全体表示

[ リスト ]


はぁ・・・三連休

せっかくの八峰キレットが・・・天気のお陰で遠のいてしまった。

夏休みに計画していたブナ立尾根から水晶岳縦走を来季に延期し、新たに計画をたてたゆうゆうでやんす。



みなさまこんばんわ!


本来、7月5〜6日に八ヶ岳テント泊を予定していたゆう☆ぴろ&terian隊でしたが

御存知の通り、翌週に順延となり浅間山に登ったわけなんですが

延期した結果、7月12日の天気は上々の予報になったじゃないっすか!


これは決行しましょう!と連絡を取り合い、八ヶ岳テント泊山行となったのでした。


この山行

実はterian隊の山岳テント泊デビュー戦!

何処行きたい?と聞くと、赤岳に行きたい!!とのこと


ならば、美濃戸から入山し、行者小屋でテント設営後、赤岳を登頂しテント泊

翌日阿弥陀岳を踏んで下山するというプランに決定したのでした。


しかしだ


出来れば同じコースで歩きたい気持ちもあったのですが、どうしても県界尾根を登りたい思いと

テント泊フル装備で、赤岳直下の鎖を越える訓練をしたい・・・


入山は東側のサンメドウズ清里スキー場から入り、赤岳山頂で落ち合い行者小屋でテント泊

下山は一緒に美濃戸へという贅沢プラン


わがまま炸裂でぴろりん隊に申し出ると、下山後は美濃戸から周回してくれるとのこと!



なんて素敵な人達なんだ・・・



ゆうゆう隊のわがままを気持よく受け入れてくれまして、感謝しつつ県界尾根に挑むのでありました。



まずは、県界尾根ゆうゆう隊登頂レポから行ってみましょうか!



7月11日 22:00 自宅出発

美し森駐車場に向け中央道を走らせます。


赤岳は、この山行で3回目となるゆうゆう隊

1度目は、美濃戸から入山し、南沢〜地蔵尾根〜赤岳〜文三郎尾根〜南沢日帰り山行した4年前


その時のレポはこちら → 八ヶ岳連峰赤岳 2010.9.21


2回目は今年6月、真教寺尾根から赤岳登頂ピストン

その時のレポはこちら → 赤岳 真教寺尾根へのリベンジ! 2014.6.1



そして今回、3回目の赤岳

本当は、6月中に県界尾根〜杣添尾根周回の予定を立てていたんですが、悪天候で中止

terian隊テント泊デビュー戦に絡め、県界尾根から念願かなって登ることになったのです。


7月12日 1:30 美し森駐車場到着

広い駐車場には6〜7台の車、外灯も何もない真っ暗駐車場は、静まり返って車中泊には持ってこい

車内で寝酒を飲みながら、八ヶ岳の地図を眺めて脳内山行予習するも・・・


イメージ 1

あっという間に睡魔が襲ってきて・・・就寝・・・Zzz



5:00 起床

抜けるような青空が広がる美し森駐車場、標高は1600mを超えている場所は、少し肌寒い感じです。

イメージ 38


ここの美し森駐車場は、水洗トイレ、飲料自販機完備でほんと車中泊には持ってこい!



イメージ 2

東側斜面を攻める起点としては、静かでなかなかGoodな場所ですよ〜〜



さて、駐車場に車を駐めても登っていけるんですが、少しでも楽したいゆうゆう隊(笑)


林道終点まで車を進めていきます。

そう、ここが林道終点場所であり、県界尾根の入り口なのです。

イメージ 4


駐車場というものはありませんので、路駐っす。

イメージ 3

駐車禁止標識が無いので大丈夫かと思いますが、他通行の妨げにならないようにですね。



6:42 標高差1200m超の山旅へ出発だぁ〜

予定では・・・6:00出発を目論んでいたのですが、相変わらず42分の遅延(笑)

赤岳山頂待ち合わせは12:00〜13:00予定、まぁのんびりと歩いて行けば十分間に合う時間でしたがね。


イメージ 5
イメージ 6













登り始めは大門沢の清流を聞きながら、ゆるゆるとした登山道を進んでいきます。

イメージ 7


7:03 真教寺尾根分岐到着

イメージ 8

昨年こうち隊と真教寺尾根撤退した時、下山にこを通過したなぁ〜 と思い出しちゃいました。


さぁ〜 ここからは未踏の尾根、県界尾根に入っていきます。

ちょいとした岩歩きを越えて行くと

イメージ 42


予想外に舗装されたコンクリート道じゃないっすか(笑)

イメージ 9



舗装道が終わると、早くも赤岳が見え始めたぞ〜


イメージ 10

あそこまで行くのか・・・・結構遠いじゃないか。


まずは第一チェックポイント、県界尾根に乗っかる小天狗を目指し進んでいきましょう

イメージ 11


おっと、県界尾根にもあっただよ、この看板

イメージ 12


10-2看板を過ぎると、斜度は一気に増してガッツリ急登

イメージ 13
イメージ 14



























ザックの重さに喘ぎながら、ガシガシ登って行きましたさ


最近良く見かけるミヤマカラマツも咲いていたぞ

イメージ 15


急騰を登り切ると、これはもしや稜線に乗っかった??

