ここから本文です
津島シャローム

書庫全体表示

記事検索
検索

全193ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


「ここは緑に囲まれていて、まるでイスラエルにいるみたい。」
わが家に着くなり、青年はそう言いました。
" Much green around here. I feel like I am in Israel"
said the young man as soon as he entered my house.

イスラエル! 
私にとってそこは世界中で一番行ってみたい国。
あなた、イスラエルに行ったことがあるの?
Israel!
It is the country that I want to go most in the world.
Have you been to Israel?


人生ってなんておもしろいんだろう!
聞けば彼のお母さんはイスラエル人だという。
祖父母はテルアビブの近くに住んでいる。
イスラエルについて、矢継ぎ早に質問する私に彼はにこやかに答えてくれました。
What a wonderful life I live!
His mother is Jewish, and his grandparents live near Tel Aviv, he said.
As I asked him next to next about Israel, he answered me with smile.

イメージ 1


フェデリコという名前。
ロンドンの大学で物理を学んでいるイタリア人。
沖縄から北海道までの自転車旅行の途中です。
7月15日、たまたま顔を出したトミーの店で知り合いになり、
翌日山本牧場で催されるキャンドルナイトのことを話したら、「行ってみたい」と。
夫に彼のことを話したら、「うちに泊まっていい」と。

Federico is his name.
He is Italian who studies philosophy at a university in London,
and traveling from Okinawa to Hokkaido by bike.
I happened to meet him at TOMMY's restaurant on July 15, 
and I talked him about next day's"Candle Night" at Yamamoto bokujo.
He wanted to attend it, so I talked my husband about him.
"He can stay the night at our house " my husband said.



イメージ 2

わが家に泊まると、こうなります。
つまり、料理を手伝うこと。ははは。
フェデリコは天ぷら料理の仕方が分かったと大喜び。
私はヘブライ語を教えてもらったり、
イスラエルのすばらしい歌手の歌を聞かせてもらったり。
娘は風の谷のナウシカの曲をピアノで弾きました。
This is our style for the guest.
That is the guest is supposed to cook, haha.
Federico was glad to get how to make tenpura.
I asked him to teach me Hebrew.
We could listen to Yohoram Gaon, a wonderful singer of Israel.
My daughter played piano, "Nausicaa of the Valley of the Wind"



山本牧場でのキャンドルナイトに行きました。
We went to "Candle Night" at Yamamoto bokujo.

イメージ 3


地にはロウソクの天の川。
天には本物の天の川。
天体望遠鏡で土星と木星がくっきり見えました。
土星の輪、そして木星の五つの(!)衛星までも。
The milky way of candles on the ground,
And the real stars in the sky.
We saw Saturn with the rings and Jupiter with five(!) moons by 
astronomical telescopes.


「こんな星空の下では自分がちっぽけな存在に思える...」とフェデリコ。
"It makes me humble", Federico said.
  - Humble?
"Yes...I mean I feel myself very little under such sky full of stars"

その言葉を聞いて私の心に浮かんだ言葉は
「さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」
それは、神様がアブラハムに言った言葉。(創世記15:5)
まぁ!
ここにアブラハムの子孫が実在しているんだわ! 
フェデリコはアブラハムの血をひいていて、ここで天を見上げている!

…そんなことを私が思っているなんて、もちろん彼は知らないけれど。

It reminded me of this,
" Look up at the heavens and count the stars - if indeed you can count them"
that was the words God said to Abraham. (Genesis 15:5)
Wow!
Here the seed of Abraham!
Federico has the blood and is looking up at the sky now!

...Of curse he didn't know what I thought.


イメージ 4
彼がいたのはほんの一晩だけだったけれど、とてもいい時間でした。
おしゃべりは本当に楽しかった。
彼がガラパゴスの海で泳いでいた時の話など、最高におもしろかった!
Though he stayed only one night, it was great.
Talking with him was really fun.
His experience of in the sea of Galapagos was the best!


