呟き尾形の今の政治に物申す blog版

日本の政治のあり方を最終的に決定する権利を持っているのは日本国民です。

全体表示

[ リスト ]

行政はインターネットの何をインフラ整備すればいいのか? (政府のインターネットのインフラ整備責任 3) 

※この記事は
http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_6_7_5.htm
のバックナンバーです。(昔の話題なので、7,8年のタイムラグがあります)
 

  こんにちわ。呟き尾形です。
増加するインフラコストをどこで回収するかの議論が必要〜IIJセミナー
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/23/11358.html
 という記事をみつけました。

 内容を読んで、感じた事は、その記事の内容以前のことでした。
 それは、「インフラ整備は行政の仕事じゃないの?」
 ということです。

 そのことについて、私なりに考え、別の場所で指摘された事を踏まえてまとめてみました。

 具体的に、国に何を整備してもらいたいのかといえば、まず、首都圏と地方のインターネット利用環境の格差をなくすこと。
 これにつきます。

 おそらく、首都圏に住んでいる方は感じないと思います。
 しかし、首都圏と地方のインターネットの利用環境の格差はかなり大きいという問題があります。
 
 すると、人が少ないところとの格差は広がるばかりです。
 人が少ないからといって、インターネットのサービスが利用できないのは不公平です。これを民間企業がやっていては、進みません。
 さらに、インターネットを利用した納税、選挙、政治の広報に比重が移っているながれてにおいて、地方だからインターネットが使えない、格差が大きいというのは、大問題です。
 実際、行政は、u−Japanというものを計画しています。
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2005/0224.html
 この記事の中に、
>「いつでも、どこでも、誰でも、何とでも」簡単につながる
>ネットワーク社会のことを「ユビキタスネット社会」と言います。
 という一文があります。
 それに対する私の意見が下記の通りです。
小泉内閣メールマガジン第177号 u−Japanについてを読んだ感想
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/02/177.html
 なんにしても、行政がインフラ整備する責任はあるわけです。

 もちろん、行政がやらずに、現状のまま、サーバーの過負荷は費用負担の問題として、民間でも解決できるのではないのかという考え方もあるでしょう。
 別段私は、民間にインフラの整備をするなとは言いません。
 実際、鉄道は国鉄もあり、私鉄もありました。
 ただ、私は、民間で解決できることだから、行政は手をつけなくていいという考えを一切持っていません。
 なぜなら、行政の存在意義は、社会が求めている事を業務として成し遂げることにあるからです。
 その上で、行政とは、立法により形成された公共の意思や目的(社会全体が求めている事)に基づいた業務を行うものです。
 これを考えたとき、社会がインターネットによって発展しようとしているときに、
 民間で解決できることだから、行政が行わないというのは、単なる怠慢であり、税金の無駄遣いだと考えています。
 続く

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事