ボディーコーティング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

 
江戸川区のU様からボディーコーティングのご用命頂きました。
 
車種はベンツ E55
 
 
イメージ 1
 
鉄粉を落として下地を綺麗に磨いてからのリアルガラスコート Gzox を施工します。
 
 
イメージ 2
 
 
                  ピカピカ艶々になり気持ちよくオーナーは帰っていただきました。
 
           今回は施工期間3日  工賃50000円でした。
 
 
                   
                  中山モータースHP       
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

Gzox・オデッセイ

江戸川区のO様からボディーコーティングのご用命頂きました。
 
HPをみてTELしてくださいましたO様ありがとうございます。
 
 
   車種はオデッセイ。
 
イメージ 1
 
 
 
                      施工期間3日  工賃40000円です。
 
 
                     中山モータースHP       
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

Gzox始めました!

江戸川区のU様からボディーコーティングのご用命頂きました。
 
車種はマークX
 
今回はリアルガラスコート Gzox でコーティングしていきます。
 
※Gzoxコーティングとは
今までのコーティング剤にない撥水性能
リアルガラスコート最大の特長は、ガラス系被膜コーティングでありながら強力な撥水性能を併せ持つ点です。長年の研究と独自の技術により、基本的には親水性であるガラス系被膜に高レベルの撥水性を持たせることに成功しました。
耐候性   紫外線・酸性雨等、環境の悪影響からボディを守ります。
防汚性   汚れが固着しないので、水洗いでカンタンに流れ落ちます。
接着性   塗装と強く密着し、長期間コーティング性能をキープします。
耐熱性   高温による軟化が起こらず、汚れの抱き込みを防止します。
耐薬品性 排気ガス等に含まれる有害成分による塗装の劣化を防止します。
硬質    強く硬い被膜が、チリ・ホコリ等によるキズ付きを防止します。
光沢    ガラス状被膜ならではのキラめくように美しい輝きを演出します。
ツヤ    厚く透明な被膜で息を飲むように深く質感のある艶を実現します。
高温にも強く汚れが被膜内に入り込まない
リアルガラスコート<ガラス系被膜>
油性の汚れは寄せ付けにくく、汚れも水洗い程度で落とせます。酸性雨などにより塗装面をいためず、長期間にわたり輝きを持続させ、メンテナンスを大幅に軽減。
被膜の軟化はみられず、汚れは水洗いだけで洗い流せる。
従来のコーティング剤 <樹脂系被膜>
高温時に汚れが被膜内に入り込む
油性の汚れが付着しやすく、静電気を帯びやすいため汚れも寄せ付けます。このため、ボディーに付着した水滴などに埃などの汚れが含まれ、乾燥後にボディーに汚れが残留してしまいます。
高温になると被膜が軟化し、汚れを被膜内に抱きこみ、汚れが落ちにくくなる。
テストデータ

キセノンアーク灯 促進耐候性テスト(JIS-K2396)
http://www.gzox.com/beautiful/performance/img/images/img_graph.gif

耐候性試験データー(JIS-K2396による耐候性試験)
http://www.gzox.com/beautiful/performance/img/images/img_graph2.gif

屋外暴露テスト 5ヶ月経過後

従来型コーティングやフッ素コーティングは、撥水効果がほとんど見られないが、Beautiful G'ZOXリアルガラスコートは、強い撥水効果が確認された。
http://www.gzox.com/beautiful/performance/img/images/img_body2.gif
 ↑従来型Beautiful G'ZOXリアルガラスコート↑フッ素系
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
もちろん鉄粉除去からはじまりボディー全体を磨いていきます。
 
塗装もそうですがコーティングも下地作りが仕上がりの完成度に響いてくるのでとても重要な作業です。
 
 
かなりピカピカになりました!
 
Gzoxは保障証が付きますので事故起こした時も安心です。
 
 
工賃60000円です。
 
 
 
中山モータースHP    
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

中央区のO様からボディーコーティングの依頼を受けました。

メルセデスベンツのEクラス。

黒は傷、汚れがよく目立ってしまいメンテナンスに難しいですよね。

今回はポリマー加工を施します。

※ポリマー加工の流れ
まずはボディの隅々まで念入りに洗車し、
表面に付着した鉄粉や異物を取り除く下地処理から始まります。(下地処理が一番大事)
その後、全体の塗装の厚みや再塗装の有無のチェックを行い、
ボディ全体に磨きをかけ、その結果驚くような色艶を取り戻すことができるのです。
その蘇った塗装面を保護するためにポリマーを塗って皮膜を形成し、
傷やしみがつきにくくなるようにするのです。

工賃 56000円 です。


中山モータースHP  http://www.nakayamamotors.co.jp

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

葛飾区のO様からボディーコーティングの依頼を受けました。

ジャガー XJ8 4.2
 
ポリマー加工(下処理作業を含み)とホイールコーティングを施工して 70000円 です。

中山モータースHP  http://www.nakayamamotors.co.jp

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事