過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ボランティア鍼灸治療

震災から2週間。避難生活を強いられている方々のことを想うと居ても立っても居られない。
誰もがそう想うことでしょう。自分には何ができるか。
自分は鍼灸師。
今日は、いわき市鍼灸師会の先生とボランティア鍼灸治療を行いました。
避難所を3か所回り、避難所の責任者に声をかけてもらって治療希望者に集まってもらい無料で
鍼灸を施しました。
NHKの番組でも、避難所生活を強いられている方々の多くの症状が肩こりであるといっていたように、
頚肩部が最も多く、胸背部、腰部、下肢の症状を抱えた方も多かったです。
治療したほとんどの方が鍼灸治療は初めてとのことでした。
 
鍼灸だけではなく、私は健康運動指導士でもあります。
治療は頻繁に受けられるものではありません。
避難生活は長期間に及ぶと言われています。
原発問題や津波で住まいを失った方々です。
症状の改善は治療を受けることだけではなく、予防が大切です。
正しい運動方法を実践することは、予防につながります。
是非指導した内容を避難生活の中に取り入れてほしいと思います。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事