全体表示

[ リスト ]


6月になりましたね〜

早いもので今年も半分になっちゃいましたが、しかし暑い! どうしたのさこの暑さは・・・

今年はじめてエアコンのスイッチをオンしたゆうゆうでやんす。


みなさまこんばんわ!



予告でもお伝えしましたが、昨年のリベンジも兼ね、八ヶ岳の主峰 赤岳へ真教寺尾根より登頂してきました。

昨年の7月、ブロ友さんこうち隊と挑んだんですが、天候不良によりあえなく撤退


昨年の記事はこちら → 真教寺尾根から、赤岳を目指す 


本来であれば、こうち隊と共にリベンジしたかったのですが、えいちゃん(こうちさん奥様)の指の調子が

まだ宜しくない様子でしたので、今回はゆうゆう隊のみでリベンジ


そして八ヶ岳は花の山でもあって、6月から7月にかけてそれは見事なお花畑が広がるのですが

敢えて、花が咲き始める前のこの時期、残雪残る真教寺尾根を歩いてみようじゃないか!

しかも県界尾根周回ではなく、鎖&岩場訓練も兼ねて真教寺尾根ピストン日帰りで歩く計画


鎖場の登りは意外とサクサク登れますが、岩場&鎖場の下りはどこのルートでもかなりショッパイ

しかも、真教寺尾根は八ヶ岳連峰一般登山道で№1の難易度と言われていますしね。


そう、前から伝えていますが、今年のゆうゆう隊は岩山強化年間、9月の大キレットに向けた序章なのです。


それでは今回も長〜いレポ、お付き合い下さいねー



5月30日 21:00 自宅出発

真教寺尾根ピストンはそこそこ時間がかかりますので、なるべく早めに出発したい

そうなると自ずと車中泊になるわけで、この時間に自宅を出発です。

いつもは混雑気味の中央道も、この日は非常に空いていて走りやすい・・・・が

ETC割引前に早くICを出てしまいそうでしたので、境川PAで時間調整し、向かうは南きよさと道の駅

イメージ 1



この道の駅、数回利用しているので今回も同じでいいんじゃん?なんて思っていたんですが

この日は若者グループが遅い時間大挙し、敷地内にテントを張ってワイワイと・・・・

そのおかげで、寝たのか寝れてないのか、良くわからない感覚で朝を迎えてしまった。


5:30 道の駅南きよさと出発

トイレを済ませ、登山口である美し森「たかね荘」を目指し走り始める。


一昔前は、若者憧れの高原地であった清里・・・今は見る影もないですが・・・

中心部を走って行くと、これから登る赤岳がデーンと!

イメージ 2

おお〜〜 手前には真教寺尾根、県界尾根も見えているじゃないっすか!

天気も上々、これは良い山旅が出来そうだ。

たかね荘無料駐車場に来ると、止まっている車はわずかに3台・・・そんな人気無いのかねぇ〜真教寺(笑)

で、たかね荘にはこの時間トイレ無いんですね、だから道の駅南きよさとで車中泊したんですが

ここよりちょっと降った所に、美し森観光案内所があり、そこは無料駐車場に加えトイレも完備じゃないか!

イメージ 3

あんなうるさい思いをしながら寝るより、ここに来ればよかったとちょいと後悔・・・・・


おっと、そんな事よりレポに戻りましょう。


6:33 出発

さーて、リベンジの始まりです!

そうそう、オイラ今回ザックを新調しましてですね、45㍑+7という中途半端なザックを。

イメージ 4

もちろん大好きなゾウさん マムート トリオンガイド 

本来ならもう少し大きいのが欲しかったんですが、このザックはBCスキーや冬期登坂に適しているザック

しかも岩登りにも対応し、なんとも心強いザックですが、今回敢えて容量を控えたのには訳があって

厳しい岩稜歩きでは、コンパクトに越したことはないので、これでテン泊しようという目論見なのです。

なので、今回約13キロ程の負荷訓練も兼ねてこのザックデビューとなったのでした。


ちなみに、ゆみっこはマムートトレアガイド 40+7でございまして、夫婦でお揃いってことになりました(笑)

イメージ 5


おっと、またまた話がそれてしまいました

なかなか話が進まない、それがゆうゆうのレポでございます、あい(笑)


さて、標高1565mからスタート

イメージ 6

赤岳の標高は2899m 高低差1334mの山旅へレッツゴー

で、初めのうちは笹原に囲まれた、とっても整備された観光用木道

イメージ 7

例に漏れず、歩幅が合わない何とも歩きにくい取付です。


6:46 羽衣の池(標高1610m)到着

イメージ 42


この標高で、先日登った檜洞丸(1601m)超えているんだぁ〜 なんか不思議(笑)

イメージ 8

しかし池というよりは・・・湿地帯のような趣ですが・・・・



そしてここ(赤丸の中)