翌日、彼は高知に向かって元気に出発しました。
元気でね! 無事を祈っていますよ。
 チャオ、シャローム、さようなら!
いつかまた会いましょう〜。

He left our house toward Kochi prefecture next day.
Take care! I pray for your safe travel.
Ciao, Shalom, Sayonara!
See you again someday〜.







この記事に


星をはき集めて、いちじく形の籠の中に閉じ込めたみたいです。
It looks like stars which were swept together and put into 
a fig-shaped basket.


イメージ 1

見ていたら描きたくなってきました。
Seeing it made me want to paint.



イメージ 2

ブラックレースフラワーの花の後です。
このままドライにしてもいいかも?
It's after blooming of "Black lace flower"
Is it good to keep drying?



イメージ 3

庭のアジサイも色を変えています。
こんな素敵な色でドライフラワーにできるといいですね。
Colors of hydrangea is turning in the garden.
I wish to keep this color for making a dried flower.



イメージ 4

遅咲きのバラ、八重山乙女が咲いています。
The late flowering rose, "Yaeyama otome" is blooming.




イメージ 5

アガパンサスにはアゲハチョウがやってきて蜜を吸っています。
A butterfly, Asian Swallowtail is sucking nectar of agapanthus.


こんな何気ない日常が愛おしい。
I feel sweet through such an ordinary day.

この記事に


朝目覚めると自分の体が動かない、そんな病気になりました。
I've gotten a disease.  I got up one morning it was too painful to move.

首が痛い、肩が痛い、足の付け根が痛い、お尻が痛い。
ベッドから起きようとしても首が動かない、手を動かせない、ひざを上げることができない、体をねじることができない、痛くて。
歩こうとすると、足と胴体のつなぎ目がまるで壊れた蝶番のようでぎくしゃく。
体が硬くて、床の上の物を拾うことができない。
靴を履こうとして、玄関のわずかな段差に足を下ろすことができない。
座っていると、お尻が痛くて耐えることができない。
立とうとすると足の付け根が痛くて、次の一歩を踏み出せない。
I had pain with my neck, shoulders, hip joints, and hip.
I couldn't lift my neck or turn my body.
Walking was not smooth and even stepping down to only a small difference in floor levels was very hard.
Because my body became so stiff that I couldn't bend over to pick things up.
Sitting for a while gave me pain, and so did standing up and walking .

痛みがが始まったのは3月下旬で、単にひどい筋肉痛だと思っていました。
というのは、初めて行ったヨガの教室で頑張りすぎ、翌日から痛くなったのでした。
その『筋肉痛』は和らぐどころか、日増しに痛みを増していきました。
The pain began in late March.
 I thought it was sore muscle from yoga class I first tried the day before. 
The pain grew more and more rather than less I expected. 

鎮痛剤を服用してなんとかしのいでいたものの、ついに首の痛みに耐えられずI接骨院に。
「よくも我慢ができたもんだ。頸椎捻挫2か所、痛かったやろう?」
Though I had painkillers, it didn't work well.
So I went to "Sekkotsuin" ( judo therapy clinic)
I sensei, the judo therapist said, " You must have been so painful. 
You have cervical sprains!"

イメージ 1

施術後にもらった首を支えるカラーのありがたかったこと!
首の痛みが半減して、もう一生離したくないと思ったほどでした(笑)
I先生のおかげで首の捻挫は数日で良くなり、あれほど離したくないと思っていたカラーに何の執着もなくなり、お払い箱に(笑)
その後も少しずつ順調に回復しているように見えたのですが・・・
I felt far easier when I wore a special neck collar.
After then it seemed getting better and better.... 