イメージ 16


と思うも、これは派生尾根のようで・・・またまた急斜面を登らされます。

イメージ 17
イメージ 18



























意外と涼しいんじゃね?と思ったのは嘘のように汗が流れ落ちてくるじゃないっすか。


時折見える、真教寺尾根と赤岳の勇姿に元気をもらいながら登りましたよ、うん。

イメージ 40




8:00 野辺山分岐到着

ここでやっと稜線に乗っかったぁ〜 いやぁ〜暑かったわぃ

イメージ 19



分岐から少し登ると、そこは小天狗と言われる場所

イメージ 20


背後には、だいぶ雪が溶けた富士山がばっちりと眺められます。

イメージ 21


そうそう、小天狗にはこんな石碑がありましたぞ

イメージ 22



小天狗からちょいと下って行くと・・・


視界が一気に開け、真教寺尾根の向こうに、権現〜赤岳〜横岳まで見えている!

素晴らしい景色だよ!!


イメージ 39
+クリックで拡大します



スームアップすると、赤岳展望荘もくっきり見えていた!

イメージ 23


大展望を満喫し、樹林帯に入って行くと、10-4看板

イメージ 24


ここからはダラダラ登る樹林帯の尾根歩き

イメージ 25

でね、ここ・・・・アブがわんさかいて、終始つきまとってまぁ〜鬱陶しい


見上げる青い空も

イメージ 26


振り返ってみる真教寺尾根&富士山も

イメージ 41


それどころではなくなり、休憩も取らずゆみっこ一気にペースアップ


9:17 おっちゃんついて行くのがやっとの状況で、辿り着いた大天狗

イメージ 27
イメージ 28












10-5とあるますので、ほぼ半分来たことになるんですかね


道標からちょいと登ると、頭のないお地蔵さん・・・なんでか岩が乗っかっていました・・・

イメージ 29



ちょいと休憩するも、アブ、ハエがまとわりつきゆっくりしていられん!

後から登ってきた若者2名も、アブの多さにげんなりしながら、ノンストップでここまで来たとか


以前7月に硫黄岳登頂時、桜平でアブに囲まれてましたので知ってはいましたが

この時期、八ヶ岳はアブが大量発生しますので、注意が必要ですな・・・


カワイイ林野庁のホーロー看板を後に、休憩もそこそこに前進あるのみっす。

イメージ 30



時折見える赤岳、赤岳頂上荘も肉眼ではっきり確認できるようになってきたぞー

イメージ 31

真教寺尾根は、ほぼ展望がない感じでしたが、県界尾根は赤岳が見える箇所が多く、楽しい尾根歩きです

えぇ・・・アブさえいなければ・・・


そんなわけで、ゆみっこがあまりにもハイペースなので、完全に疲れきって登るオイラ


イメージ 34

20キロほどのザックがずっしりと感じられる、きつい登りだったなぁ・・・


そんな時は足元に目を向けましょうかね!


ほら、終わりかけではありますが、イワカガミが沢山咲いていましたよ。

イメージ 32


でたぁ〜〜 この看板!


イメージ 33

ヤマレコなんかでよくアップされていますよね、この看板

冬はとんでもないバリエーションルートのようですが、無積雪期は登山道も明瞭でとっても良い道ですよ!



消えかかっていますが、10-6まで来たってことは

イメージ 35


ここからが県界尾根核心部の入り口

イメージ 36

ポールを仕舞い、体勢と呼吸を整え無くてはなりませんな



イメージ 37


そして、平均斜度55%、鎖と岩場が山頂まで連続する核心部へ進むゆうゆう隊でありました。


その2へ続く

この記事に

閉じる コメント(34)

顔アイコン

この日は、いい天気でしたね〜!
自分晴天の中トラブルで呼び出され・・・
出勤でした(涙)

2014/7/19(土) 午後 10:23 [ TopWater ] 返信する

ゆみっこちゃんのパワーの源がアブだったとは。
でかザック背負ってるのに、すごいわぁ。

いよいよ、核心部ですね!

