ここから本文です
鶴見大学附属中学校・高等学校 ブルーベル・アンサンブル
ミュージックベル&トーンチャイム(クワイアチャイム)合奏団 鶴見大学附属中高ブルーベル・アンサンブルのブログです。

書庫全体表示

記事検索
検索
2019年3月30日(土) 18:30〜20:45 横浜みなとみらいホール・小ホール

私(顧問U)のひとり部活のお話しです。

今日は、関東学院O.C.C.ハンドベルクワイア第42回定期演奏会に行ってきました。昨年の第41回定期演奏会ではじめて生の演奏を聴いて、演奏技術もさることながら部員のみなさんの“ハンドベル愛”を強く感じて、すっかり大ファンになりました。昨年の9月には関東学院中高さんに文化祭“かんらんさい”にうちの部員と一緒にお邪魔してコンサートを鑑賞してきました。

イメージ 1























詳しくはコチラ!
部活日記2018.09.24 コンサート鑑賞 関東学院O.C.Cハンドベルクワイア
第60回かんらんさいハンドベルコンサート 

イメージ 2























会場は満席でした。多くの方に愛されているクワイアであることがよくわかります。

イメージ 3























部員は中1の9人が最多学年で、総勢22名。引退する高2が5人と、うちの部とほとんど変わりません。そういった意味でも、とても親近感を感じます。今回のセットリストはハンドベルで奏でる名曲の数々、ジブリアニメの「崖の上のポニョ」からミュージカル曲として「ライオンキングメドレー」、「トリッチ・トラッチ・ポルカ」のようなテンポのはやい曲までさまざまな世代が楽しめるものばかりでした。個人的にはハンドベルのオリジナル曲「Laudation」は特に聴き入ってしまいました。また、引退する高2が演奏した卒業演奏曲「糸」とディズニー映画 塔の上のラプンツェルより「輝く未来」は当日まで他学年には内緒で早朝や部活終了後に練習してきたエピソードのお話しがあり、心打たれました。

部員のみなさんは、各自が自分の役割をしっかりと理解して演奏しています。メロディなのかハーモニーなのか、それとも伴奏なのか、ダイナミクスはどうか、曲中で自分の打つ1音がどういう意味を持っているのかまで考えられています。ご指導されている鷹巣誠一先生を信頼して、しっかりついてきた部員のみなさんのたゆまぬ努力と“ハンドベル愛”に心打たれました。ハンドベルは、ひとつの楽器をみんなで分けて演奏する、吹奏楽や管弦楽とは異なる音楽の作り方をしています。苦労や難点も多いですが、それ以上に全員に奏でているという一体感を強く感じることができると思います。

約2時間の演奏会の中にもたくさんのストーリーがあり、関東学院O.C.C.ハンドベルクワイアさんの伝統を強く感じました。引退する高2のみなさんの自己実現に向けてのこれからの受験生としての生活と残る部員のみなさんの、これからのますますのご活躍を心よりお祈りしています。この度はご招待いただき、誠にありがとうございました。大変勉強になり、心が豊かになった演奏会でした。この場を借りて顧問の鷹巣誠一先生に感謝申し上げます。



「“心”に残る演奏を!」
ミュージックベル&トーンチャイム(クワイアチャイム)
鶴見大学附属中学校・高等学校 ブルーベル・アンサンブル Bluebell Ensemble



2019年3月29日(金) 9:00〜12:00

昨日は“かもめ保育園”さんでの訪問演奏会。とても楽しい時間でしたね。今日は今年度最後の練習になりました。「情熱大陸」のパート練習・セクション練習です。メロディセクションと伴奏セクションの2つに分かれて練習をしていきました。

ちょっと話題からはそれますが、私が中高生の頃の部活の顧問の先生方のことを書き止めます。今と20年以上前では状況は大きく異なりますが、当時、部活の顧問の先生方はお休みなく、多くの時間を部員と一緒に過ごしてくれました。生徒の立場で物を言うと、それが当たり前のことだと思っていました。いざ自分が教員として勤めてみると、会議や研修、授業準備、面談など目の前には多くの業務があって、顧問の先生方は、時間を何とかくやりくりしたり、自分ひとりで行うことができる業務は部活を終え、生徒を見送ったあとに夜遅くまで仕事をされていたのだとわかります。また毎週土日の練習は、先生方の家族のことよりも優先して私たちの面倒を見てくれていたのだととても感謝しています。そういう自分が受けた恩というか、ありがたみもあって、私(顧問U)は、なるだけ多くの時間を部員と一緒に過ごすことができたらと思っています。ただ部員の方は、U先生がいると、何かうっとおしいな・・・。と思っているかもしれませんが。

話題を戻します。「情熱大陸」はリズムが大変難しいですが、順調に練習が進んでいると思います。6月のサルビアわんぱく★ランドの本番で演奏できると思います。

3/30~4/3・4は春休みですので、つぎの練習は4/4(木)です。2日後に控えている“第77回こうかん通りコンサート”のリハを行います。集合・練習開始は9:00です。「バロック・ホウダウン」「アラジンメドレー」「さよならの夏」「海の見える街」「美女と野獣(メドレー)」「サウンド・オブ・ミュージックセレクション」「打上花火」を練習します。それでは良い春休みを!



