全体表示

[ リスト ]

King's Speechを見た

久しぶりに、ちょっとだけ更新。本日、良い映画を見てきました。

タイトルは「King's Speech」日本公開名「英国王のスピーチ」。20世紀初頭、吃音に悩み英国史上最も内気な王として知られるジョージ6世が、市井の言語聴覚士ローグと出会ってそれを克服し、第二次大戦にあたっての開戦スピーチに挑んだという実話に基づく映画です。さすがアカデミー賞12部門ノミネート。物語も、俳優も、演出も映像も、実に素晴らしい映画でした。

第二次大戦前夜の当時の不安な世情、そのなかで国を背負う立場となったジョージ六世の悩み、家族の愛。そして、彼の治療に挑むローグと育む篤い友情には、胸が熱くなります。何ヶ月ぶりかで見る映画として、まずは正しい選択であったなと満足です。

それにしても、後ろの席に座っていた客の一人がいびきをかいて寝始めたのには参りました。隣の人が肘でつついて起こすとかしてくれればいいのに、しないんだもんな〜(-_-;)やむなく、私が後ろを向き、かの人物の目の前に手を伸ばして「指パッチン」を一発やって起こしました。ここで一句「寝てもいい、いびきはかくな。頼むから」

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんにちは、この映画まだ見ていませんが見たい映画です。
私は小さい頃に吃音だったので^^(出る時とで無い時があったんですけど)
この映画のように、人前で話さなければならない方の場合は大変でしょうね。

2011/3/1(火) 午後 0:59 おばはん 返信する

顔アイコン

おばはん様、コメントありがとうございます。更新をさぼりまくって久しい中に書いた記事に対する久しぶりのコメントなのでなおさらありがたいです。

吃音というのは、要するに「自分の考えが想うように伝えられない」という誰しも感じるもどかしさが強く出たものに過ぎないとも言えますので、ジョージ6世の苦しみは、たいていの人がある程度感じるもののはずです。ですから、彼の奮闘に対する共感もまた、国を問わず伝わったのだと思います。

ともあれアカデミー賞4部門受賞、おめでとう!(^o^)/

2011/3/1(火) 午後 10:14 半端者 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事