全体表示

[ リスト ]

日光表連山縦走 その1


北アルプスから帰ってきたばかりですが

その前に、9月14日に出かけた日光連山縦走のレポからお送りしましょう。



さて、ゆうゆう家ですが、秋の北アルプス縦走に向けAutumn連休を取っていたんですね

なんたって13〜15日、20日〜23日の連休は、間違いなくどこの山も混雑するだろうと。


北アルプスの岩稜歩きは、混雑時でかけると時間もかかる上、なんたって落石が怖い

しかも、テントなので場所も確保できるか不安要素も多い

それなら平日登ればいいじゃん!つーことで以前から計画立てていたんです。


しかーし、16日どうしても避けられない所要があり、北アルプスに行くとなると17日以降

そしてぽっかり開いてしまった13日〜15日の連休


天気もまずまずのようだったので、これは北アルプス前に足慣らしでどこか出かけようと急遽思案


高速代がかからなくて・・・結構歩ける山で・・・などと探していると


良い山あるじゃないですか!


日光女峰山(ニ百名山)


実はこの山、ゆみっこが以前から行きたがっていた山

よし、それなら女峰山だけでなく、日帰りで縦走しちゃおうぜ!となったのでした。


ところで、日光連山ファミリーってご存じですか?

782年 勝道上人が二荒山(男体山の古名)に登り、祠を建てたのが荒山神社の始まりで

以来、この他の山々にも神様を祭って、この山域を広大な境内としたそうです。

それ以来、地元の人々は男体山を家長に見立て、このような家系図として伝承されてきたんだって

イメージ 1
※2010年10月21日号 週間ふるさと百名山(集英社)より抜粋


ゆうゆう隊は日光白根山(叔父)と男体山(父)は登っていたので


女峰山〜帝釈山〜大真名子山〜小真名子山の山頂を踏もうじゃないか!

つー事になったのでした。

あっ、ちなみにこの図には記載されていませんが、帝釈山は女峰山の双子の弟なんだってー


プランは志津峠から女峰山を先に踏んで周回する縦走路

水平移動距離約11.3キロ、積算標高上り約1467m 下り1466m、行動時間約9時間の結構な行程

ついでに、車中連泊して天候次第では日光白根の五色沼を見に行こうかと。

北アルプスの足慣らしに調度良いかも・・とか思っていたのですが・・・・


それでは、ここからレポの始まりで〜す!



我が家から日光までは、高速を使わず下道オンリーでいつも行っていますので

少し早めに自宅を出発し、トイレも完備している戦場ヶ原駐車場で車中泊することに

夜のいろは坂、まぁ〜動物が沢山!そして走り屋も沢山(笑)

戦場ヶ原の駐車場、トイレはあるんですが手洗い等の水がないんですね

歯磨きたかったんですが、これはちょいとリサーチ不足でした。


9月14日 5:00起床

志津峠にはちゃんとした駐車場はなく、駐められても数台のみ

男体山、女峰山、大真名子山の登山口にもなっていて、あっという間に埋まるらしい。
 

イメージ 2


6:00前に到着するも、既に満車・・・・・・・ガーン

イメージ 3

本来もっと駐車スペースはあったようですが、現在はご覧のとおり丸太を置いて駐められなくしてるんですな

イメージ 49

男体山・・・・やはり裏から登らせたくないのだろうか・・・・

幸い100m程下がったスペースに、何とか停めることが出来たので良かったのですけど。


そして何より、男体山登山口側には仮設トイレ2つ設置してあり、これは非常に助かった!

トイレなんて無いと思っていたので、戦場ヶ原Pで何とか出そうとしたが・・・いまいち出ず(涙)

野◯ソも覚悟してたところだったので、助かったぁ〜と一目散にトイレへ

紙も常備されており、無事にすっきりすることが出来たのでしたぁ〜


そんなこんなで、6:31 志津峠出発です!

イメージ 13
イメージ 14













しばらくは林道歩きでしたが、笹がキラキラ輝き朝陽がとても心地よい道です。

イメージ 4



6:50 志津林道ゲート着

イメージ 5

このゲートまでは、途中駐車スペースが何ヶ所かありましたよ。


ゲートを過ぎると一部視界がひらけ、男体山が青空にそびえて見えます!

イメージ 6



連なる山々の向こうに、馴染み深い筑波山のシルエットも

イメージ 7

良い天気に恵まれそうです。



ゲートから1箇所分岐がありますが、道標通り進んでいきましょうね。

じゃないと野州原林道になり、とんでもない方向にいっちゃいます(笑)

イメージ 8



林道分岐を過ぎると、見えてきました女峰山!

