全体表示

[ リスト ]

都心の重要路線である山手線は、平将門の霊を鎮めるための結界であるということを

最近知ったゆうゆうでやんす・・・・・都市伝説ですが。


みなさまこんばんわ!


梅雨真っ只中の6月17日(日曜日)、北アルプス唯一の活火山である焼岳に登ってきました。

今年の夏は、田舎に帰省の予定があり、アルプス系は日程的にもそうそう行けそうもないので

行けるときにできるだけ行こう!と、ゆみっこと合意しまして、この梅雨時に行ってきたわけなのです。


当初、この週末を利用して燕岳テン泊の予定でしたが、御存じのとおり雨マーク・・・・

あきらめかけたその時、天気予報で17日は日中晴れちゃうぞぉ〜〜って言ってるではないか!

よし!そんじゃ日帰りで燕、もしくは焼岳に行こうじゃないか!

ってことになり、土曜日の22:45 雨降る中央道をひた走り、北アルプスへと向かったのでした。


それでは、またまた長〜いレポの始まりぃ〜



6月17日 AM1:30 長野自動車道 みどり湖PA到着

イメージ 1

この時点で、雨は相当降り続いており、とても山登りっていう感じではく、しかもどっちの山にするかも

はっきりと決まっていないと言う、なんともいい加減な計画。

焼岳は上高地なので松本IC、燕岳は豊科ICで降りればいいので、朝の天気次第でどちらにも対応できるよう

ここみどりこPAで車中泊することに・・・・・

雨は終始車の屋根を叩き、明日の登頂が危ぶまれる不安の中、眠りに落ちていきました。



AM5:30 起床

相変わらず雨は酷い降り方で、低く垂れこめた雲が非常に悔やまれる空模様。

燕岳は、日帰りに要する時間はおよそ7時間前後、対して焼岳は5時間ちょっとと、この状況なら

遅い時間に登頂できる焼岳にしよう、と松本ICに車を走らせたのでした。

コンビニで簡単な朝食をとり、やってきました久しぶりに見る釜トンネル!

イメージ 2

ここを直進すると上高地ですが、一般車は入れませんので、左の安房峠に進路を取り

有料トンネル脇から、つづら折れの旧道を登っていくと、焼岳登頂への最短「新中の湯ルート登山口」

標高1600mの駐車場へと到着。(確か、10個目のカーブを登りきったあたりだったかな)


そしたらどうでしょう!今の今までザンザン降っていた雨が、嘘のようにピタっと止んでくれたじゃないですか!

しかも、チラッと穂高の山並みも!!いいぞいいぞ〜〜

イメージ 11


さて、何故こんな日に登山?と思いの方もいるかもしれません。

そう、ゆみっこ登山靴を新調したので、どうしても山に行きたかったのも一つの理由なんですね。

まぁ〜今回を逃すと、次週もどうなるのかわかりませんからな、天気予報を信じましょう。

イメージ 19



AM8:09 登頂開始

準備も万端に、いざ出陣じゃぁ〜〜

イメージ 22

合羽は必須だな、って話してたのが嘘のように雨が止んでくれて、マジ嬉しかったぁ〜

しかーし、この日非常に虫が多く、終始まとわりついてかなりウザい・・・それも相当の数。

吸血虫ではないようでしたが、これにはいささか参った・・・・しかもゆみっこ、後程ひどいことになるのだが・・


なだらかな取付き、しっとりと濡れた森、気持ちいですね〜 駐車場を見送り樹林帯に突入です。

イメージ 23
イメージ 24















歩いていくと、奇妙なものが・・・・・・・

イメージ 25

これ、どうみても自動車ですよなぁ

ここまで進んできたのか、はたまた登山道上にある道路から転落したのか、それにしても相当昔の車。

見事に横転し、ペシャンコになっておりました。


駐車場から10分ほど、いよいよ急登になり始めてきました。

イメージ 26


なかなかの急登ですが、そこそこ道も整備され、さすがは北アルプス。

歩きやすいです。

イメージ 27
イメージ 3














カエルさんも木道の上で「無事帰ってこいよ〜 ケロッ!」と言ってたかいないかは、わかりませんが(笑)

