ここから本文です
鶴見大学附属中学校・高等学校 ブルーベル・アンサンブル
ミュージックベル&トーンチャイム(クワイアチャイム)合奏団 鶴見大学附属中高ブルーベル・アンサンブルのブログです。

書庫その他

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

平成29年5月28日(日)、スポーツGOMI拾いY158大会に参戦しました。うちの部活からは、鶴見大学附属中高A~Fチームまでの6チームがエントリー。

なかなかの好成績を収めたチームもありました。
何と鶴見大学附属中高Eチームが参加35チーム中第5位!!

今回はブログ担当の私(顧問U)の引率ではなかったので、画像がありません。
ということで、主催者の公式HPの画像と順位表です。

イメージ 1

















イメージ 2



平成29年4月30日(日)、パシフィコ横浜で神奈川私立中学相談会2017が開催されました。県内の私立中学校が一同に会して、ブースやステージイベント、体験授業で各校の魅力を知っていただく催しです。

部からは信頼できる中学2年生にスタッフとして参加してもらいました。顧問が担当した体験授業「理科:不思議な錯視コマを作ろう!」ではアシスタントとして、小学生のみなさんをしっかりサポートしてくれました。
学校紹介ブースでは、学校の魅力を来場者の方に生の声として伝えてくれました。

いろいろな体験を通して、しっかり成長したなと思います。

イメージ 1




















学校紹介ブースでは、つるみん・つるたんもお出迎え

イメージ 2




















体験授業「不思議な錯視コマをつくろう!」

イメージ 3




















イメージ 4

国際理解・将来の国際貢献を目的に、大使館や国際関係機関を訪問し、研修を行っています。
平成29年3月30日(火)、東京都品川区北品川にあるセルビア共和国大使館を訪問しました。      
イメージ 3

                            




イメージ 4







生徒は食文化・祝日・祭り・芸術・スポーツ・近現代史・薬事・政治・民族衣装宗教・地理・観光等のテーマを各自が調べ、互いに発表し合う事前学習・発表会を校内で行い訪問研修に臨みました。
今回ご担当いただいたのはセルビア共和国大使館、大使秘書の長門ティヤナさんと通訳の小柳津(おやいず)千早さん。
イメージ 5








学習を進めるといろいろな疑問が生まれます。質問リストも作りました。
例えば、
◆回転寿司はありますか。◆象徴的な鳥はいますか。◆ベオグラードを姉妹都市を提携している都市・地域はありますか。またそれはどのような提携ですか。◆フレスコ画は個人の家庭の中にもあるものですが。◆教育の質が非常に高いと聞きました。それはどのような取り組みでそうなっているのですか。◆ラキアというお酒が有名だとわかりました。お酒に強い人が多いのですか。◆新年1月1日と2日が元日とのことですが、なぜ2日間の元日があるのですか。◆人気の観光地はどこですか。◆親日国だとうかがいました。学校などで日本について学ぶ機会はありますか。◆浸透している日本食はありますか。また日本食を食べる機会はありますか。◆現在、貴国と日本ではどのような協力・連携があってどのような関係にありますか。◆人気のあるお菓子は何ですか。◆よく食べる郷土料理にはどのようなものがありますか。◆マリーナ・アブラモヴィッチ以外でどのような有名なアーティストがいますか。など
イメージ 1












日本からのセルビアへの支援と東日本大震災でのセルビアから日本への援助のについて知る機会にもなりました。震災直後、セルビア人の平均所得から考えると非常に大きな支援を日本に送っていただき、また、温かい励ましのメッセージを送っていただきました。また、その後のセルビアでの大洪水の際には日本よりセルビアへ支援を行っています。両国の絆を知りました。

イメージ 2















両国の関係とセルビアについての理解を深めるとともに、文化に触れる貴重な機会となりました。

平成28年10月9日(日)・10日(月祝)の2日間、よこはま国際フェスタに運営ボランティアとして参加しました。

会場となったグランモール公園

イメージ 1


















イメージ 2


















各国の民族舞踊や音楽が楽しめる国際色豊かなイベントです

イメージ 14



イメージ 3





























アフリカ各国や国際関係・国際協力機関のブースも賑わっています

イメージ 4


















イメージ 13
















よこはま国際フェスタは、「ともに生きる横浜・ともに創る世界」をテーマに国際協力・多文化共生に関わる約100団体が、グランモール公園に集合するイベントで、世界のフードを味わったり、フェアトレード品などのお買物で国際協力にも参加できたり、ステージでは、アフリカや各国の民族舞踊や音楽が楽しめる神奈川最大級の国際協力・多文化共生イベントです。小俣典之氏[(特活)横浜NGO連絡会 エグゼクティブ・プロデューサー]を通じて、ボランティアをさせていただくことができました。

開園前の準備や各所の給水・排水

イメージ 5


















イメージ 6


















道志川を水源とした横浜の「水」の販売とリユース食器の洗浄

イメージ 7


















イメージ 8


















会場内のゴミの分別や来場者数調査

イメージ 9


















イメージ 10


















インフォメーションでの案内

イメージ 11


















イメージ 12


















部員15名は、エコチーム・フロントチームの担当毎に、裏方として来場者の方が「来年もきたいね。」と言っていただけるように取り組んでいました。 
 
次回の国際協力イベントとしては、来年、平成28年2月4日(土)・5日(日)にJICA横浜で開催される「よこはま国際フォーラム2016」でボランティアスタッフをさせていただく計画です。
国際理解・将来の国際貢献を目的に、大使館や国際関係機関を訪問し、研修を行っています。平成28年8月25日(火)、東京都港区広尾にあるドイツ連邦共和国大使館を訪問しました。生徒は食文化・祝日・祭り・音楽・美術・スポーツ・近現代史・童話・国旗・薬事・ゲーム・政治・民族衣装宗教・伝統工芸品の15テーマを各自が調べ、互いに発表し合う事前学習・発表会を校内で行い訪問研修に臨みました。
学習を進めるといろいろな疑問が生まれます。質問リストも作りました。
例えば、
◆子どもに人気の童話何ですか。◆街に回転寿司はありますか。◆毎日ウィンナーを食べるのですか。◆人気のお菓子は何ですか。◆どのように元旦を過ごすのですか。◆難民問題を解決するために何をしたらよいと思いますか。◆日本ではカルタなど季節で行うゲームがありますが、ドイツにも季節毎に行うゲームはありますか。◆おすすめの場所はどこですか。また、おすすめの料理は何ですか。◆なぜサッカーが強くなったのですか。東西が統一してからスポーツへの関心はどのように変わりましたか。◆は多くの女性の薬剤師が活躍していると聞きましたが、それは本当ですか。
大使館では広報担当の須藤さんをはじめ、ジャメルさん、マナさんに対応していただき、ドイツについての理解を深めるとともに文化に触れる貴重な機会となりました。
イメージ 9

イメージ 1







イメージ 2







イメージ 3







イメージ 4











いろいろな質問に一つずつ丁寧に答えていただきました。
毎日はソーセージは食べないそうです。日本で言うと、毎日天ぷらを食べないのと同じです。
ドイツには回転寿司があるそうです。食べ放題のお寿司屋さんもあるそうで。
イメージ 5







イメージ 6







大使館の車は青色の外交官ナンバーです
イメージ 7







大使館の庭園には日独友好親善之鐘があります  
イメージ 8







後ろに見えるのは大使公邸です

当日の様子がドイツ大使館のブログに掲載されました。
YOUNG GERMANY ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ〜ドイツのお寿司〜

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事