全体表示

[ リスト ]


5月17日・18日と栃木界隈の山を歩いてきました〜

17日は栃木県鹿沼市の岩山、そして翌日18日はアカヤシオが見頃を迎えた袈裟丸山へ!

どちらも非常に良い山歩きが出来ました。


まずは、17日岩山からのレポを始めましょうか。


今年のゆうゆう隊、大キレットを踏破することを大きな目標として掲げていて9月には実行予定

その前に、鹿島槍ヶ岳〜五竜岳間の八峰キレットを7月に予行練習をかねてこちらは計画済


どちらも一般ルートとは言え、岩場を越える難所である訳で


セルフレスキューはもちろんセルフビレイも学んでおきたいと思うようになっていたんですね。

昨年からブロ友カブさんと 『スキルアップのためにも、ぜひ岩講習しようね!』

って計画していたのですが、カブさん今年になって足を痛めてしまい、おおぉ〜 いつ岩トレするのぉ〜?


みたいになっていたのですが(笑)


でね、実はぴろりん隊と、GW前半に奥秩父東沢渓谷にある鶏冠山を目指していたんです。(雨で中止)


ここもなかなかの岩場歩きですので、やっぱり万が一のためにザイルの使い方とか知りたいね〜


なんて話してた4月上旬


これまたブロ友のakiさんとトシヒコさんが古賀志山で簡単なザイル講習しながら登った記事を拝見


これは・・・akiさんにお願いして講習会しようか・・・と思い立ち、ぴろりん隊とも相談

そして早速連絡を取ると、二つ返事でOK!やったー!


当初はゆう☆ぴろ隊で行こうかと思っていたのですが、セルフレスキューは覚えていて損はないはず!

と思いブロ友登山隊にも告知すると、集まったメンバー総勢8名!


参加したメンバーは以下の通り

ぴろりん隊(2名) カブさん mizuoさん いぬどし隊(2名) ゆうゆう隊(2名)

そして講師にakiさんの9名編成によるザイルワーク講会となったのでした。


※akiさん、いぬどしさんはブログアップしていますので、併せてご覧下さいね。





それでは本編、行ってみましょう〜



5月16日 21:10 自宅出発

栃木界隈、概ね那須付近までは高速を使わずに下道で行くのがゆうゆう隊

今回も下道で行ったのですが、集合はにしかた道の駅に午前8:00

寝坊でもした日にゃぁ〜 たまったもんじゃない!つーことで車中泊することにしたのですが

同じくぴろいん隊、今回神奈川は三浦半島先っちょにほど近いところから来ますので、同じく車中泊することに。


17日午前0:20ごろほぼ同じ時間帯に両隊は到着、いつもの様に軽く挨拶を交わし眠りについたのでした。


5月17日 7:40 

続々とメンバーが集まり、皆揃ったところでakiさんも登場!

イメージ 1

それぞれ挨拶を交わしましたが、ブログでやりとりをしていたので何だか初めてじゃない感じ(笑)

この日那須山岳隊の総会があったにもかかわらず、駆け付けてくれたakiさん

お土産までもらって、ほんとありがとうございます。


今回登頂する岩山は、にしかた道の駅より約13km、akiさんの車に続き2台の車で向かいます。

標高はわずか328mですが、岩トレをするにはもってこいの場所なんです。


でね、登山口に当たる日吉神社は、4〜5台しか車は止められないとか・・なんですね。


8:30 日吉神社到着

県道14号 古峰原海道から入るのですが、まぁ〜わかりにくい!

小さな看板はあるのですが、初めてならきっとわからないはず・・・・・・

車1台がやっと通れる道を進んで行くと、日吉神社があります。

イメージ 2

すでに数台の車が停まっており、何とか3台も最後に確保出来てよかった!

なかなか人気のある山のようですね〜

そしてこの日吉神社、創建は天喜5年(1057)、源頼義が奥州征伐のとき、僧宗円に敵国降伏を

日吉の神に祈らしめて奥州を平定し、宗円はその功により下野守護職に任ぜられて

宇都宮に城を築いて、日吉大神を城中に勧請したそうな。

その後、長治元年(1104)故あって、宇都宮城より当地に移遷したそうですよ。


まずは神社前で各自装備の点検

イメージ 3

ゆみっこ何だか余裕ですなぁ〜(笑)


その後、akiさんから講習についての説明を受けるメンバー

イメージ 4

いつになく真剣な面持ちで、資料を見ながら真剣に聞いてますよぉ〜

そうそう、今回akiさんは素晴らしい資料を作ってきてくれたのです。

イメージ 5

これを見れば、セルフレスキューはほぼ覚えられると言う、とっても濃い内容なんです!


