ここから本文です
つづきのみどりを守り育てる会
↑クリックでトップへ/都筑区に残された貴重な緑が残る自然豊かな「柚木台」の未来の姿を考える会です/↓スイカズラ

書庫全体表示

 今回から渋沢自治会館から出発、解散という事で時間も10時集合から9時30分集合と変更になりました
 
 ゴールデンウィーク最終日という事で参加者数がどうなるかと心配しましたが、前回と同じぐらいの人数(20名)にはなりました。今回も休日でありながらも、都筑区役所区政推進課課長と職員の方にご参加いただきました。(ありがとうございます、北村会長を始めとして会員一同でお礼申し上げます)

 最初に北村会長の挨拶があり、この観察会を実施する意義と柚木台についてのレクチャーがありました↓

イメージ 1


 20分近くの説明の後、渋沢自治会館を出発して今回のコースである柚木谷戸方面へ向かいます↓

イメージ 2


 柚木谷戸では竹林についてのお話が北村会長からありました。真竹や孟宗竹などの詳しい解説がありました↓

イメージ 3


 柚木谷戸のメインコースを外れて柚木台へ登る山道を途中まで行きます↓
イメージ 4

 柚木谷戸には桐の大木があり、美しい花を咲かせていました。途中、産業廃棄物置き場になってしまう竹林を見学したり、こんな人気のない場所で営業しているワイン専門店「平野弥←クリックのワインセラーを見物したり、ガビチョウ(画眉鳥)の鳴き声を聞いたり姿を見たり、そしてラクビーワールドカップ2019開催のため、新たにラクビー場が新設される荏田小学校前の空き地場所を見学したり、カワセミが営巣する場所などの説明を受けた後、柚木台方面へ向かいました

 柚木台へ向う途中でゴールデンレットリバー犬を連れた女性に合い、タレント犬(有名なタレント犬との事です!)の演技を実演していただきました↓
イメージ 5

 坂を登りきると、多人数でいる私たちに驚きもしないで2羽の高麗雉が別々に現れてくれました。高麗雉をカメラに納めて先に進むと、柚木谷戸で見たよりも、もっと大木の桐が美しい花を咲かせていました。その脇を通りショカッサイが咲き乱れる花園を通り過ぎて、前回(2月)の観察会では落葉して寒々とした雑木林内でしたが、今回は若葉が生い茂り初夏の佇まいの素敵な場所に変わっている所まで来ました。この場所では北村会長から雑木林を利用した炭焼きに関する薀蓄の在る話がありました。また、絶滅危惧種である日本野生蘭のキンラン←クリックが数株咲いているのを確認できました↓
イメージ 6


 この後、柚木台の最高地点まで登り、墓地駐車場前の崖下の不法投棄ゴミについての説明と、都筑区では貴重な植物であるホタルカズラの生息地を見学して渋沢自治会館に戻り、今回の観察会アンケート記入後、解散となりました

後ほど、他の会員の方が写した写真を観察会その2としてUpする予定です

          
         「つづきのみどりを守り育てる会」

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事