なぜか肩の痛みは増すばかり。
朝の体の硬直も強くなるばかり。
痛みをこらえて歩く姿はペンギンか、はたまたスターウォーズの3POか(笑)
朝、階段を降りるのが危険すぎて、一階の空き部屋が私の寝室になりました。
I didn't know why the pain with my shoulders increased 
and my body got stiffer especially in the morning.
I started walking like a penguin or 3PO.
Walking down stairs became danger for me, so I became to sleep in an extra room on the first floor.


4月は、その日その日をどうにかして過ごすことがやっとの日々でした。
朝、ベッドから起き上がるというただそのことに痛みと長い時間が必要で、
でもありがたいことに、料理をすることができ、家族と自分のお弁当を作り、
車の運転ができ、仕事を続けることができ、
お掃除は夫が引き受けてくれ、
娘はしょっちゅう笑わせてくれました。
In April, it was hard for me to spend days.
It needed pretty long time and pain even I could get up in the morning.
But fortunately, I could cook and drive by myself and kept working.
My husband took over the house work, cleaning 
and my daughter made me laugh often.

夕食とお風呂の後は、とても起きていることができずベッドへ。
夜中に目が覚めて、自分の体の不自由さに眠れなくなること幾夜となく・・・
After dinner and taking bath, I couldn't do anything but go to bed.
And I awoke in the mid nights and couldn't sleep for hours.

そんな日々の中で、面白いことに、私の心は幸福を感じていました。
どういうふうに表現したらいいのでしょうか・・・
暗い谷間の谷底で灯りを見ていた、そんな感じでしょうか。
そこにイエス様がいてくださるのを感じていた・・・
It is very interesting that I felt happy in such a difficult time.
How I write about that?
It was like...I saw a light in a dark bottom of valley.
I felt Jesus was with me....

何があっても、神様から与えられた救いが消えることはない。
罪のゆるし永遠のいのちはゆるがない。
No matter what, God's gift of salvation does not disappear.
God's remission of sins is unshakable.

聖書の言葉が次々に心に浮かんできました。

「主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。」

「私は倒れても起き上がり、闇の中に座っていても、主が私の光であるからだ」

「あなたがたは、世にあっては艱難があります。しかし勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」

「強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行くところどこにでも、あなたとともにあるから」

などなど書いているときりがないほど、聖書の言葉に力づけられました。

Bible words came to my mind next to next.
"He will never leave you nor forsake you" (Deuteronomy 31:6)

"Though I have fallen, I will rise.
 Though I sit in darkness, the Lord will be my light" (Micah 7:8)

"In this world you will have trouble. 
 But take heart! I have overcome the world" (John 16:33)

"Be strong and courageous. Do not be terrified; do not be discouraged, 
 for the Lord your God will be with you wherever you go" (Joshua 1:9)

I was encouraged by many words from Bible.


イメージ 2


自分でどうすることもできない状況の中で、自分の弱さよりも神様の強さを見ていたいと思いました。
本棚から引っ張り出したのは、アフリカのタンザニアの牧師、ガジマ師の本です。
神様がどんなお方か思いを巡らせると、私の心は希望で満ちてきました。

In such a difficult time, I wanted to focus on the strength of God instead of
watching my weakness.
I pulled a book written by Pastor Josephat Gwajima who lives in Tanzania.
Reading it and pondering God made me filled with hope.



イメージ 3

この本もそうです。
アグローの会長、ジェーン・ハンセン・ホイトの本。
試練の中の希望と勝利のメッセージです。
Jane Hansen Hoyt is the president of Aglow and this is her book.
It has messages of hope and triumph in one's circumstances.





イメージ 4

毎日読んでいる、Jesus Calling、主に愛され導かれていることの平安。
 "Jesus Calling" is a book I read everyday.
I receive peace and love from God through this book.
I appreciate Him leading me always.




