全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

1966年3月20日夜、米国ミシガン州アナーバーの沼地に5機の空飛ぶ円盤が接近、その中の1機が沼地に降下して着陸するのが、現地の警察官12名を含む40人以上によって目撃された この事件は、サンフランシスコクロニクル紙、オヘクランドトリビューン紙などによって大きく報道された◆その調査に当った米空軍UFO調査機関プロジェクトブルーブックの科学顧問アレン・ハイネック博士はこれを「沼のガス説」と発表。これに反発する人々の言論を呼び、遂に4月5日、米国下院軍事委員会での公聴会へと発展した。この公聴会は当時下院議員であったジェラルドロフォード氏によるUFO問題の重要性発言が引き金になった。議員からの質問に答えたのは米空軍ハロルド・ブラウン長官、ヘクター・クインタニラ中佐、アレン・ハイネック博士であった。ハイネック博士はこの席でこう述べた。「ミシガン事件はその規模としてははるかに大きな国家的関心を引き起こし“デトロイト記者クラブ史上最大”ともいわれた。学校の生徒達からはUFO問題のクラスレポートが多数私のもとに寄せられた」一つのUFO事件は、教育の現場まで影響を与えたようである。事件から7か月後の10月7日、米空軍はUFO研究をコロラド大学に委嘱ァL2年後に「コンドン報告書」として、その研究結果が本となったΑしかし、UFOの否定的研究内容に反発して、コンドン計画から離脱した学者により肯定論的な書籍Г盻个気譴拭

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事