ここから本文です

書庫全体表示

三郡縦走2013

1年ぶり3回目の出場です。
ぶっちゃけあまり乗る気はなかった。(笑)
 
7時過ぎ博多駅より篠栗へ向けて電車で移動します。
電車を間違えそうになったり、切符紛失騒動ですったもんだ
ありながらも出発地点へ到着。
 
篠栗駅から最初のピーク若杉山へ向けてトレッキング開始です。
イメージ 1
 
 
今回は予習とメモを持参したのでノーミスで若杉楽園へ到着できました。
若杉楽園から大和の森を散策しながら奥ノ院へ。

 
最後の急階段で全員死亡。滝汗
イメージ 2
 
 
 
はなみ岩へ寄り道して全員が善人であることを証明した。
イメージ 3
 
 
 
そしてある意味縦走のスタート地点である若杉山山頂へ到着
イメージ 4
 
 
 
ここで仕事の電話が入ったドカ猫氏が離脱することになった。
偽装という噂もあったが、ここでドカ猫氏が離脱したことによって
この後全員が救われることになろうとは。。
 
そして、大熊猫氏はドカ猫氏のストックを獲得し装備がレベルアップした
ことも救いであった。(タラララッタラー♪)
 
 
今回の出場メンバーです。
イメージ 5
 
 

若杉山を下りショウケ越へ到着、ここからアップダウンの連続です。
イメージ 6
 
しかしショウケ越を渡る橋を見たことがないというリンダ先生、
朝練の時はつねにバックミラーしか見ていないらしい。(笑)
ある意味その状態でコーナーに突っ込んでいけること自体ハイレベルであると
思われ。末恐ろしい。(能力を発揮できないままと思うが)
 
 
ショウケ越から三郡山へ向けての急坂の連続に一同息も荒くなり
大量の汗も出て、ぐったりモードになってきました。
昼食を先延ばしにするとみんな殺気立ってくると思われるので早めに
鬼岩谷でランチタイムとしました。
イメージ 7
 

小熊猫さんのおにぎりも美味しく、ランチを満喫した一同は元気になり
心機一転スタートできました。
イメージ 8
 
 
が、やはり三郡までのアップダウンはまだまだ厳しく早々にハァハァ
言っています。
イメージ 9
 
 
 
 
ようやく三郡山山頂に到着。
イメージ 10
 

ここで仕事が終わったドカ猫氏が竈神社に向かいに来てくれることになりました。
ここからは下るだけやし、博多まで自力で戻らなくていいと思うと気が楽です。
と言いながらも疲れた足に下りは厳しく。
イメージ 11
 
イメージ 12
 
 
 
なんとか宝満山登頂ですが、もう日が暮れそうです。
イメージ 13
 
 
イメージ 14
 
 
急いで下山しますが、百段ガンギを過ぎると登山道は真っ暗になりました。
ヘッデン点灯し(ヘッデンを持ってない人はスマホ点灯)下ります。
 
真っ暗で危険なので、ドカ猫氏に林道終点の2合目一の鳥居まで登って
来てもらいました。
 
イメージ 15
 
 
 
 
ゴール!!頑張りました。
イメージ 16
 
 
 
ルート
イメージ 17
 
 
 
 
 

いつかは脊振山系縦走をやってみたいですな。滝汗

  • 顔アイコン

    竈門神社でゴールしてないのでやり直し!(爆)

    ドカ猫

    2013/12/9(月) 午後 10:15

    返信する
  • 案内ありがとうございました。
    2度と行きません(笑)

    大熊猫

    2013/12/10(火) 午前 9:25

    返信する
  • 竹下で待ってます(笑)

    tsun

    2013/12/10(火) 午前 9:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事