無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
「ソイチェック」をシェアさせていただきます。

現代では更年期症状は男女共におこりうる症状であることが解明されています。女性は女性ホルモンの減少、男性は男性ホルモンの減少が主な原因ですが、症状は個人差があります。

女性の更年期症状に大豆イソフラボンが有効であるというのは有名ですが、最新情報では、いくら大豆イソフラボンを摂取していても効果が実感できなかったり、逆に過剰摂取によって症状が悪化したりと副作用も確認されています。

ではなぜ、そのように個人差があるのでしょうか。
それは腸内細菌に原因があったようです。大豆イソフラボンを摂取して腸の中で、特定の腸内細菌によってエクオールという物質に変換され、エクオールが腸で吸収されることで血液の中に取り込まれ、血液循環によって必要な場所に運ばれていくメカニズムが解明されています。

即ち、特定の腸内細菌が腸の中にいない場合、いくら大豆イソフラボンを摂取してもエクオールに変換されません。逆に、特定の腸内細菌がしっかり定着している方が、過剰に大豆イソフラボンを摂取した場合は、過剰にエクオールを生成することでホルモンバランスが崩れ結果として症状が悪化してしまうことになります。

ここまで解明されてきているなら何が重要か。それは、自分の腸の中に特定の腸内細菌がいるのかいないのかを知る必要があります。と言っても腸内細菌を調べるとなると大がかりです。そこで、簡易的な検査が既に行われているのをご存知でしょうか。しかも、病院に行かずに検査が受けられるというのです。

最新情報によりますと、更年期症状のひとつで腱鞘炎がありますが、検査結果でエクオールが作られていない場合、大豆イソフラボンを摂取しても無意味になります。そこで、エクオールを摂取するようにしてから改善した症例報告があります。

腱鞘炎は使いすぎで起こるとされてきましたが、既に、ホルモンバランス異常が原因と解明されています。特定の腸内細菌が腸にいなければ大豆イソフラボンを摂取していてもその効果は期待できません。いるかいないかは検査を受けてみればわかることです。

更年期症状が出始めて、これから大豆イソフラボンを積極的に摂取しようとしている方、まずは検査を受けてみてはいかがでしょうか。

当館では、更年期症状や腱鞘炎の改善を目的として来館される患者様へも同様のアドバイスを提供しております。

鍼灸は、血行促進作用、消炎作用など症状改善に効果が期待できる療法です。更に、早期改善を図る為には、こういったことを併用することで、相乗効果が期待できます。

開く コメント(0)

自律神経

今週は、日照不足からの低温が続いていた天候から一変、気温が高く蒸し暑い日が続いています。
人間の身体は、一定の気候条件が続いた方が自律神経のバランスが保ちやすくなります。
しかし、変化が激しかったり、こう暑さが続けば、クーラーが効いた屋内と蒸し暑い屋外を行き来する回数が多ければ多い程、自律神経のバランスは崩れやすくなります。

ただ、影響を受けやすい人とそうでない人がいますので、全ての人が体調が崩れるわけではありません。
では、残念ながら体調を崩してしまった方は、何をすればよいのでしょうか。

病院へ行って治療を受ける。薬を処方されて様子をみる。薬を服用しても何だかよくならない。という事ありませんか?

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つの神経を総称です。どちらか一方の神経の興奮が続いてしまう事で体調が崩れます。一般には交感神経が興奮し続けることをストレス状態といって体調が崩れるとされていますが、実は、副交感神経の興奮が続いていて体調が崩れるタイプの方もいらっしゃいます。
バランスが取れていて、どちらかが優位であれば問題が無いのですが、過度にどちらか一方が興奮し続けるというのは、人間が活動するうえでは不都合になってしまうのです。

鍼灸は副交感神経を優位にするとうたった説明が多いのですが、実際には両方に刺激を与えることができます。その為、施術をする「今」の状態を把握する必要があります。また、日常生活の活動において、患者様自身がどのようにすれば自律神経のバランスを取る事が出来るかは、多くの知識と対処法をマスターする必要があります。その対処法を間違ってしまうと逆効果になってしまうのです。

