全体表示

[ リスト ]


速報でお伝えしましたが、北アルプスは蝶ヶ岳へテント泊で行ってきました。


毎度のことながら、なが〜い前説からいきましょうか(笑)



7月、八ヶ岳で一緒にテント泊したゆう☆ぴろ☆terian隊

そう、terian隊は八ヶ岳で山岳テント泊デビュー

その時に2回目の企画が持ち上がり、8月中にはどこか景色の良い所にテント泊行こう!!

てな事になっていて、場所はゆう☆ぴろ隊に任せる!Terian隊はどこでもついて行くぅー

つーことで

ゆう☆ぴろ隊で夜な夜な協議


やっぱ、この時期のテント泊なら北もしくは南アルプスだよなぁ〜

んだんだ。


南なら、お気楽テン場の駒仙でのんびりし、甲斐駒、仙丈とか・・・

いやぁ〜 あれはあまりにもテント泊登山ッて感じじゃないし

しかもバス代&駐車料金がかかる!!

んだんだ。


じゃぁ〜 

夜叉神から御室小屋でテン泊して、鳳凰ピストンもいいんじゃね?

北なら・・・・おぉ!蝶ケ岳がいいんじゃね??


しかし、三股から蝶ケ岳新道は何気に急登で標高差1330mもありまっせー


でも、北アルプスのあの雄大な景色をterian隊に見せたいじゃないっすか!


そうだよなぁ〜 あの景色は・・・

おおー ゆうゆう隊は暴風雨で見れてなかったんだ!!

しかも常念縦走も断念していたリベンジの山じゃないか。



よし、Terian隊に聞いてみよう!


ってなわけで

「登頂時間5時間ちょいだけど・・・しかも急登だけど・・・景色は最高の山、行く?」

「うん!どこでもついてく!!頑張ってみるー」

つーわけで、蝶ヶ岳テント泊の山行をすることになったのでした。


ぴろりん隊はTerian隊のサポート、で、ゆうゆう隊も後方支援しながら行くことになったのですが

ほら、2年前に蝶ヶ岳のみで常念岳行けてないじゃないっすか、オラ達



しかも、ぴろりん隊も初の北アルプスが、蝶ヶ岳〜常念岳の縦走


なので、もう一度歩いてみたいって思っていたらしい。


そしてこの蝶ヶ岳三股ルートですが、鎖場や梯子で登る困難な個所は無く

北アルプスを始めてチャレンジする登山初心者にもおすすめの登山ルート



これはゆう☆ぴろ隊にとっても、Terian隊にとっても最高のステージが用意されましたよぉ〜


なので、翌日天気次第でゆうゆう隊のみ常念岳縦走するプラン


でしたが・・・・・


ここ最近トレンドの天候不順、連日コロコロ変わる予報に翻弄される。

9月に入ってからの予報、予定していた9月6日〜7日は厳しい様子

中止の文字も浮かぶ・・・・


予定2日前でもあまり芳しくない予報でしたが、これだけ変わる予報

まずは現地に行って、当日の朝判断しようじゃないか!

つーことで満場一致し

予定通り9月6〜7日に決行したのでした。



それでは本題に入りましょうー




9月5日 21:20 自宅出発

出発時の予報では、土日は何とか晴れ間も広がりそう!の予報に変わっていて、これはい〜いじゃん

と思いながら、通い慣れた中央道から集合場所&車中泊場所の長野道梓川SAに向け走らせます。



0:27 梓川SA到着

登山口の三股で車中泊でも良かったんですが

あの駐車場は斜めなので、車中泊にはちょいと寝づらい上、トイレもあるけど・・・・

なら梓川SAいいんじゃん?

スマートETCもあってすぐ出られるし!ってなことになったんですな。


15分程でterian隊も到着し、車の脇にどっかり座って早々に酒盛り(笑)

1:00頃ぴろりん隊も到着し、なんだかんだで2時頃まで盛り上がり

明日の出発は6:00頃でいいよね〜と、ほろ酔いのまま就寝となりました。

↓この安全地帯に座り込んで、静か〜に酒盛りしましたよ(笑)

イメージ 1



9月6日 5:38 

辺が明るくなると、SA展望台からは見事なピラミタルの常念岳と、その稜線が朝焼けに染まり始めている!

イメージ 2


これは良い天気になりそうだ!と期待を持って三股に向かいます。

途中間違って、一ノ沢に向かいそうになりましたがね(笑)

でもって三股林道には、親子連れの猿の集団が道路を占拠し、なかなかどいてくれずでしたが

7:15 無事三股駐車場着

あらぁ〜〜もうすでに満車!

