Journal

すべて表示

霧降の松

イメージ 1

昨日、一心寺へ行った折に
北門から入って少し上がったところに
枯れた松の幹と石碑を見つけました。
「きりふ里能松」(きりふりのまつ)とあります。
傍に植えられたひょろひょろの松はご愛嬌。

イメージ 2


“幸村に追い詰められて窮地に陥った家康が身を隠し、
その時に松が霧を吹いて救ったと”
という伝説があるそうです。

隣に歌碑が立っています。
「かへりきて又もや見なん坂の松
 すみあらすなよ元の庵を」
とあります。
下の句が全部読めなかったので
高校の国語の恩師に助けてもらいました。
(一心寺再興の祖、本誉存牟上人の歌だそうです)

この歌碑、そんなに古いものではないようですが、
枯れた松、果たして何を見るや

イメージ 3



.


みんなの更新記事