ひと通り本日のスケジュールを確認したところで、記念撮影

イメージ 6

このでっかい登山旗は、いくらパパさんとは言え、ここではちょいと持って行けませんからね。


8:48 出発

イメージ 7

いよいよ岩山に向けて歩き出しましたが、ハイキングコースって・・・・

知らずに登り始めると、かなりアクティブでデンジャラスなハイキングでございます、はい。


雑木林に囲まれた穏やかな登山道

イメージ 8

今回新調したmozuoさんお気に入りのグリベルメット、似合ってますぞ(笑)


歩き始めて5分ちょっと、早くも岩が現れてきました。

イメージ 9

馴染みのある花崗岩や蛇紋岩は違い、凝灰岩という岩質

軽くてやわらかいく、比較的風化されやすいそうで、特に河川などの侵食に弱いため

さまざまな形に侵食され風光明媚な地形を作ることがあるそうな。

群馬県沼田市にある吹割の滝は、溶結凝灰岩が片品川の流れによって侵食されてできたV字谷にかかり

そこに向かって三方から河川が流れ落ちるその姿から「東洋のナイアガラ」と言われていますが

まさにその形を作ったのが、河川の浸食で出来た凝灰岩という訳なのです。


なので、雨風による侵食によってこの岩独特の景観を作り出しているんですね〜

イメージ 10


でね、この岩とっても滑るのですよ、雨の日はチョ〜危険になるのでそんな日は控えましょうね(笑)


さて、最近たくましさを増してきたぴろりん隊長とゆみっこ

イメージ 11
イメージ 12
























以前なら

「オラ、登れねぇ・・・・」 「うん、オラも行ける気がしねぇ・・・」

と尻ごんでいたのですが、しっかりと三点確保しながら登っていってるじゃないですか!


人間、この歳になっても成長するもんだと実感した瞬間でした・・・


男性陣は、問題無いっすね

イメージ 13


この岩場を登りつめると、視界は広がりベンチまであって爽快感満載!

美女???????・・・・・に囲まれたakiさんです(笑)

イメージ 14


ここの標高はわずか200mちょい、それでも高度感は抜群です!

イメージ 15


遠くには筑波山もくっきりと双耳峰を見せていました。

イメージ 17

こうしてみると、関東平野において筑波山の存在感は抜群ですね!

深田百名山に選ばれたのも納得です。


岩山の練習にはもってこいの場所なんでしょう、多くの人が岩トレしてましたよ〜

イメージ 16


展望台からデブの試し岩を、難なく・・・・・すり抜け

イメージ 18


ちょいとした広場で講習の始まりです!が・・・

何やら楽しそうな淑女もいましたけど(笑)

イメージ 20


でも、講習開始と同時に、みんな真剣な表情へ

イメージ 19


まずは、セルフレスキューの基本、簡易チェストハーネスから

ほら、このレディー達も真剣な眼差しでしょ!

イメージ 21


いぬどしさんも、しっかりとチェストハーネス!出来てますねー

イメージ 22


パパさんはお手の物!

イメージ 23


そしてカブさんも・・・・・・悩み中(笑)

イメージ 24


チェストハーネス、これはメンバーも時々それぞれ行っていましたので問題なしでした。

そしていよいよロープの結び方

まずはこれは使用頻度も高い ダブルフィッシャーマンズノット(漁師結び)

イメージ 25

akiさんの丁寧な指導により、何度か苦戦しながらもみんな出来るようになった!

これは凄いぞ!!


そしてフィギアエイトノット(8の字結び)

イメージ 26

ダブルフィギアエイトノットも実践し、ボウラインノット(もやい結び)とメンバー実践とともに習得していきます。

結び方って、本などに掲載している絵をみてもなかなかうまくできなかったりしますが

こうして実践することでコツや結びの形などを目の当たりにできるので、ほんと覚えやすいです。

もちろんこれはご指導頂いたakiさんの教え方が素晴らしいの一言につきますが(笑)


ザイルワークも楽しくなり始め、次は少し実践も交えて講習は続くのでした。


その2へ続く



この記事に

閉じる コメント(44)

顔アイコン

☆ゆずさん
そうなんですよ、すぐに忘れてしまうので
家で練習しなければまず思い出せません(笑)

2014/5/22(木) 午後 4:22 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆お散歩さん
大キレットでは使うことはないでしょうが、セルフビレイを覚えておけば
万が一の時に役に立つかなーと思いまして。
なかなか奥が深い講習でした!