2014/7/19(土) 午後 11:00 るびるび 返信する

顔アイコン

☆Myuuさん
登山口から尾根に乗っかるまで、なかなかの急登でした〜
ほんと、アブさえいなければ・・とっても良い尾根道なんですがね・・

2014/7/20(日) 午前 11:31 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ANA787さん
この時期はどの山も虫に悩まされますよね〜
でも花が綺麗だし・・
アブ系は顔にまとわりつかなくって、足付近に近づくのですよ。
なので今回は黒ベールはなしでのぼりました(笑)

2014/7/20(日) 午前 11:33 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆Tamaさん
この時期は虫がどうしてもまとわりつきますもんね〜
オイラも農作業用のネット常備してます(笑)
山頂ランデブー、いいですよね!!

2014/7/20(日) 午前 11:37 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆だいちゃんさん
オイラも同じく農作業用持参してます!
あれ、安くて丈夫でいいっすよねー
で、さすがにネットの上からは・・(笑)

そうなんです、ここから核心部、なかなかの登りでした!

2014/7/20(日) 午前 11:38 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆おけいさん
台風一過、見事に晴れ渡った日でしたねー
県界尾根はホント人が少なくて、静かな山歩きを楽しめますね。
台風の影響はほぼなかったので良かったです。

2014/7/20(日) 午前 11:40 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆こうちさん
今回はほんとぴろりん隊に感謝です。
でないとなかなか出来ない縦走ですからねー

県界尾根のほうが楽しいかも!展望、花、アトラクション、きっと楽しめます!

2014/7/20(日) 午前 11:41 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆サクラマスさん
そうそう、アブを仕込んでおくとペースアップ間違いなし(笑)
今夏雲ノ平ですか!!いいですねー
何日もかかってたどり着いく楽園、最高です。
オイラのブログで参考になれば嬉しいですよ!!

2014/7/20(日) 午前 11:43 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆へろへろさん
以前歩いていましたよねー
どうしてもここを歩いてみたくて行って来ました!

2014/7/20(日) 午前 11:43 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆akiさん
ほんと良い天気に恵まれました!
オイラ達は貴重な晴れ間、これは行かない手はないでしょう〜です(笑)

本当は小型化して挑もうと思ったのですが、なんだかんだで重くなっちゃいました・・

2014/7/20(日) 午前 11:45 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆トシヒコさん
ここからなかなかの直登っぷりにびっくりでしたが
それでも楽しめましたよ〜

本当はサンダル仕舞ったほうが良いのですが、こんな感じでいつも歩いています(笑)

2014/7/20(日) 午前 11:47 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆terianさん
お疲れ様ー
そうそう、三連休・・・残念です〜
オイラ達も日帰りで・・と考えましたが、自宅でまったり&仕事になりました。

2014/7/20(日) 午前 11:48 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆オジPさん
今年の目標に向けて、少しでもトレーニングをと思いがんばってみました。
ガッツリは今年だけ(笑)来季からのんびり歩きますよ〜 きっと。

2014/7/20(日) 午前 11:49 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ひらさん
はははっ 日本の山もまだまだ登りたいのが沢山あるので、海外はまだまだ(笑)
いやぁ〜 有り余ってないっすよ〜 かなり精一杯です!
というひらさんのほうが、間違いなく元気です!!

2014/7/20(日) 午前 11:50 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ぴろりんさん
いやね、ほんとスピードアップしやがって、オラついて行くのがやっとでしたよ。
でね、アブは逃げると追うのね(笑)だからずーっと付いて行ってたなぁ〜

2014/7/20(日) 午前 11:52 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆TopWaterさん
あらぁ〜残念!
しかし、今年の天気は本当に読みにくくて困っています・・

2014/7/20(日) 午前 11:53 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆るびるびさん
そうなのよ、ほんとキツかった〜 このアブ地帯(笑)
核心部、なかなか楽しいところでしたよ〜

2014/7/20(日) 午前 11:54 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

いやーー・・・・
さっき八ヶ岳から帰ってきましたが・・・
テント泊装備縦走・・・ましてや鎖だ岩だハシゴだ・・なんて大学山岳部とか一部のマッチョにしか出来ん!って思った矢先・・・
凄過ぎます!!恐るべしゆうゆう隊・・・海外登山も実は近いのかな?
私はと言いますと、テント泊装備(18kg程)美農戸→赤岳鉱泉はまぁ良かったのですが、赤岳鉱泉→美農戸(美農戸口じゃないです)で正直限界でした(爆)ましてや鎖とか無理・・

2014/7/21(月) 午後 9:59 いぬどし 返信する

顔アイコン

☆いぬどしさん
八ヶ岳楽しみましたか?
トレーニングには最適の山ですよね〜
テント装備の重さは、徐々に慣れてきますよ〜

2014/7/27(日) 午後 3:11 ゆうゆう 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事