イメージ 9

この斜めった木道、濡れていると大変滑るんですな、うん。

で、昨年この木道を先当切って歩いていたこうち隊長に悲劇があったあの場所・・・です。


羽衣池を通過すると、いやぁ〜な笹漕ぎゾーンへ突入

イメージ 10


昨年より笹丈が低いのでまだ我慢できますが、これからのシーズン、もっと伸びるでしょうなぁ〜

今回は大丈夫でしたが、今後朝露必死ですのでアンダー合羽必須となりますよ。


ガサガサ笹をかき分けて進んでいくと、ひょっこり防火帯へ

イメージ 12

やっぱり足元はスッキリしたほうが歩きやすいっすね。


しかし、またまた笹漕ゾーンに再突入

なーんも見どころのない笹原を進んでいくと、まさに紅一点と言わんばかりのツツジが!

イメージ 11


花を見ると、おぉ〜 と何故か思ってしまう


そしてありがたくもない看板

イメージ 13
+クリックで拡大します

真教寺尾根10-2 つーことはまだ始まったばかりを表すわけで、これを見ると えぇーまだここ??と

しかし、どうしても目が行ってしまうこの看板、結局最後まで見当たるものは写真に収めてしまいました、あは。


しかし、この笹漕ぎはしんどいぜ・・・・

イメージ 14


朝露に濡れていなかったから良かったものの、なんだかチクチクするのはいやぁ〜な感触・・・・・


7:28 スキー場上部到着

イメージ 15
イメージ 16














登山届ポストはここにありますので、ちゃーんと提出しましょうね。

で、ここなんですが、笹漕ぎじゃなくスキー場登ってきたら?と思うでしょう。

でもね、出発点が違ってNGなんですよ、しかもリフトは通年営業しているようで時間さえ合えばリフトも有り

ですが、運行時間に乗ってくると日帰りは厳しいだろうなぁ。


7:32 賽の河原到着

イメージ 17

スキー場上部からひと登りで視界がひらけ、正面に牛首山、その後方に聳える赤岳の勇姿!

視線を左に移すと、今年3月に登った三ツ頭から続く権現岳

イメージ 19
+クリックで拡大します


さらに左に移すと北岳、甲斐駒ヶ岳を始めとする南アルプスの山並み

イメージ 18

景色が開けるとテンション上がるねー!

しかし、目指す赤岳は遠いなぁ〜

イメージ 20


大門沢の分岐、今の時期は大門沢へのルートはかなり不明瞭みたいっす。

イメージ 21


さぁ、賽の河原を過ぎると、確か昨年は背丈ほどの笹漕ぎが待っているはずですが・・・


あれれ??

イメージ 22
イメージ 23
























登山道は綺麗に笹が刈り取られていましたぞ!!

おそらく降雪前に刈ってくれたのでしょう、非常に快適な登山道になっていました。


視界が開けると、金峰山などの奥秩父の山並み

イメージ 24


うーん、ちょいともやっていますなぁ〜 

ここからは富士山も見えるのですが、この日はぼんやりとしかわからず、写真では判別不能でした。


おっと、また観たくもない看板(笑)

イメージ 25

まだ10-3なんですね、ハイハイ


開けたささはら地帯を抜けると、牛首に向けた急登が始まります。

イメージ 26
イメージ 27
























この日は気温も高く、タップリと汗をかきながらの登頂

いやいや、やれやれと言いながら登ると、視界がひらけ心地よい風を受けるゆみっこ

イメージ 28



見る先には南アルプス!

イメージ 29

だいぶ雪が少なくなってきましたねー


朽ち果て転がっている看板には、牛首まであと50分 

はぁー なげーな。

イメージ 32


南アルプスに元気をもらい、更に急登を登り続ける

イメージ 33



時々視界がひらけると、風がとっても気持ち良い

ここからの展望、本当は富士山が見えるんですけどねー残念

イメージ 31


気合を入れて、更に登らされる

ここまで夏道と変わらぬ登山道、暑さと闘いながら登っていると、突然残雪の急登

イメージ 30


しかもなかなかの残雪で道が不明瞭

イメージ 34

木にリボンはなく、うっすらと残る踏み跡、地図を確認しながら登りますが、まぁ〜歩きにくい

今年の大雪の影響なのか、木々はあちこちで倒壊してるんですねー

雪はすっかりザラメ状態、しかし締まっているのか踏抜きはなかったです。


で、何とか夏道ルートを探し出したよ!良かった。

イメージ 35


急登を登り切ったらまたまた、この看板

イメージ 36

10-5ってことは、やっと半分まで来たのかー


8:42 牛首山(2280m)到着

そう、ここは牛首山の山頂!!とは言っても通過点ですけどね

イメージ 37


木々の隙間から、権現岳がくっきり見えていましたよー

イメージ 38


それじゃーひと休憩ってことで、ベンチに座り、今回はプチトマト

イメージ 39
イメージ 40















ぶどうにしようか迷ったのですが、今回は趣向を変えてトマト、酸味がつかれた体に良かったぁ〜


しかしここまで誰一人と会わず・・・翌日6月1日は八ヶ岳開山祭なのですが

やはり王道、美農戸方向から登っているんでしょうかねー


8:56

さて、さきはまだまだ長い、あまりゆっくりもしてられないので出発だ!

