全体表示

[ リスト ]

腰痛を考える

先ほどNHKの番組で腰痛についてやっていました。
・・・腰痛の原因はさまざま。皮膚、筋肉、関節、骨、椎間円板、内臓、脊髄、脳(心)。それでも痛いのは腰。ひどい痛みが伴う場合、寝たまま起きる事ができません。しかし、腰痛患者の85%は画像所見で異常個所が見つからないといいます。逆に、画像所見で椎間板ヘルニアであることがわかっても、痛みを伴わない人もいるのも事実です。・・・

腰部にかかる物理的なストレスとしては、理想的な正しい姿勢で立っている姿勢に対して、椅子に座っている姿勢の方が腰椎椎間にかかる負担が3倍大きいとされています。これは力学的に考えられた値です。
実際、立っている姿勢であっても、前かがみになっただけで体重の3倍以上負担が掛かるというデータが実際にあります。

人間は進化の過程で、骨格がしっかり進化しないまま脳が発達して平衡バランスをとれるようになってしまったため2足歩行をするようになり、そのため腰の負担が大きいと言われてきました。しかし、今の時代でも狩猟民族として生活している種族が存在しますが、その方たちは腰痛を経験したのは木や崖から落ちた時に打撲として痛めた時だけだというのです。その他の原因による腰痛が無いいます。普段から歩く、走る、身体全体の筋肉を使った動きをしている方が、身体を使わない便利な生活スタイルで過ごしている人よりも腰痛が少ないことになります。

運動習慣がある人とない人とを比べても腰痛の有無の差があります。運動習慣がある方が腰痛が少ない。しかし、運動の仕方で問題が発生する場合があります。それは、スポーツとしての運動と身体づくりのための運動です。スポーツは身体の使い方が一定であるものが多く、一部の負担が増えてしまうためです。場合によっては、左右の腰部の筋肉の厚みに差が生じてしまいます。そうなってしまうと日常生活でも筋肉の厚みがある方がおのずと強くなり、頼りがちな行動をします。いわゆるそれが癖です。更に、その癖が益々強い方を頼り、逆に弱い方は使わないまま筋肉は衰えてしまいます。年々その差が広がったり、筋肉の柔軟性が失われてしまう事で動きそのものに異変が起こる様になり、一部の負担が増えるようになってしまします。ゆくゆくは腰痛の原因を作ってしまうことに繋がります。身体の歪みが発生する原因です。

身体づくりのために運動をしている場合にも同様のことが言えますが、腰痛を起こさないポイントは、前後、左右の筋バランスにあります。筋肉の厚み(筋量)や柔軟性、筋出力を低下させないようにしながら運動を継続していくことが大切です。
筋出力を低下させないようにするためには、筋肉中の疲労をいかに取り除き、筋肉中のエネルギーを補充するかにあります。そこは血流を滞らせないようにすることがポイントです。その為に必要な行為が、ストレッチやマッサージ、鍼灸、整体などがあります。いわゆるケアです。定期的にケアを受けることで筋出力が低下せずに、いつものように筋肉を使う事が可能になります。筋出力が低下すると力を発揮できない状態ということですので、その状態で動くことで、筋肉の損傷や関節の負担が増加することにつながってしまいます。結果、腰痛になってしまうということです。そうならない為にケアが必要と言われている理由です。

次に精神的なストレスですが、これも原因はさまざまです。しかし、厄介なのが精神的なストレスの方かもしれません。知らず知らずに積もり積もったストレスが、脳のストレスを抑制しようとするホルモンの分泌を弱めてしまうのです。その結果、脳が興奮したままになり、正常ではなくなってしまいます。そうなった時、身体の弱いところに異変が生じます。症状もさまざまですが、そのひとつが腰痛になることもあります。脳は身体の司令塔です。脳の場所によって、司令塔の位置も異なります。異常になった状態で腰の領域の司令塔が興奮したとき、腰に問題がなくても腰が痛い、辛い、重いというさまざまな症状が発生してしまう。これが心因性による腰痛です。その場合、腰の治療をしても良くなる事がありません。脳の興奮を抑えないことには一向に良くならないのです。

そこで必要になるのが心理カウンセリングや正しい運動によってストレス値を下げることです。なるべくストレスとなる要因を排除し、正しい身体の使い方を理解しながら行動することで不安を取り除いていくのです。また、筋力をアップすることで筋出力がアップし、身体が今まで以上に動かしやすくなったり、関節の負担が少なくなることから、身体のバランスが安定し、身体を動かすことに対して安心感が生まれます。そこまでになるには長い目で見て行く事が必要で、ケアも怠ることなくしていく事も大切です。

自分の身体を理解し、向き合う事で腰痛は改善、予防できてきます。

とは言いましても、ここで書き込んだ内容は原因不明の腰痛とされる85%の人についてです。逆に、残り15%の腰痛は、危険性が高い腰痛です。
例えば腰痛と同時に発熱がある場合はしっかり医師のいる医療機関に受診しましょう。医療機関での検査は必要です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事