテックス大阪まで、キャンピングカーフェアへ逝ってきました!
イメージ 1
朝一番、人混みはそれほどでもなく、比較的ゆっくりと見て回る事が出来てよかったです。
定年を迎えたら、キャンピングカーに乗って一週間くらい、北海道などぐるーっと回れたら良いなぁなんてほのかな夢を持っている訳なんですが、まだまだ遠い話ですよね。
イメージ 2
個人的にはキャブコンといってトラックをベースに改造を施したタイプが良いななんて思ってる訳ですが…。
「予算の壁」が高く高〜〜く立ちはだかります。
( ;∀;)
いつの日か・・・手に入れられたらいいな。

この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事