全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ジョージ・ハント・ウィリアムスンの足跡を追う--6
 私は空飛ぶ円盤に興味をもってから過去10何年に亘って研究してきた。実際に、2年前にブラザーとコンタクトした。外国のコンタクティーと称する人々は華々しいスタートをしているが、私のコンタクトストーリーが未だ世に出ないのは、私に課せられた任務の故である。
 私達の地球は、ここ千年来のUFO記録を積み重ねてみると、地震や火山活動などになぜ円盤が現われるのかという問題点に気づくと思う。
 このような視点から、一日も早く、多くの人々が円盤宇宙人の問題に対して、興味から一歩前進して、新しい時代の担い手となる認識を持ってほしい。
 私達は無力で何もできないが、全力をあげてやっている。皆さんは、宇宙人の目の前につれていかれたとき、果たして口がきけるかどうか。そこには、厳とした法則があるようだ。精神的な問題ばかりでなく、一番最初に空飛ぶ円盤というものへの関心度が重視されている。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事