全体表示

[ リスト ]

「ソイチェック」をシェアさせていただきます。

現代では更年期症状は男女共におこりうる症状であることが解明されています。女性は女性ホルモンの減少、男性は男性ホルモンの減少が主な原因ですが、症状は個人差があります。

女性の更年期症状に大豆イソフラボンが有効であるというのは有名ですが、最新情報では、いくら大豆イソフラボンを摂取していても効果が実感できなかったり、逆に過剰摂取によって症状が悪化したりと副作用も確認されています。

ではなぜ、そのように個人差があるのでしょうか。
それは腸内細菌に原因があったようです。大豆イソフラボンを摂取して腸の中で、特定の腸内細菌によってエクオールという物質に変換され、エクオールが腸で吸収されることで血液の中に取り込まれ、血液循環によって必要な場所に運ばれていくメカニズムが解明されています。

即ち、特定の腸内細菌が腸の中にいない場合、いくら大豆イソフラボンを摂取してもエクオールに変換されません。逆に、特定の腸内細菌がしっかり定着している方が、過剰に大豆イソフラボンを摂取した場合は、過剰にエクオールを生成することでホルモンバランスが崩れ結果として症状が悪化してしまうことになります。

ここまで解明されてきているなら何が重要か。それは、自分の腸の中に特定の腸内細菌がいるのかいないのかを知る必要があります。と言っても腸内細菌を調べるとなると大がかりです。そこで、簡易的な検査が既に行われているのをご存知でしょうか。しかも、病院に行かずに検査が受けられるというのです。

最新情報によりますと、更年期症状のひとつで腱鞘炎がありますが、検査結果でエクオールが作られていない場合、大豆イソフラボンを摂取しても無意味になります。そこで、エクオールを摂取するようにしてから改善した症例報告があります。

腱鞘炎は使いすぎで起こるとされてきましたが、既に、ホルモンバランス異常が原因と解明されています。特定の腸内細菌が腸にいなければ大豆イソフラボンを摂取していてもその効果は期待できません。いるかいないかは検査を受けてみればわかることです。

更年期症状が出始めて、これから大豆イソフラボンを積極的に摂取しようとしている方、まずは検査を受けてみてはいかがでしょうか。

当館では、更年期症状や腱鞘炎の改善を目的として来館される患者様へも同様のアドバイスを提供しております。

鍼灸は、血行促進作用、消炎作用など症状改善に効果が期待できる療法です。更に、早期改善を図る為には、こういったことを併用することで、相乗効果が期待できます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事