イメージ 9

あそこまで行くのかぁ〜 結構遠いな・・・・



開けたところからは、名も知らぬ山々が連なり、ここは山深いところだと改めて思い知らされます。

イメージ 10


次第にシラカンバの木々に覆われ、本当に気持ちがいい!

とは言えこの林道歩き・・・・・・長いです。

イメージ 11


7:32

そのまま林道を進んでいきそうになる女峰山への分岐着

イメージ 12

そのまま進んでいくと、帝釈山と小真名子山の鞍部、富士見峠へ行っちゃいますのでお見逃しなく!


さて、林道からはここを降るの?的な感じで、笹に覆われ滑る土、しかも急降下

イメージ 15
イメージ 16













とにかく転倒しないよう必死になって降りて行くと、小真名子山を源流とする涸れた荒沢川へ

手作り感満載のハシゴを降りると

イメージ 17


でっかい岩がゴロゴロしている所に到着

イメージ 18


そこから、ひょいと登りかえした場所が地図上の馬立という場所

イメージ 19

ここは、日光駅からも直接登ってこれる裏見の滝コース分岐点にもなっています。


馬立からほぼ樹林帯、登山道ははっきり行って整備されていません

イメージ 20

良く言えば自然のまま、悪く言えば歩きたいなら勝手にどうぞ的な感じ(笑)

でも、踏み跡はしっかりしていてマーキングもるので、道迷いの心配はないでしょう。

イメージ 50



そしてこれ↓

イメージ 21

雷が直撃した後ですね・・・・

いやぁ〜〜こんなところにも落ちるんだぁ〜と改めて実感

もし、この樹の下にいて側撃雷にでもあったら・・・・・やはり雷は怖い!


しばらくダラダラとした程よい斜面を登って行くと

イメージ 22


下り坂に転じ、ガレたトラバースへ

イメージ 23
イメージ 24




























そうそう、なんの花かわかりませんが、この白い花たくさん咲いてましたよ〜

イメージ 28


ガレ場のトラバースから樹林帯を登って行くと、このコース唯一の水場

イメージ 25

写真の上部に登山者数名いますが、ちょうどその付近↑


水場を過ぎると斜面はぐっときつくなり、唐沢小屋まで急登が続いていく・・・

イメージ 26


大真名子山をバックに、色づき始めたナナカマド

イメージ 27

日光の紅葉はとても有名ですので、これからの時期はいいでしょうねー


女峰山直下のガレ場もだいぶ近くなってきたが、結構な急登だわさ。

イメージ 29


ゆみっこが見ている場所、ここは登山道が崩落してしまったんでしょうね・・・

迂回路が整備されていました。

イメージ 30
イメージ 31




























9:00 唐沢小屋到着

イメージ 32

ここで1泊して縦走する方も多いみたいですよ。

中はこんな感じ・・・・おっと、誰か泊まってピストンしているのかな?


イメージ 33
イメージ 34













写真よりもう少しきれいな感じでしたが、なんたってトイレがなくてですね、ゆうゆう隊には無理だわぁ


そして入口の壁にこの文字(笑)

イメージ 35

おそらく 水 7分 と書いたのでしょうが、なんか怖い(笑)

ここから水場まで7分で行けるかなぁ・・・


小屋を出発し、倒木を乗り越えながら行く登山道

イメージ 36



おぉ〜 来たかぁ〜 女峰山のガレ場

イメージ 37


ここですね、ほんと歩きにくい!

イメージ 38

岩が土の上にバサーっと巻かれたようにあるので、まぁ〜落石が頻発しそうな地帯

しかも非常に滑りやすく急登、滑落はしたくないもんです。

イメージ 40


先行する登山者3名いましたので、距離を保って進んでいきます。

イメージ 39



ガレ場から、徐々に本格的な岩登りへ!

イメージ 41

ペンキで書かれたマーキングにそって登っていきますので、迷うことはないでしょうが、雨の時は怖いなこれ

イメージ 51


しかし女峰山って、母親と言われている山だよなぁ〜

なんだかそんな気がしないんですけど(笑)


岩場を通過すると、また樹林帯の急登へ

イメージ 42
イメージ 43



























なかなか登らせてくれるぜ女峰山



朝は雲ひとつ無い快晴でしたが、いやぁ〜な雲が早くも湧いてきたじゃないですか!

イメージ 44

雨さえ降らなければいいんですが・・いや、雷も怖いしなぁ・・・とにかく持ってくだされ〜

と、山頂直下にある田心姫命を祀っている女峰神社にお詣り。

イメージ 45



9:40 女峰山山頂到着

イメージ 46

日光連山ファミリーの標高№1奥白根山、№2男体山に続き、№3の女峰山制覇です!