イメージ 4

(このカエル、下山の時も同じ場所でじっとしていましたぞ!すごい忍耐だ・・・)


あれだけの雨が降っていましたのでさすがにぐちゃぐちゃ、所々小川のようになっている登山道です。

イメージ 5


AM9:35

登山ガイドでは、樹林帯の急登を・・・とありましたが、それほどでもなくて

靴ならしってこともあり、ゆっくりと登ってきた割には、あっという間に標高2037mの平坦部に到着。

すると、ドーンと焼岳が姿を現したではないですか!

イメージ 6


いやぁ〜カッコエエなぁ〜 シミジミ・・・

 北アルプスでは一番の低山ですが、それでも迫力は十分です!


雪渓を右手に見ながら登っていくと、どうでしょう!青空が見えてきたではないですか!

イメージ 7


振り返ると、霞沢岳が新緑に包まれ、そびえて見えています。

イメージ 8


いやぁ〜 来てよかったなぁ〜



とはいっても、現実は登りにくい木の階段があったり(笑)

イメージ 9

しかも、風向きによって硫黄臭が漂い始め、勢いよく吹き出ているガスも、良く見えるようになってきたが

マジくっさっ!

イメージ 10

しかしここ登るんだよなぁ・・・近いようで、意外と遠いっすなぁ・・・


残っていた雪渓を横断、アイゼンは必要ないっす。

イメージ 12
イメージ 13















雪渓を超えると、久しぶりの岩岩地帯。

靴がまだなじんでいないゆみっこ、なんだかアンバランスに登っておりました(笑)

イメージ 14


標高2300地点到着!あと少しだぁ〜 

イメージ 15

と思うも、ここからガレた急登の連続。

イメージ 16


近く感じても、なかなかたどり着かないジレンマ・・・これこそ北アルプスじゃ(笑)

イメージ 17


ゆみっこ、結構ばて気味のようで、足が上がらん!とか言いだしていたその時。

空にはイワヒバリがピ−チキパーチクと鳴き、イワツバメが飛び交っているその中で

一際目立つあの鳴き声。

グエェグェグェ〜〜〜〜と飛び立つあの鳥!

おおお〜〜雷鳥だぁ!

で、どこ行った??どこ行ったのよぉ〜〜〜〜(この中にいるはず)

イメージ 18


無念・・・見つけられず(涙)

しかし、あんなでかい声で鳴くんだぁ〜 

なんたって、岩肌に響いてこだましとったもん!びっくり。

あぁー くっそぉー 写真に納めたかった!悔しいぃ〜〜〜〜〜!!!



AM10:56 南峰北峰鞍部到着

雷鳥の声にゆみっこも元気を取り戻し、ぐいぐい登っていきましたぜよ。

イメージ 20


しかし、すんごい勢いで出ていますな・・・毒ガス(笑) しかも風がすんごく強いぜよ。


今にも崩れそうな南峰、こちらが焼岳の最高峰なんですが、危険なので登ることはできません。

イメージ 21

そして、その真下には!


容量オーバーのため、その2へ続くなり




この記事に

閉じる コメント(44)

顔アイコン

☆ミナトさん
こんなに晴れてくれるとは思わなかったので
とっても満足でした!
ライチョウ・・ほんと写真に撮れなくて残念でしたー

2012/6/20(水) 午後 0:32 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆トシヒコさん
上高地に行くと、まずはこの焼岳がお出迎えしてくれますもんね。
昔から知っていた山でしたが、まさか登るとは思いもよらなかったです。

2012/6/20(水) 午後 0:33 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆マリンさん
なんでも、事故った車らしいですよ・・
片づけるにもどうしようもできませんもんね。