イメージ 5


聖書や礼拝メッセージ、本などから心に残ったの言葉を書き留めているノート。

「神様がくださる祝福の中には、あなたにとって試練も入っている。
 苦しみも入っている。」(福野正和牧師メッセージ・2016.11.6)

「問題は状況ではなく、自分の中にある恐れです。」(2013.6.2福野師メッセージ)

「人生は、自分が願ったとおりには行かないけれど、私が考えたよりも
 素晴らしいことを神はしてくださる。」(2015.8.23福野師メッセージ)

This is a notebook with writings from the Bible and 
from Pastor Masakazu Fukuno's messages and from some books or someone.

for example (from Pastor Fukuno's);
"God allows tests and sometimes there is suffering, 
 but God provides a blessing in that."
"The circumstance is not the problem, but it is fear in one's mind"
"God will lead your life far better than you wish"  


*福野正和牧師のメッセージはいつでもインターネットで聞くことができます。
  興味のある方はどうぞ→RCI南大阪福音教会の礼拝メッセージ




イメージ 6


久しぶり(30年ぶり?)に読み返した「長い冬」
After a long time, maybe over than 30 years, 
I read again these books "The Long Winter" written by Laura Ingalls Wilder.


困難の中で、これらの本やメッセージがどれほど大きな力だったことか!
そしてまた、祈りによってどれほど励まされたことでしょう!
How much encouragement I received by these messages and books
in my difficult time.
And I cannot express how much I was encouraged by your prayers!

そんなふうに過ごした4月でしたが、
5月になり、ゴールデンウィークの後半に症状が悪化しました。左足を上げることがほとんどできなくなったのです。
接骨院のI先生が4月に言っていました。
「良くなってきたと思ったら炎症を繰り返すのはちょっと変だと思う。血液検査をしてもらったほうがいいかもしれないね。」
そして急に50代で死んでしまった従兄弟のことを思い出しました。
彼は筋肉が衰える病気で死んだのでした。
えっ、もしかして私も同じ病気?
This is how I spent April.
Then the symptoms became worse during Golden Week in May.
I could hardly even lift my leg up.
Suddenly I remember my cousin who died in his 50s.
The cause of his death was muscular disease, and it made me worry.
" Have I gotten the same disease?"


というわけで、ついに病院へ。
看護師なっちゃんのアドバイスで、頸椎専門のF医師に診ていただきました。
That's why I went to hospital.

5月9日初診。
問診票記入、F医師の診察、レントゲン撮影の後、炎症を抑える薬を出してもらいました。
服用中は痛みが消えてよかった、と見えたのが、薬が切れたとたんに前よりも悪化。
ついにどうやっても全くベッドから起きられない、靴下さえもはけない状態に。
夫はお姫様を抱き起す王子様に変身! 
お姫様に靴下をはかせる僕に変身!
May 9th
I had an X-ray after filling in the medical questionnaire and interview 
with Dr.F.
Then I was given anti-inflammatory analgesic.
The pain seemed disappearing,  but when I ran out of anti-inflammatory 
the pain became worse than before.
Finally, I became not able to rise up in the bed, nor put on socks at all.
My husband hold me up like a prince and put socks on like a servant.

そして(5月19日)再診で血液検査をしてもらった結果、
「どうやらリウマチ性多発筋痛症のようです」とFドクター。
聞いたことのない病名に驚きましたが、幸い、リウマチのような深刻な病気ではなく、特効薬があるということで一安心。
May 19th
I went to hospital again.
This time I had a blood test, then Dr.F said,
"From the result of the blood test, it seems "PMR, polymyalgia rheumatica".

翌朝、処方してもらったブレドニン5mg×2錠を飲むと、あらあら不思議!
まるで魔法が解けるように痛みが減り、体が動くではありませんか!

その後は少しづつ薬を減らしながら病気を克服中。
(副作用のある薬なのでいつまでも続けたくないですね)
I started taking predonine Dr.F 's prescription, and it works very much.
The pain was reduced so that I could move easy.
 It was like breaking an enchantment.
After that I have been on medication, 
but recently the quantity of predonine became less and less because 
my condition has been better and better.

