全体表示

[ リスト ]

あまりにあまりの内容なので、思わず引用。ニュースの著作権??そんなの、知ったことか!!いちいち読みといて書きなおしている暇はない。

 【ジュネーブ伊藤智永】欧州合同原子核研究所(CERN、ジュネーブ)は23日、素粒子ニュートリノを光速より速く移動させる実験に成功したと発表した。事実なら、「光より速い物質は存在しない」としたアインシュタインの特殊相対性理論(1905年)を覆す物理学上の「大発見」となる可能性があるという。
 
 発表によると、日本の名古屋大、神戸大や欧州、中国などの研究者約160人が参加する「国際研究実験OPERA」のチームが、CERNからニュートリノ1万6000個を、約730キロ離れたイタリアのグランサッソ国立研究所に地下を通して飛ばしたところ、2.43ミリ秒後に到着し、光速より60ナノ秒(1億分の6秒、ナノは10億分の1)速いことが計測された。
 
 1万5000回も同じ実験を繰り返し、誤差を計算に入れても同じ結果が得られたという。チームも「説明がつかない」と首をかしげており、実験データを公表して、世界中の研究者に意見と検証を求めたいとしている。
(後略)
(毎日.jpより・・・)

何が起こったんだ・・・いったい。現在、分かりもせんくせにCERNのセミナーをwebcastで聞いております。・・・

追記:
とにかく、専門家によるさらなる追試がどうなるか楽しみですね。量子レベルでのタイムトラベルでも起こったのか。頭にタのつくあの粒子(あまりに下世話なので自粛)に関連する現象なのか。あるいはもっと普通の、既知の現象の組み合わせで説明できる「みかけの超光速」現象なのか・・・

科学ファンとしては、今後の展開に興味がつきません。ワクワク(*^_^*)

追記の追記:
そうそう、例によってこれをきっかけに性懲りも無く騒ぐ「相ま」病患者には惑わされないようにしないとね。

追記の追記の追記:
そういえば、一番大事なこととして、これがパイオニア・アノマリーのように無事解決されることが一番平穏で幸せな結果であるってことです。SF者としては残念ですけどね。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

何やら、18日には再度実験で同様の結果が出たそうな。でも、速度測定にGPSを用いている点に考慮外の誤差が生じる原因がありそうだという推測は未だ現在のようで、またイタリアの別な研究チームから「光速を超えた」ことを否定する論文が出たらしいし、どうやら落ち着くべきところに落ち着きそうですね。

してみると、GPSにはまだまだ精度向上の余地があるということなのか・・・うむ。

2011/11/24(木) 午後 9:15 半端者 返信する

顔アイコン

遅ればせですが補足。結局、計測機器をつなぐ数多くの回線のひとつで、わずかな接続不良があってそれが原因であったと判明。報告者は正式にこの結果を撤回したそうな。
責任者は今回の責任をとって役職を辞任したそうだが、この失敗がキャリアの傷として長引かないことを切に祈るものである。科学研究に失敗はつきものであり、失敗のない科学者に進歩はない。むしろ、大きな失敗をできるくらいチャレンジングな人こそ、科学発展の原動力なのだから。

2012/6/24(日) 午後 2:53 半端者 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事