2012/6/20(水) 午後 0:34 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆おけいさん
TBありがとうです。
残雪あり、樹林帯あり、岩稜ありで靴試にはピッタリの山でした。
ライチョウ、ほんと残念でした・・
今年こそは見つけてやるぞー(笑)

2012/6/20(水) 午後 0:36 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆momoさん
こちらは、天気に恵まれて良い山旅が出来ました!
でも虫がねぇ・・
ライチョウ、初めて生声を聞けて超感動でしたよー

2012/6/20(水) 午後 0:37 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆通行人さん
焼岳に行ってまいりましたぁ〜
天気も良く楽しかったですよー
ライチョウ!ほんとどこ行ったのか・・・

2012/6/20(水) 午後 0:38 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ゆずさん
まだまだ山の上は寒ですぞ〜
そういえば、昔は車の不法投棄、多かったですもんね〜
良く部品取りに出掛けたっけ(笑)

2012/6/20(水) 午後 0:40 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆SUZUさん
上高地のお出迎えの山ですよね〜
大正池とセットで、かっこいい山です。
遮るものがないので、暑いと死にそうになりますね(笑)

2012/6/20(水) 午後 0:41 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ぴろりんさん
ライチョウめー逃げやがったですわぃ。
山頂付近の岩!やはり熱かったですが、ゴーゴーと出る噴煙にちょいビビり気味(笑)
この調子で、7月もお天気晴れるようにお祈りしてますぞ〜

2012/6/20(水) 午後 0:43 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆いやしかあさん
とにかく天気になってくれてよかったです。
何とかブログでこの良さをお伝えしたいのですねー
とっても気持ちよかったです。

2012/6/20(水) 午後 0:45 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆なぎささん
比較的登りやすいので、上高地に1泊しての山旅、いいかもしれないですよ〜
ライチョウさんねぇ〜 この後全く現れずでした・・・(涙)

2012/6/20(水) 午後 0:46 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆るびるびさん
吊り橋とかは一切ないので、大丈夫(笑)
足跡付けてくだされ〜
これからが、最高の季節ですので是非是非!!

2012/6/20(水) 午後 0:48 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ひらさん
天気に恵まれて、楽しい焼岳を満喫できました。

あの車・・・事故車なんですか!
そういえば、なんか不気味なオーラを出していたような・・(汗)

2012/6/20(水) 午後 0:53 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ANA787さん
晴れてくれて本当に良かったです!
これからのシーズンに向けて、今行っておかないとすぐにばてちゃうので(笑)
カエルさん、下山の時もじっと同じ場所にいて、びっくりでしたよー

2012/6/20(水) 午後 0:55 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

こんばんわぁ〜♪

おぉ!またしても山の神様の力で晴れたのでは??(笑)
ホントに晴れて良かったですね♪

とにもかくにも滑ったり転んだりしなくてよかったです (*^^*)

2012/6/20(水) 午後 9:07 [ - ] 返信する

顔アイコン

☆cocoさん
山の神、いるのかもしれませんね〜(笑)そう思いたいです!
ホント、晴れてくれてよかったです!

2012/6/20(水) 午後 10:36 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

カエルくんが出迎えてくれるとは!!
素晴らしすぎです!
お疲れ様でした♪ぽち☆

2012/6/26(火) 午前 2:05 きみちゃん 返信する

顔アイコン

☆きみちゃん
でっかいカエルがドン!といた時にはびっくりでした(笑)

2012/6/26(火) 午後 0:21 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

17日、前日まで雨だったのですが、雨もあがって
よかったですね。
焼岳、今年登りたいって思っている山なので、
登山道の様子がよくわかりました。
次の記事も拝見させていただきます。

2012/7/1(日) 午後 1:30 KURA 返信する

顔アイコン

☆KURAさん
天気が良い方向に向かって、ホント良かったです。
焼岳、手軽に登れる山ですが、やはり北アルプス!好天なら絶景が広がると思います!

2012/7/1(日) 午後 6:35 ゆうゆう 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事