過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

患者様の健康を守る為に知っておくべき知識。
患者側も自分の身体を守る為には知っておいてほしい知識。
やっと公にされたようです。NHKニュースをシェアいたします。
http://www3.nhk.or.jp/ne…/html/20170422/k10010957281000.html
...
この記事に関連した内容としてリンクを貼ります。
実際、副作用が出た場合、パーキンソン病に似た症状にもなることがあります。
厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬剤性パーキンソニズム  平成18年11月
http://www.info.pmda.go.jp/juutoku/file/jfm0611009.pdf

長期間服用してはいけない薬を長期間服用した場合、解毒能力には個人差がある為、
解毒能力の低い人の場合に副作用が起こる可能性が高いと考えられます。
遺伝子の検査をすることで、解毒能力に関連する遺伝子の数値が日本人の場合、他の国の人々よりも
低い方が多い可能性があるようです。

一度、長期服用してしまうと、いわゆる薬物依存状態になる様です。その為、一気に薬をやめてしまうと
離脱症状という様々な症状が出てくるようです。薬をやめたいけどやめられない状態になります。
その様な場合、減薬治療と言って、長期的に、微量ずつ減らしていく治療があるそうです。
その様な場合でも離脱症状が出る事が知られています。

減薬治療と併用すると良い療法のひとつにも鍼灸が有効であることが認められています。
当館では、鍼灸治療と一緒に運動療法の指導が可能です。どのような運動がどのくらい必要なのか。
個人差がありますので、鍼灸治療と併用しながら進めて参ります。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事