全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ジョージ・ハント・ウィリアムスンの足跡を追う--4
 円盤に乗っている宇宙人は、どこから飛来してくるのか、これに関しても色々なデータがある。考古学的分野における資料もある。現代の地球科学では、他の惑星は地球とは違った大気と言ってきたが、人工衛星の打ち上げからの観測によって、今までの定説は、1つずつくつがえされている。私達のUFO研究の場合、“科学的云々”とはいうが、それらの思考は地球的ワクを外れていない位置にある。聞こえが良いから“科学的云々”というのだろう。彼等の研究はつまらぬデータである。真の科学的態度とは、単にUFOの色や型を云々するのではない。
 テレパシーコンタクトは可能かどうかという問題がある。現実には、こちらから希望した通りに円盤が飛んでくれる。私が宇宙人と会ったと言うと、単なる興味から聞いて来る人が多い。
 CBAは従来の円盤研究団体の枠を出て、空飛ぶ円盤問題を新しい時代の問題として取り扱っている。外国にもそうした傾向がみられる。しかし、空飛ぶ円盤研究団体を圧迫する、いわゆるブラックが活動している。それらによって民間研究団体が操つられている。そのため、今残っている団体というのは、当局からバックアップされ表面上だけの団体である。つまり、都合の悪い動きを封じる力が働いている。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事