まずは、自分がどのような状態なのかを知る必要があります。
当館ではその状態を把握する為、時間を掛けて施術をさせて頂いております。
自律神経のバランスを取るということは、簡単な事ではないからです。
なぜなら、問題は自律神経そのものではないからです。

詳しいお話は、定期的に施術を受けられていればご理解いただけると思います。
一回では良くならないのか?
答えはズバリ はい です。
ご理解いただくには身体の仕組みをご理解いただく事も必要です。
ネットや雑誌に書いてある様々な健康法の中には、古い記事や間違った方法もございます。
正しい知識を得るには、それ相応時間が掛かります。
専門家の方々は、膨大な知識を習得するために時間を掛け年月を掛けています。
一般の方々にそれをそのまま習得していただく事は不可能です。その患者様に
必要な情報を提供して、患者様自身にも身体の事をご理解いただきながら日常生活にも
活かすことが出来て、はじめて身体が良い方向に変化します。

施術を一回受ければ治るのは、限られた症状のみです。

自然環境の変化で体調を崩してしまう症状は、ここ何年かの異常気象で更に悪影響となります。
対処方法は、まずは自分自身の身体の仕組みを知る事が必要となります。

開く コメント(0)

ラジオ体操について

yahooニュースをシェアさせていただきます。

医師が監修したラジオ体操の解説本が販売10万部を突発!そして今度は、ラジオ体操について医師が警告!
当館に来館される患者様の中には、ラジオ体操を行ったことが原因で体調を崩された方々が年に数名はいらっしゃいます。では、全国では?その様なデータはございませんが、1部の方々が怪我をしていることは事実です。
なぜラジオ体操で怪我をしてしまうのか?それは問診と実際に身体を動かしてもらうことでわかります。健康運動指導士だからわかること。鍼灸師だからわかりこと。介護予防運動指導員だからわかること。当館では診る視点を変えることでわかることがあります。
ちなみに、ラジオ体操は1940年代に今の形になり、それから変わることなく続いている体操です。ストレッチ体は1980年代から。2000年代からはみんなの体操が始まりましたね。高齢化社会に合わせて考案され、ラジオ体操に変わる体操として始まった経緯があるものの、長年行われてきたラジオ体操ですから曲が流れれば身体も自然に動かせますが、みんなの体操の曲が流ても自然に身体を動かせる人は少ないでしょう。運動週間の無い...方が久しぶりに運動を始めるのであれば、みんなの体操がお薦めです。
また、早朝から反動をつけてスピード感のある動きやダイナミックな動きに筋肉の機能が対応出来ない事があるため、条件が揃えば誰でも筋肉を痛めてしまう恐れがあります。夏休みに小学生が行うラジオ体操は、休みだからいつまでも寝てないで、規則正しい生活リズムをとらせる様にと戒めとしての目的があると言えるでしょう。大人で関節軟骨の厚みが薄くなっている方は要注意です。子供の頃のようには、関節が動かなくなっています。今の自分の身体を知ることが大切です。そして、自分の身体に合ったエクササイズをする事で、怪我の予防になり、健康な身体作りが可能となります。

開く コメント(0)