でも、何とか3台を駐車することが出来てよかったぁ〜

イメージ 3

やはり人気の北アルプスルート、早めに到着が良いみたいですな。


1泊とはいえ、各隊たくさんの食材、酒酒酒・・を担ぎ上げますので、まぁ〜重いのですよ、うん。

イメージ 6



今回このテント泊のために新しくザックを購入したTerian隊長Yumiさん(赤いのね)

ぴろりん隊長と色違いのおそろいじゃないっすか!

イメージ 4

勝手知ったる何とか、パパさんyumiさんのザック締め直してます。

重量級を担ぐには、ザックとのフィット感は大事ですからね!


つーことで、オラもしかりとザックの背負い感をチェックチェック〜

イメージ 5




7:54 三股ゲート出発

予定より約1時間遅れの出発・・・

まぁ〜ね、それがゆう☆ぴろ☆テリ隊なのでございます。

イメージ 7


まずは三股に向け林道を15分ほど歩いていきます。

イメージ 8

そうそう、今年はこの林道で熊さんの目撃情報が非常に多いらしくてですね

各隊ジャラジャラ熊鈴鳴らしながら歩いて行きました。



登山指導所で登山届を提出、この日は誰もいなかったようで、下山届は不要!って書いてました。

イメージ 9

トイレも完備してますが、ここが蝶ヶ岳ヒュッテまで最後のトイレとなります。


さぁ〜 蝶ヶ岳に向けて出発だぁ〜

イメージ 10


常念岳への分岐を過ぎ、本沢の流れに沿って進む蝶ヶ岳新道


苔むした森は、朝日に照らされ、小さなキノコも背伸びをしているよう。

イメージ 11


本沢の荒々しい清流に架かる吊り橋を渡れば

イメージ 12


いよいよ登頂開始という感じになってきます。

イメージ 13


水辺にはまだ花も咲き、心和む登山道

イメージ 14


ガレて水が流れる道を進んだ先にあるのが

イメージ 15

力水

イメージ 17

地図上ではまだ水場がありますが、常に流れているのはここが最後となります。

で、ここで事件発生!


水が流れるガレ場を登っていたYumi隊長、滑ってコケてしまったんですね。

ぶつけた膝を見ると・・・・・

血が出てる〜〜〜〜!とYumi隊長


すぐさま消毒液を出し、まずはタイツの上から消毒


が・・・よく見ると、膝に泥がついていただけであったのでした〜(笑)

紺色のパンツでしたので、泥が血の色に見えてしまったんですな。


まずは笑い話ですみ、怪我をしてなくて良かったよ。


登山はいつ何時、何が起こるかわからないもの。

応急セットは必ず持ち歩きましょう!


力水を過ぎて急な階段を2つほど登ると

イメージ 16


健在でしたよ〜 ゴジラのような木!

女子隊、攻撃してますなぁ〜(笑)

イメージ 18



男性陣は・・・・

イメージ 19

お一人ヤンキーがいたようで(笑)



ゴジラの木を過ぎると、まめうちた平まで徐々に急登になり

イメージ 27

トップにぴろりん隊、最後尾にゆうゆう隊が位置し、がっちりとTerian隊をサポートしての登頂です。


これ食べられるんじゃね?というきのこがいたるところに点在し

イメージ 20


ゴゼンタチバナも赤い実を付け、山は静かに秋の訪れを待っているんですね。

イメージ 21


視界がひらける箇所からは、前常念岳〜常念岳がくっきり!

イメージ 22

常念良い山だぜ〜 今回は歩けるかなー いや、あ歩きたいなぁー


さて、まめうち平までの急登ですが、いぜんは木階段はなく歩きにくい道でしたが

今はご覧の通り、随所にしっかりとした階段が整備されてましたよ。 

イメージ 23



10:12 まめうち平到着

イメージ 24

このルート唯一平坦で休息できるスポット

急ぐ旅ではありません、どかっと腰を下ろして休みましょう。

で、ここも以前は簡易的な丸太のベンチしかなかったのですが、今はしっかりとしたベンチが沢山!

さすがは北アルプス、人気の山はドンドン整備され歩きやすくなっているんですね〜


しっかりと30分ほど休憩し、まめうち平を出ると一旦下りへと転じ

登山道はゆるい斜面のどろんこ地帯へ

イメージ 25

ここらへん、丸太を外れると決行ズブズブと入っていくので注意が必要


そんな登山道を通過していると、標高は2000mへ

イメージ 26

蝶ヶ岳までのこり3.1km ほぼ半分登ってきた事になります。


下りの平坦な道から徐々に登り返すようになると

イメージ 28


遅れ始めたterian隊、その到着を待つオイラ達はシャッターチャンスを待つのである(笑)


イメージ 29



おぉ〜頑張って登ってきたね〜!!