「“心”に残る演奏を!」
ミュージックベル&トーンチャイム(クワイアチャイム)
鶴見大学附属中学校・高等学校 ブルーベル・アンサンブル Bluebell Ensemble

ミュージックベル&トーンチャイム合奏団
鶴見大学附属中学校・高等学校 ブルーベル・アンサンブル Bluebell Ensembleです。

2019年3月28日(木)、かもめ保育園(灰谷 薫園長)[横浜市鶴見区]さんにお招きいただき、訪問演奏会を行いました。毎年お伺いしている園なのですが、実は部員の中に2人の卒園生がいて、とてもご縁を感じています。

15:15の開演に合わせて13:00から学校でリハーサルを行って、今年度最後の本番に行ってきました。楽器の説明や音楽のお話し、2人の卒園生が園児だった頃の思い出のお話しを交えながら幼児クラスの子どもたちにベルとチャイムで奏でるジブリやディズニーの楽しい曲を聴いてもらいました。オープニングの「となりのトトロメドレー」では大合唱になりましたね。音楽を通した、とても楽しい時間となりました。

年長のそら組さんは、もうすぐ小学校1年生になりますね。今日で最後の登園の子やほとんどの子が明日が最後の登園になるとのことです。そういった大きな節目に呼んでいただいて、本当にうれしく思っています。小学校に行っても元気いっぱいでいて下さいね。

イメージ 1























園長の灰谷先生をはじめ、園の先生方には準備から当日に至るまで大変お世話になりました。この場を借りて厚くお礼申しあげます。

《当日の演奏曲》
「となりのトトロメドレー」
「メリーポピンズメドレー」
「バロック・ホウダウン」
「アラジンメドレー」
「アンパンマンのマーチ」

指揮:梅沢 幸助(本校教諭)



「“心”に残る演奏を!」を目標に、鶴見大学附属中学校・高等学校ブルーベル・アンサンブル  Bluebell Ensembleは、年間を通してミュージックベル&トーンチャイム(クワイアチャイム)演奏の音楽ボランティアを行っています。イベント・病院・幼稚園・保育園等でのミュージックベルの訪問(出張)演奏のお問い合わせは、学校(045-581-6325)までお願いいたします。ただ今、新曲練習中です。                               
担当:ブルーベル・アンサンブル顧問 梅沢 幸助(うめざわ こうすけ)

2019年3月26日(火) 9:00〜12:00
2019年3月27日(水) 9:00〜12:00

この2日間は「情熱大陸」のパート練習と、3月28日(木)に伺うかもめ保育園の訪問演奏会に向けての練習でした。

「情熱大陸」はかなりリズムが複雑です。ほとんどの部員が原曲を知っていることと、アレンジのリズムも原曲に近いので、楽譜の見た目よりも取り組みやすいようです。

かもめ保育園の訪問演奏会に向けては、「となりのトトロメドレー」「メリーポピンズメドレー」「アラジンメドレー」「バロックホウダウン」「アンパンマンのマーチ」などを練習しています。ただ、本番いないメンバーもそこそこいるので、急きょのパート変更で練習してくれた部員もいます。それでもどうしても音欠けがあって、ちょっとマズイな・・・。と思う部分は楽譜の一部を省略したり、当日いるメンバーで最大限のことができるように練習しました。

明日は13:00集合で当日リハを行います。学校出発は14:30、本番は15:15からです。


「“心”に残る演奏を!」
ミュージックベル&トーンチャイム(クワイアチャイム)
鶴見大学附属中学校・高等学校 ブルーベル・アンサンブル Bluebell Ensemble

ミュージックベル&トーンチャイム合奏団
鶴見大学附属中学校・高等学校 ブルーベル・アンサンブル Bluebell Ensembleです。

2019年4月6日(土)に、日本鋼管病院・こうかんクリニックで開催される。第77回こうかん通りに出演します。

当日は第二部構成で、第一部がピアノ弾き語りのシンガーソングライターYOSHIEさん、第二部を私たちが務めます。

私たちは、「バロック・ホウダン」「アラジンメドレー」「さよならの夏」「海の見える街」といったディズニーやジブリ映画の名曲の他、当日の会場のみなさまの雰囲気に合わせて心に残る名曲をお届けしたいと思います。たくさんの皆さまのご来場を部員一同、お待ちしています。

イメージ 1





































〜 第77回こうかん通りコンサート〜

日時:2019年4月6日(土)
         開演14:30〜終演15:30
   第一部14:30〜 第二部15:10〜
   
会 場:日本鋼管病院・こうかんクリニック1階ロビー

出 演:第一部
     シンガーソングライター YOSHIEさん
    第二部
     ミュージックベル&トーンチャイム合奏団
     鶴見大学附属中学校・高等学校 ブルーベル・アンサンンブル 
     指導・指揮 梅沢 幸助 (同校教諭)

曲 目:東京ディズニーランド エレクトリカルパレードより
    「バロック・ホウダウン」
    ディズニー映画アラジンより「アラジンメドレー」
    ジブリ映画コクリコ坂からより「さよならの夏」
    ジブリ映画魔女の宅急便より「海の見える街」
    ほか 会場のお客様の雰囲気に合わせて



鶴見大学附属中学校・高等学校ブルーベル・アンサンブル  Bluebell Ensembleは、年間を通してミュージックベル&トーンチャイム(クワイアチャイム)演奏の音楽ボランティアを行っています。イベント・病院・幼稚園・保育園等での訪問(出張)演奏のお問い合わせは、学校(045-581-6325)までお願いいたします。ただ今、新曲練習中です。                               
担当:ブルーベル・アンサンブル顧問 梅沢 幸助(うめざわ こうすけ)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事