全体表示

[ リスト ]

原因不明の筋麻痺

現代医療は、工学なしには発展していけませんね。最新の方法が早期リハビリに応用できれば、筋肉の衰退を抑え、早期に日常生活が可能となるでしょう。しかし、一般的になるにはまだまだ先のこと。脳ー神経ー筋の神経伝達を良くする方法は、他にもございます。鍼灸もそのうちのひとつ。また、当館では、スーパーテクトロンを利用して、独自の方法で、原因不明の運動神経麻痺により引き起こされた筋肉が動かない症状(他動運動は可能であるが自動運動ができない状態)を改善した症例がいくつもございます。下記2つの症例においても改善しました。

        記

症例1:ある朝突然、片側の腕が上に上らなくなった(肩関節屈曲困難)。病院で肩周囲のレントゲン検査や脳のMRI画像検査等あらゆる検査を受けたが異常なし。痛みは特にない。触られた感覚はある。特定の筋肉だけが動いていない。握力は左右正常の値。原因不明

症例2:テニスをやっているのだが最近よく転ぶようになって病院で診てもらい下垂足と診断を受けたが原因は不明。脳、腰椎MRI検査を受けたが異常なし。...

以上

同様の症状でお困りの方は是非一度ご来館頂きたいと存じます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事