イメージ 30
イメージ 31



























いやぁ〜〜 きっついわぁ〜〜 こりゃぁ荷物軽くしないと無理だぜ!

と言っていたterian隊


しかしこのルートはここからが本番で、さらなる急登が待ち受けているのであった。



その2へ続く

この記事に

閉じる コメント(36)

顔アイコン

☆マリンさん
今年の天気は本当に悩まされますよね〜
晴れ間を狙って行ってきましたが、夜以外は何とか大丈夫でした。

2014/9/12(金) 午後 0:37 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆だいちゃんさん
ザックの重さは、行動するに当たりとても重要な項目ですよねー
と思いつつ、いつも重くなっているのですが(笑)

2014/9/12(金) 午後 0:38 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆カブさん
はははッ似てましたか〜(笑)
きのこ沢山ありましたよ〜
ナメコのようなやつとか、シメジのようなやつとか

2014/9/12(金) 午後 0:42 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ANA787さん
やはり寝るには水平がいいですよね〜
ここは人気のルートですので、人は多いですよー
70台ほど駐車できるのですが、満車でしたもん。
しっかりと30分の休憩、時には良いものですよ(笑)

2014/9/12(金) 午後 0:46 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ぶりさん
おぉ〜 以前表銀座歩かれてましたねー
私達の時もな〜んも見えなかったので、今回は期待を込めてのリベンジでした!

2014/9/12(金) 午後 0:47 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆momoさん
ゴジラの木、ほんとよく出来てるよねー
このコース、ほぼ樹林帯でとっても飽きるのですが
その後の展望は最高!いつか歩いてくださいね。

2014/9/12(金) 午後 0:48 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆通行人さん
そうそう、ここからが本番ですねー(笑)

2014/9/12(金) 午後 0:49 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆でんさん
そうなんですよね、なので梓川SAで車中泊しました。
そう言えば、新たに駐車スペースありましたよー
結構離れているように思いました。

水場のところ、暗かったらわかりにくそうですよね。

2014/9/12(金) 午後 0:50 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆みずおさん
そうでしたね、ここが北アデビューでしたね!
今は登山道も整備されて、かなり歩きやすくなったと思いますよー

2014/9/12(金) 午後 0:52 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆こうちさん
おぉ〜 それは奇遇ですねー
こうち隊も蝶ヶ岳はリベンジしなくてはですね!

2014/9/12(金) 午後 0:52 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆お散歩さん
確かに、雪の時のほうが歩きやすいかもー(笑)
ザックお揃いでしたか!かなり使い勝手良さそうですよね。

前回景色が見れてなかったので、今回はとても楽しみでした!!

2014/9/12(金) 午後 0:54 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆へろさん
天候不順で、ほんと悩ましい週末でしたよね〜
でも結果的には行って良かったです!(笑)

2014/9/12(金) 午後 0:55 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆akiさん
蝶そして常念への稜線は、槍穂の展望台とも呼ばれているみたいですよ〜
リベンジで登りましたが、今回はバッチリでした!

2014/9/12(金) 午後 0:56 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆レノンさん
そうですね〜
この時期テント泊となると5時間超が普通になってきますね〜

2014/9/12(金) 午後 0:57 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ミナトさん
はははっ わかっているじゃないですか〜
今回は酒の肴も持っていったんですよー

2014/9/12(金) 午後 0:58 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆Myuuさん
かなり迷いましたが、思いっきって行っちゃいました〜
蝶ヶ岳新道はなかなかの急登でしたよー
天気は想像以上に良くなって、良かったです。

2014/9/12(金) 午後 0:59 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

ゴジラの木凄いな^^

さすが元気ですね^^

2014/9/12(金) 午後 9:56 nagi☆sa☆ 返信する

顔アイコン

☆なぎささん
見事にゴジラの木になっていますよね〜
これを見るのも結構楽しみなんです。

2014/9/13(土) 午後 0:23 ゆうゆう 返信する

あの登山道後半はきついですね。しかも、これだけの荷物であれば尚更のこと
昨年は残雪期に登りましたが槍ヶ岳が素晴らしく大変良かったので来年も考えてます。お連れ様も頑張りますね

2014/9/13(土) 午後 6:41 [ サクラマス ] 返信する

顔アイコン

☆サクラマスさん
ここの後半はキツイですよね〜
残雪期の景色は素晴らしでしょうねー いいなぁ〜そんな時期に行ってみたいです。

2014/9/20(土) 午後 9:13 ゆうゆう 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事