こちらがその44種類のお薬だそうです。
アルプラゾラム(コンスタン錠、武田テバ 他/ソラナックス錠、ファイザー 他)
エスゾピクロン(ルネスタ錠、エーザイ)
エスタゾラム(ユーロジン錠、同散、武田テバ 他)
エチゾラム(デパス錠、同細粒、田辺三菱製薬 他)
オキサゾラム(セレナール錠、同散、第一三共 他)
クアゼパム(ドラール錠、久光製薬 他)
クロキサゾラム(セパゾン錠、同散、第一三共)
クロチアゼパム(リーゼ錠、同顆粒、田辺三菱製薬 他)
クロラゼプ酸二カリウム(メンドンカプセル、マイランEPD)
クロルジアゼポキシド(コントール錠、同散、武田テバ 他)
ジアゼパム(セルシン錠、同散、同シロップ、同注射液、武田テバ 他/ホリゾン錠、同散、同注射液、丸石製薬 他/ダイアップ坐剤、高田製薬)
ゾピクロン(アモバン錠、サノフィ 他)
ゾルピデム酒石酸塩(マイスリー錠、アステラス製薬 他)
トリアゾラム(ハルシオン錠、ファイザー 他)
ニメタゼパム(エリミン錠、大日本住友製薬)
ハロキサゾラム(ソメリン細粒、同錠、第一三共)
フルジアゼパム(エリスパン錠、同細粒、大日本住友製薬)
フルタゾラム(コレミナール錠、同細粒、沢井製薬)
フルトプラゼパム(レスタス錠、日本ジェネリック)
フルニトラゼパム(サイレース錠、エーザイ 他/ロヒプノール錠、中外製薬 他)
フルラゼパム塩酸塩(ダルメートカプセル、共和薬品工業)
ブロチゾラム(レンドルミン錠、日本ベーリンガーインゲルハイム 他)
ブロマゼパム(レキソタン錠、同細粒、中外製薬 他)
メキサゾラム(メレックス錠、同細粒、第一三共)
メダゼパム(レスミット錠、塩野義製薬 他)
リルマザホン塩酸塩水和物(リスミー錠、塩野義製薬 他)
ロフラゼプ酸エチル(メイラックス細粒、同錠、Meiji Seika ファルマ 他)
ロラゼパム(ワイパックス錠、ファイザー 他)
ロルメタゼパム(エバミール錠、バイエル薬品/ロラメット錠、あすか製薬)
クロナゼパム(リボトリール錠、同細粒、中外製薬/ランドセン錠、同細粒、大日本住友製薬)
クロバザム(マイスタン錠、同細粒、大日本住友製薬)
ミダゾラム(ミダフレッサ静注、アルフレッサファーマ)
ニトラゼパム(ネルボン錠、同散、第一三共 他/ベンザリン錠、同細粒、塩野義製薬 他)
アモバルビタール(イソミタール原末、日本新薬)
セコバルビタールナトリウム(注射用アイオナール・ナトリウム、日医工)
ペントバルビタールカルシウム(ラボナ錠、田辺三菱製薬)
フェノバルビタール(フェノバール原末、同散、同錠、同エリキシル、藤永製薬 他/フェノバール注射剤、藤永製薬/ワコビタール坐剤、高田製薬/ルピアール坐剤、久光製薬/ノーベルバール静注用、ノーベルファーマ)
フェニトイン・フェノバルビタール(複合アレビアチン配合錠、大日本住友製薬)
フェニトイン・フェノバルビタール・安息香酸ナトリウムカフェイン(ヒダントール配合錠、藤永製薬)
プリミドン(プリミドン錠、同細粒、日医工)
トリクロホスナトリウム(トリクロリールシロップ、アルフレッサファーマ)
ブロモバレリル尿素(ブロバリン原末、日本新薬 他)
抱水クロラール(エスクレ坐剤、同注腸用、久光製薬)

開く コメント(0)

患者様の健康を守る為に知っておくべき知識。
患者側も自分の身体を守る為には知っておいてほしい知識。
やっと公にされたようです。NHKニュースをシェアいたします。
http://www3.nhk.or.jp/ne…/html/20170422/k10010957281000.html
...
この記事に関連した内容としてリンクを貼ります。
実際、副作用が出た場合、パーキンソン病に似た症状にもなることがあります。
厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬剤性パーキンソニズム  平成18年11月
http://www.info.pmda.go.jp/juutoku/file/jfm0611009.pdf

長期間服用してはいけない薬を長期間服用した場合、解毒能力には個人差がある為、
解毒能力の低い人の場合に副作用が起こる可能性が高いと考えられます。
遺伝子の検査をすることで、解毒能力に関連する遺伝子の数値が日本人の場合、他の国の人々よりも
低い方が多い可能性があるようです。

一度、長期服用してしまうと、いわゆる薬物依存状態になる様です。その為、一気に薬をやめてしまうと
離脱症状という様々な症状が出てくるようです。薬をやめたいけどやめられない状態になります。
その様な場合、減薬治療と言って、長期的に、微量ずつ減らしていく治療があるそうです。
その様な場合でも離脱症状が出る事が知られています。

減薬治療と併用すると良い療法のひとつにも鍼灸が有効であることが認められています。
当館では、鍼灸治療と一緒に運動療法の指導が可能です。どのような運動がどのくらい必要なのか。
個人差がありますので、鍼灸治療と併用しながら進めて参ります。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事