2014/5/22(木) 午後 4:24 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆サクラマスさん
そうなんです、今年の目標の一つに大キレットがあるんです。
テント泊予定なので、軽量化も課題でして・・・
この講習、本当に役に立って良かったです!

2014/5/22(木) 午後 4:25 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆レノンさん
安全に山を歩くには、やはり覚えていたい事ですねー
アスレチックのような山で、とても楽しめましたよ!

2014/5/22(木) 午後 4:26 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆akiさん
今回は本当に有難うございました!!
教え方が素晴らしいので、あっという間に飲み込めましたよ〜(笑)

そうなんです、翌日袈裟丸山へアカヤシオを求めて行って来ました!

2014/5/22(木) 午後 4:28 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆momoさん
本や映像で見るより、やはり実施するのが一番!
しかも意外とできちゃうから大丈夫だと思うよー
このザイルワーク、覚えておいて損は無いはず!!

2014/5/22(木) 午後 4:29 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆チョコさん
雨降りの翌日ですか!!それは岩が滑りそうですねー
本当に低山ですが、ここなかなかおもしろいです!!

2014/5/22(木) 午後 4:31 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆マリンさん
200mとは言え、なかなかの高度感でした。
私も普段は全くトレーニングしてないので、すぐに筋肉痛になりますよー(笑)

2014/5/22(木) 午後 4:32 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ミナトさん
やはり安全に山を登るには、こういった技術の習得も必要ですからねー
みんなでワイワイやると楽しくて、あっという間に覚えられそうでした。

2014/5/22(木) 午後 4:34 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆tatsuya2世さん
覚えておくだけで、万が一の時に役に立つかもしれないと思います!
第2回もやっちゃおうかと思ってますので、良ければぜひ!!(笑)

2014/5/22(木) 午後 4:35 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ANA787さん
あら、昔の記事を読み返してくれたのですか?
ありがとうございます。
そうなんです、今年は岩の山が多くなりそうな年なので
しっかりと講習受けてきました(笑)

2014/5/22(木) 午後 4:37 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆へろへろさん
ほんとその通りですねー
以前少しだけ仕事でロープの結び方やっていたのですが、すっかり忘れてました(笑)
今後忘れないように復習しなければ!

2014/5/22(木) 午後 4:38 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ぴろりんさん
はははっ そうこの歳になっても成長するのさ!(笑)
ほんとたっぷり1日遊んだねー
そして非常にためになる講習でしたが、復習しないとマジ忘れそう・・・

2014/5/22(木) 午後 4:40 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆Myuuさん
ほんと、ブログだけの関係でこんな庭が広がるっていいですねー
かなり楽しい山でしたが、わずか300程の山だとはとても思えませんでした。
とってもいいですよ〜岩山!

2014/5/22(木) 午後 4:41 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆こうちさん
ほんと残念!!
えいちゃんの手、長引いてますねー 無理はしないでくださいね!
そろそろシーズンも本番になりますので、Tシャツ第二弾!いっちゃいます??

2014/5/22(木) 午後 4:42 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆おじさんピアニストさん
akiさんの教え方は素晴らしかったですよー
お陰で色々と覚えることが出来ました。
で、やはり復習しないと忘れちゃいますね(笑)

2014/5/22(木) 午後 4:44 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆なぎささん
やはり安全のためには欠かせないですからねー
デブった割には、すんなり通れました(笑)

2014/5/22(木) 午後 4:44 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆いぬどしさん
ブログは皆様それぞれの書き方があるので、いいと思いますよー
ほんと楽しい1日でしたねー
今度は猿岩ザイルで懸垂下降しましょう!!

2014/5/22(木) 午後 4:46 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

ゆうゆうさんコメント遅れてすみません。以前からの目標であったプリトビッチェに行って歩いてきました!
旅行記は後日アップします。
ザイルワークですか、私はザイルワークの必要な山には行かない主義ですので指をくわえて鑑賞させていただきます。 安全第一ですよね!

2014/5/24(土) 午後 3:54 [ だいちゃん ] 返信する

顔アイコン

☆だいちゃんさん
おかえりなさい!!
また凄い所に行って来たのですねーアップあ楽しみにしています。
基本私達も余り行かないのですが、安全のためにと思いまして(笑)

2014/5/26(月) 午後 4:03 ゆうゆう 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事