全体表示

[ リスト ]

暑さ対策に次の一手

ここまで暑さが続くとなると、熱中症の判断と応急処置法、また対策は、次の一手が必要ですね。
まず、身体が連日の高温にさらされている為に熱疲労が起こります。
更に、夜は寝ている様でも体温が下がらず眠りは浅くなっていつの間にか睡眠不足状態になっています。
睡眠不足は熱中症になりやすい事は有名です。ではどうすれば良いでしょうか?
そのヒントはスポーツの最前線から得ることができます。
判断については、自覚症状だけでなく体温、可能であれば肛門に直接体温計を刺して測る方法で直腸温を測定して深部体温を測ることがベストでしょう。
公共機関にはAED同様に「CoreControl」という深部体温を急速に下げる装置を設置するというのも必要になるでしょう。
入浴は、ぬるま湯に炭酸ガスを発生させる入浴剤を入れて炭酸泉浴を10分程度浸かると良いでしょう。
良質の睡眠を取る為に、寝室は27℃以下に下げて寝ている間の体温がしっかり下がるように寝室の環境を整えると良いでしょう。
根拠となる詳細としてリンクを貼りましたので、興味がある方はご覧ください。
http://ath-trai.net/column/detail.php?id=29
「アストレコラム 米国で開発された秘密兵器!! アスリートのパフォーマンスが驚異的にアップ」参考
http://www.jyutansan.com/interview/suetake.html
「トップアスリートの疲労回復に」参考
http://www.terumo-taion.jp/health/senior1/02.html
「テルモ体温研究所 1日の体温変化」参考

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事