イメージ 41


その2へ続く






この記事に

閉じる コメント(44)

顔アイコン

☆Myuuさん
残雪があると道が不明瞭になりますねー
わからなかったのは2箇所ほどだったかな?
でもそれも楽しく登れたので良かったです。

2014/6/3(火) 午後 5:56 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆だいちゃんさん
なかなかバリエーションに富んだ登山道でしたよー
牛首山の山頂で、やっと尾根に登ってきた感じです・・

2014/6/3(火) 午後 5:58 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆オフ専温泉さん
八ヶ岳はいいですよねー
なんだかんだ言って毎年どこかしら登っています(笑)

2014/6/3(火) 午後 5:59 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆サクラマスさん
ゆみっこ、オイラより体力あるのですよ〜 オイラのほうがヒーヒー言ってます(笑)
赤岳は4年半ぶりでしたが、やはりいいですね!
これから、ここは花が沢山咲くコースですのでオススメです。

2014/6/3(火) 午後 6:00 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆レノンさん
全くその通りですね〜
ハイ、好きで登っています(笑)

2014/6/3(火) 午後 6:01 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ひらさん
ありがとうございます!
非常に疲れましたが、無事にリベンジ達成出来ました!

2014/6/3(火) 午後 6:02 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆へろへろさん
やはり黄砂が関係していましたかー
うっすら微妙にしか富士山確認できませんでした。
牛首までなかなか登らされますよねー

2014/6/3(火) 午後 6:03 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ぴろりんさん
そうそう、夏に向けて今年はコンパクトにすることをコンセプトに(笑)

そうなのよー 笹の花咲いてなかったよー 丹沢だけなのかなぁ・・

2014/6/3(火) 午後 6:05 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆トシヒコさん
なかなかハードな登りでした〜
今回はテント泊ではなくて日帰りでした(笑)

2014/6/3(火) 午後 6:06 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆Tamaさん
さすがですねー 冬ここのルートはバリエーションルートですよね!
さすがに冬は無理ですが、なんとかこの時期に行ってくることが出来ました。
ほんと、もういいや・・と思っても、何だかとっても良いルートなんですよね!

2014/6/3(火) 午後 6:07 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆tatsuya2世さん
今年は岩山を攻めようかと思っています(笑)

美濃戸からも赤岳は登っているんですが、このルートからの達成感は何倍もすごかったです!
とても良いルートですのでオススメですよ。

2014/6/3(火) 午後 6:09 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆akiさん
もう20年以上前ですが、当時清里はすんごい人であふれていたんですけど
帰りにもここを通ったら、店が全部閉まっていて人っ子一人もいないんです。
もうびっくりでしたよー

飯豊から無事に帰ってきたのですね!お疲れ様でしたー

2014/6/3(火) 午後 6:11 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆おけいさん
車中泊はちょいと前から流行っていますよね〜
でもそれなりのマナーは守ってほしいと思います!

残雪、予想はしてましたがやはり多かったですー

2014/6/3(火) 午後 6:12 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆おじさんピアニストさん
なかなか長いルートで、しかもここからはダラダラと歩きが続きます。
覚悟の上でしたが、やっぱりあきちゃいますねー(笑)

2014/6/3(火) 午後 6:14 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆terianさん
山の景色っていいですよねー
そうですか!ゆみっこも喜んでいますよ〜
いつか久里浜で、じっくり飲みながら山のことなど会合しましょう(笑)

2014/6/3(火) 午後 6:15 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ANA787さん
こうしてみるととっても遠きんですよ〜赤岳・・・
やはり新鮮な果物なんかはいいですよ!これからの時期オススメです。

2014/6/3(火) 午後 6:16 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

美し森観光案内所
ここに駐車すれば いいんだ さんきゅ〜

2014/6/5(木) 午後 5:52 通行人 返信する

顔アイコン

☆通行人さん
そうそう、観光案内所は水洗トイレも綺麗で、自販機もあるので
車中泊には良いと思いますよ!!

2014/6/5(木) 午後 6:23 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

今地図で確認しましたが、、日帰り・・・凄いなぁ。
このルートは敷居高そう。
ノーマルで赤岳・・今年出来るかなぁ。
本当は槍ヶ岳の前に行けたら良かったんだけど。

2014/6/9(月) 午後 11:29 いぬどし 返信する

顔アイコン

☆いぬどしさん
初めての赤岳なら、美濃戸からがいいと思いますよ〜
槍の前にぜひ!

2014/6/16(月) 午前 11:55 ゆうゆう 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事