どーむの名古屋でらペン日記

わ!レイアウトが変わった!相変わらず突然。。。

万年筆/高級筆記具(国産)

[ リスト | 詳細 ]

趣味の万年筆&高級筆記具のコレクションです

世界に誇る日本製品パイロット、セーラー、プラチナ…など頑張る日本のメーカーの製品カテゴリです。
記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 
今年の3月に発売以来品薄が続いている#3776センチュリーの新色「ブルゴーニュ」。
熟成した赤ワインのイメージで作られた半透明の赤軸はとても綺麗で、瞬く間に人気色となりました。初回製造ロット600本にはシリアル番号カードを付ける力の入れようでした。
http://www.platinum-pen.co.jp/fountainpen_century_bourgogne.html

しかし製造が売れ行きにまるで追いつかず、文具店から注文を入れてもろくに納品されないという状況が発生してしまっていました。この所売れ行きが落ち着いたのか、生産が安定したのか文具店の店頭にもある程度コンスタントに並ぶようになってきました。
 
イメージ 2

ペンとしてのセンチュリーは以前の記事で散々レビューしましたので、今回はあくまでも軸色およびブラックとの違いを紹介していきたいと思います。
 
本当にこの軸色は私も大好きで、深い赤なのに透明感を失わない絶妙の色具合。普通に見ていれば綺麗なワインレッドの軸ですが、良く見るとペン先やスリップシール機構などが透けて見えています。
今のところお客様や同僚など万年筆に詳しくない人で半透明であることを所見で指摘した人はいないですね。

さらに良く見るとブラックと一部違うところに気が付きます。
 
イメージ 3

一つ目が金メッキの色が微妙に違う事。
手前がブルゴーニュ、奥がブラックですがブルゴーニュの方が少し白っぽいんですね。軸の色に合わせてメッキ色を変えているという芸の細かさ。ブルゴーニュの生産に合わせて金メッキの作業ラインを増設したそうなので、単純に色が変わっちゃっただけってことは無いですよね?(*´艸`)

ペン先ソケットはブラックやパイロット版の「本栖」とは違い、白いプラスチックで成形されているんですね。半透明のワインレッドを生かすための処理だと思われます。こういう細かい配慮は素晴らしいのですが、生産の遅れはこの辺が原因になっている気がするんですよねぇ。。。

この辺の管理の甘い町工場っぽさがプラチナらしいっちゃらしいんですが(笑)
イメージ 1
 
ずいぶん久しぶりの万年筆レビュー。
そして思いっきり乗り遅れまくりのペンの紹介(笑)
 
長年セーラーの看板として活躍されたペン職人「神様」こと長原宣義氏の勇退を記念して発売されたペンです。
http://www.sailor.co.jp/takenuri
 
山形県の鶴岡市に伝わる竹塗りという手法を使って軸が作られています。
http://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110002/kogeihin/cate04-05.html
漆などを使って基になる材料の上に竹の節や色合いを再現しています。本来は欅や朴の木地を使うようですがこのペンではABS樹脂の上に塗りが施されています。セーラーとしては本当は煤竹でやりたかったんだと思うんですが、材料の確保や販売価格などの問題でこういった形になったのではと勝手に推測しております。
 
イメージ 2
 
軸径は真円ではないのでおおよそですがφ15mm強。
全長は収納状態で175mm程度、筆記状態で150mm程度です。

当然と言えば当然ですが持ち歩くタイプの万年筆ではありません。一枚目の写真にある長いせいか細く見えるのですが、数値的には結構太い部類に入ります。
 
キャップは嵌合式ですが、方向はフリーなので塗り模様がずれる心配はあまりありません。
尻軸にシリアルナンバーが印刷されているのですが、この印刷はあまりにも安っぽい。゚(゚´Д`゚)゜。
もう少し何とかしてほしかったところです。。。
 
イメージ 3

ペン先は非常に特徴的でお約束の長刀ペン先のど真ん中に「長原宣義」の刻印。
現代の名工ペンの際のキングサイズに比べるとバランス的にはアリかなと思えます。
 
お値段は一枚目の写真に写っているペンケースを含めて63,000円、個人的には企画限定品にしては頑張った値段だと思います。ペンケースの縫製とか若干気になる点はありますが(w100周年「島桑」と若干キャラクターのかぶるこのペン、果たして600本もさばけるのかちょっと心配。
イメージ 1
 