たまにはおっちゃんも、山頂で写真に写りますかね(笑)

イメージ 47


山頂には、結構な人がいましてちょっとびっくり

霧降高原から赤薙山を経て登るコースが一般的なようで、そちらから登ってきていた人なんでしょう。

そのコースもちょっと歩いてみたいかな。


そして、女峰山は、冬の氷の神殿として有名になった雲竜渓谷西源流の山でもあるんだって!

イメージ 52

2013年1月27日 雲竜渓谷に行った時に写っていた女峰山

来シーズンもまた観に行きたいなぁ〜 氷の神殿!



山頂からは、これから踏んでいく3つのファミリーたちが一望

イメージ 48
クリックで拡大します


一休みし、ここからが結構な縦走となっていくのでした。



その2へ続く


この記事に

閉じる コメント(30)

難しそうなお山。気持ちをフラットに保つ訓練にはなりそうですね。
天気もよくてよかったですね。
しかし、お二人の山に対するテンションが一緒だからできますよね。
よき伴侶に恵まれて〜。

2014/9/21(日) 午後 9:04 ANA787 返信する

顔アイコン

へ〜こんなお山家系図があるんですね〜
女峰山って、随分怖いお母さんなんですね〜苦笑
歩きごたえがありそう〜

2014/9/21(日) 午後 11:14 Myuu 返信する

顔アイコン

おお〜、気持ちの良い樹林ですね〜。

ここの駐車スペース、ゆうゆうさんの言うとおり某宗教法人の仕業です。栃木の登山界では悪評ぷんぷんです。

2014/9/22(月) 午前 7:52 [ aki ] 返信する

顔アイコン

☆トシヒコさん
そうなんですよ〜
女峰山というからてっきり優しい山かと思えば・・女は強しですな(笑)

2014/9/22(月) 午前 10:30 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆へろへろさん
歩き応えもあるコースで結構楽しめると思います!
小屋泊も良さそうですよねー

2014/9/22(月) 午前 10:31 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆レノンさん
自然の力は凄いですよね!
森の樹木達は、ほんと生命力が凄いです。

2014/9/22(月) 午前 10:32 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆チョコさん
日光ファミリー 面白いでしょ〜
女峰山、なかなかのガレ場でした!騙されてはいけません(笑)

2014/9/22(月) 午前 10:35 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆おけいさん
女峰山というからてっきり優しい山かと思ってましたが・・
いやいや、なかなかのお山でしたよ!

2014/9/22(月) 午前 10:36 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆こうちさん
本当はこんなにハードだとはあまり思ってなくて行ったのですが・・(笑)
今年は大キレットに向けて結構鍛えましたので
来シーズンはのんびり登山の予定で〜す。

2014/9/22(月) 午前 10:38 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ミナトさん
この文字、ちょいと怖いっすよねー(笑)
いずれ日光ファミリー、制覇したいと思います!!

2014/9/22(月) 午前 10:39 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆だいちゃんさん
あぁ〜それ言っちゃいましたか〜(笑)
でも、言われてみると・・あははっ

2014/9/22(月) 午前 10:40 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆サクラマスさん
たまにはおっちゃんも姿現さないと(笑)
やはりこの地域は雷多発地帯ですかー たしか近くの田代山?も死亡者出てましたもんね〜
気をつけなければです。

2014/9/22(月) 午前 10:42 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆terianさん
この山域もなかなか良いですよ〜
キャンプ場もあるので、キャンプして山登りなんていいかもですね!

2014/9/22(月) 午前 10:47 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆ANA787さん
もっと楽に行けるのかと思っていたんですが・・でも楽しかったです。
共通の趣味があるというのは、やはりイイことですねー

2014/9/22(月) 午前 10:53 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆Myuuさん
家系図面白いですよね〜
そして日光の女性陣は、どれもこれも手厳しかったです(笑)

2014/9/22(月) 午前 10:55 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

☆akiさん
やはり駐車場はそうでしたかー
こんなにスペースがあるのにね〜

2014/9/22(月) 午前 10:56 ゆうゆう 返信する

顔アイコン

水 7分 文字が怖い!笑

2014/9/22(月) 午後 9:47 通行人 返信する

顔アイコン

☆通行人さん
でしょ!水場に行けなくなっちゃいそう(笑)

2014/9/23(火) 午前 10:28 ゆうゆう 返信する

お母さん制覇おめでと〜♩♩

うん。

ここは歩きごたえありますなぁ…
足が遠のく…てへぺろ。

2014/9/23(火) 午後 0:07 [ momo ] 返信する

顔アイコン

☆momoさん
歩きごたえあるよ〜〜
まさかこんなにきつい山とは思わずでした(笑)

2014/9/24(水) 午後 0:33 ゆうゆう 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事