接骨院に通いながら、少しづつ身体の動きもよくなってきました。
腕の力も回復中。座っていられる時間も長くなってきました。
I先生、感謝します!
I've been attending the judo therapy clinic and improving a little bit 
in regards to movement.
My arms are a little stronger and I can sit longer. Thank you, I-sensei.


私のために祈ってくださった皆さん、ありがとうございます。
泣いてくださったお友達、ありがとう!
支えてくれた周囲の人たち、ありがとうございます!
福野先生、まるで私のために語ってくださったような礼拝メッセージでした。感謝!
文字通り私を支えてくれる主人に感謝!

神様、すべてがあなたからの祝福です。感謝します! ハレルヤ!
Thank you, everyone who cried and prayed for me.
Thank you, people who supported me.
I am also thankful for Pastor Fukuno for his message encouraged me 
so much.
I am very thankful for my husband who really supports me.
God, these are all blessing from you. Thank you! Hallelujar!

この記事に


なんて美しい写真なのでしょう!
まるで詩のようで、すっかり魅了されてしまいました。
What beautiful pictures!
They were so poetic that I was attracted by them.

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


西澤律子写真展が高知県北川村・モネの庭で開かれていました。
会場内の撮影は自由だということなので♪
A photo exhibition of Ritsuko Nishizawa has been held at Monet’s Garden
in Kitagawamura, Kochi.
It said that you can take pictures there freely, so I did.


イメージ 5


イメージ 6


メロメロになってしまいました〜。
I was melted by them.


6月26日(月)
モネの庭で四国のガーデナーの交流会があり、花待ち人さんなっちゃん、ほかのメンバーたちと一緒にまきばガールズの一員として参加。
遠距離のドライブが心配だったのですが、夫が運転して連れて行ってくれました。
そこでたまたま写真展をみることができました。ラッキ〜♪
I went there to attend a fellowship meeting of Shikoku gardeners.
I had been worrying about driving such a long way, but my husband drove 
almost for his lovely wife.
I happened to see these photos then. So lucky♪



イメージ 7



モネの庭は水連の季節です。あら、庭の写真が皆無に近い(汗)
It's the high season of water lilies in bloom.

イメージ 8


色々な色がありますね! とってもきれいです。
They have beautiful colors!


イメージ 9

 


イメージ 10




イメージ 11




イメージ 12




私が一番驚いたのはこのハスの花の色でした。
This is the color of a lotus flower I was surprised!

イメージ 13

ひょぇ〜!


イメージ 14

この記事に


見たい見たいと思っていたら、目の前に現れました!
It suddenly appeared in front of me! It's very one I've wanted to see.

イメージ 1


これですよ、これ!
This is it!

先日、カギカズラの蕾を初めてみたときからずっと花を見たかったんです。
I've wanted to see it in bloom since I saw buds of "Kagikazura", 
Uncaria rhynchophylla .



イメージ 2

これがその全体の様子です。
This is a picture of the whole plant.



イメージ 3

カギカズラという名前は、このフックのようなツルの形からつけられたのでしょう。
それにしてもユニークな植物ですね。
釣藤鈎チョウコウトウ)いう漢方薬として、高血圧の方ののぼせに使われるそうです。
I think "Kagikazura" is named from its hooks.
It is unique.
”Chokoto", one of a Chinese herbal medicine is made from this plant and 
it works for the hot flash from hypertension.



イメージ 4

 ほのかにいい香りがします。
You can smell a slight good scent.




イメージ 5

この花を描きたくなって枝を持ち帰りました。

むずかしいな〜。
頭の中では、整然としたボタニカルアートを思い描くのですが、実際には能力不足。
でも、いつか描けるようになりたい花です。

I brought a branch with flowers for painting.

It was difficult.
I could draw and paint very well in my mind, 
but actually, my ability is not enough.
I hope I can do it well someday.

この記事に

全193ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事