以前から欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくてたまらなかったペンの一つ。

お値段が高すぎて手が出なかったというのが実情ですが、今回のペントレで安く出すという情報を得ていたので狙いを定めておりました。有難いことに12時以降に会場に現れた売主が、鞄から机に出す前に掠め取るという荒業を使った上に値切るという鬼モード全開で手に入れてきました( ̄▽ ̄;)
 
イメージ 2

発売は2003年250本限定で発売されています。
ベースはセーラーの80周年と言われていますが、ボディがスターリングシルバー製になっています。特徴的なのはボディの波模様、2種類発売されており今回入手したのは流れるような模様の「パシフィック」、もう一つ少し荒々しく細かい模様の「アトランティック」があります。

太平洋と大西洋から取った名前が示す通り、海面をイメージしたと思われる綺麗な彫りです。この手の彫りのペンにありがちな手に刺さるような感じも無く、すごく丁寧に作られているなと言う感じがします。
 
まぁ重量については見た目通り(笑)
インク入れて50gというところなんですが、何せキャップがかなり大きいためキャップを後ろに付けて書くとかなりリアヘビー気味になるのが難点。個人的には許容できる範囲ですが、首軸を持つ方だとちょっとキツいかもしれませんね( ̄▽ ̄;)
 
イメージ 3

ペン先はごく普通のセーラー21金大型ニブ&首軸ユニット。

ラインナップとしてはEF、F、MF、M、Bという一般的な太さの他に、ズーム、ミュージック、クロスエンペラーなどが用意されていたようです。
 
縁あって手元に来た憧れのペンですが、早速磨いてインク入れて使っております。
どーむは基本的に手に入れたペンは使い倒すのです(*´艸`)
イメージ 1
ちょっとしたきっかけがあって揃えてみました。
セーラーの看板ブランドプロフェッショナルギアのボールペン&シャープペンシルの2本揃い。お値段はどちらも定価ベースで10,500円、ちょっとした万年筆が買えるお値段です(^_^;)
http://www.sailor.co.jp/lineup/ball-pen/16-1036
http://www.sailor.co.jp/lineup/sharp-pen/21-1036

ボールペン&シャープペンシルとも軸径はφ12.4mm、この手の高級ペンとしてもかなり太めの部類。
長さはごく標準的なサイズで138mm、ペンシルの方もコーンチップ型なので同じ長さに仕上げられています。
 
イメージ 2

ちょっと不思議なのが芯の繰り出し方式。
ボールペンの方がツイスト式なのに対して、ペンシルの方がキャップスライドのノック式。セットになる同じモデルだと揃えることが多いと思うんですが。。。

内部機構的には特に変わった点はありません。
ただ5,000円のプロフィットタイプの内部機構に比べるとしっかりしたペンシル機構は使われています。
入手してみてびっくりしたのがプロギアってペンシル0.7mmなんですね。勝手に国産のペンシルって0.5mmだと決めつけてたんですが、これは嬉しい誤算でした。

この所契約などはこのペンを使うことが多いんですが、悲しいかなお客様によく言われるのが
「これはモンブラン?」というコメント。
やっぱりそう見えちゃうんですかねぇ?(笑)
イメージ 1
パイロットの1981年製の万年筆。
元々は女性向けの細軸として開発され、セーラーのシャレーナに対抗する商品だったようです。
 
シャレーナと大きく違うのはシャレーナは細くするために専用カートリッジを開発するという力技を使っていますが、ロマンシーは通常のシングルスペアータイプを使う事。
 
イメージ 2
 
軸径はφ7.5mm、全長が収納時で111mm、筆記状態で131mmとかなり小さいペンです。

決して細くないパイロットのシングルスペアーカートリッジを使ってこの軸径に納めたのはかなり大変だったと思われます。このタイプの細軸には他にバーディと言うシリーズがありましたが、その高級版にあたるモデルと考えられます。
 
現在パイロットのラインナップにはここまで小さいモデルはありません。こういったコンパクトペンの需要ってある程度は見込めるような気がするんですが、どうしても無難な方向に行ってしまうのはちと残念。

スタイルとしてはシンプルで、ストライプ彫りの真鍮軸に金張りが施してあります。小さい割には重量感もあり悪くないのですが、首軸が基本的にプラスチックなので、ちょっとリアヘビーな感じは拭えませんね。
 
イメージ 3

ペン先は特殊合金製の小さなもの、鉄ペンですが結構なしなりを感じられてなかなか面白い書き味です。
ペン芯を抱え込むようにかしめてあるので分離するのはちょっと難しいです。
 
こういった可愛いモデルが無くなってしまっているのが残念ですね。

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事