全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ジョージ・ハント・ウィリアムスンの足跡を追う--5
 我々日本のCBAでは、外国より届く大勢的UFO情報には真実がないとしてきた。真実追及の小組織が解体されたからである。CBAにおいても、過去にそのような圧迫を常に受けてきた。日本人に運命づけられているものがある。現代UFO研究史において、最後にスタートした日本は、正統的な円盤研究を継続している。
 CBAは人をだましているとか、とかく雑誌、新聞紙上で円盤を食いものにする人の発言がみられる。円盤飛来には確たる大計画があり、遊びに飛んで来ているのではない。
 宇宙人にも、色々の種類、顔つき、各タイプはあるが、精神的な面は私達よりはるかに進んでいる。彼らは宇宙の法則を受けている。1956年において、ある特定人は現実に空飛ぶ円盤に同乗している。
 迫害の手はのびている。アメリカでは二つの団体しかなくなった。日本はその点では恵まれているが、私はウソを言っているのではなく、特殊な使命をもって動いている。CBAは単なる円盤研究団体でも、新興宗教団体でもない。
私達がとりあげようとしているのは、実在する肉体を持つ人間を指している。実際に、ブラザーとコンタクトするというのは単なる興味本位では起り得ないものだ。私は新聞社の人を前に説明したことはないが、デッチ上げ体験であるかのように、単なる興味本位に扱われているのが現状だ。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

円盤の中の椅子は使う者の意志に従って移動するそうです。この1959年当時、我々の自動ドアは普及してませんでしたが、円盤のドアは前に立つと忽然と開くとのこと。壁はスクリーンになっていて、即座に資料を映し出すそうです。円盤中央の会議室に大きな地図が見えますが、これはおそらく地図ではなく、地球の上から自動的に撮影されている日本上空の映像と思われます。撮影拠点は地球をカバーしていると考えられますから、任意の地域が即座に映し出されると考えて良いでしょう。地球製軍事衛星による地上偵察よりは進んでいると思われます。

2016/3/20(日) 午前 0:46 [ きよりん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事