全体表示

[ リスト ]




6月に入ってからすぐに「手足口病」を発症して
皆様にご心配をおかけしましたが
8月に入ってからぐんぐん回復に向かい
病気のことを、話題に出来るようになりました


7月の内はメマイが続き
会社で「ポンパド−ル夫人」とからかわれることに〜
フランスの宮廷の貴婦人たちは
「メマイが〜〜」
と、良く使われていたそうです
仲間の教養に感心するしかなかったです


良くなりはじめると、早いです
熱が下がりメマイもしなくなって
食欲も増えました〜〜


長い夏休みがあるので、
8月末まで、何回もアップができません
「風と共に去りぬ」ではなく
「手足口病と共に去りぬ」になってしまいそうです・・・



イメージ 1


GWの群馬の旅を書きたいと思います
宿は、1年前に予約をしました
人気があって、でないと泊れそうもなかったからです

あちこちから眺められた双耳峰の「谷川岳」です


イメージ 2

群馬では霊山とされる「武尊山」です

イメージ 3

車で走っているときに見られた景色です
人に会うこともなかったので、ここがどこなのかわかりません
まだ、雪があたりに残っておりました

イメージ 4



イメージ 12



イメージ 10

雪のあるあたりが峠の頂上で
下るにつれ、春が深まっていきます


イメージ 5


この宿も、1年前に予約した宿です
外国からの客が多かったです
混浴ですが、湯あみ用の洋服が用意されておりました
これはいいな!
感心しました


イメージ 6

これが我々夫婦が泊った部屋のベランダからです
眼の前を谷川が音を立てて流れています

イメージ 7

ベランダから左を見ると〜

イメージ 8



イメージ 9

部屋の前のヤナギの花です

イメージ 11

床の間の生け花

イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15

食事も、群馬産の山海?の御馳走でした
こんな可愛い人形が飾られていて
妻が写しておいてほしい、とのことでした

イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18

宿の近くでは
こんな春の山の花が咲いておりました
見える山桜はオオヤマザクラです
葉がエビチャ色をしております


イメージ 19



イメージ 20



宿の部屋の前を流れていた川の下流です
雪解け水の勢いが凄いですね〜




8月の10日から18日まで、長い夏休みです
「手足口病」のままだと菌をまき散らすわけにはいきませんから
旅には出られませんが
医師からのOKが出ました


この旅も、冬の内に申し込んであります
今は、外国の客が多いので、
なかなかホテルの予約が取れないのです。


旅の帰りには両親の家に行って
元気になった息子の顔を見せてやります
妻に、息子が面倒をかけて申し訳ない、
と言って、僕の回復を望んでいたのです〜
見舞い金も、送ってきてました〜


手足口病、死ぬかとは思いませんでしたが
リストラされるかもしれない、と覚悟をしました


「君の名は。」
「万引き家族」
「この世界の片隅で」
会社を休んだり早退をしたおかげで
観たかった映画をTVで観ることができました
何回でも観たいと思っていた映画でした


皆様に感謝です!


広島に原爆があった日ですね
「この世界の片隅で」の中で
呉からの、その瞬間が描かれておりました

合掌!











開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事