全体表示

[ リスト ]

塩分

http://lifestyle.jp.msn.com/beauty/news/mynaviwoman/%E5%A1%A9%E3%81%AF%E3%81%9D%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AB%E6%82%AA%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%84%EF%BC%81%E5%A1%A9%E5%88%86%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E2%80%95%E7%B1%B3%E7%A0%94%E7%A9%B6

↑こちらの記事はMSNライフスタイル「塩はそんなに悪くない!塩分の真実―米研究」のリンク

熱中症の予防としてこまめに水分を補給することを
呼びかけられていますが、基本は真水でも真水ばかり
摂取し続けると、血液中の塩分濃度が低下して電解質
異常になってしまうことがあります。電解質というものは
筋肉を動かすときに必要な物質ですが、そのなかには
ナトリウムイオン、カリウムイオン、カルシウムイオンが
含まれます。ナトリウム=塩ですので、塩分濃度の低下は
筋肉の働きが悪くなってしまいます。
逆に塩分の摂りすぎは、血圧が高くなり心臓や脳血管に
悪影響です。しかし、不足も身体には悪影響。
適度な量を摂る事が大切です。

電解質の補給にはスポーツドリンクが有名ですが、
高齢者の場合、スポーツドリンクよりもOS-1の方が
当分が低く、塩分が少し多く熱中症の予防には
OS−1の方が有効とのこと。残暑を乗り切るために
OS-1を補給しましょう!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事