タグ坊人のブログ

民間の船の模型が好きです。

走航会報告

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

トップバッターは鈴木さんの新作艇”若鷹”です。海上自衛隊現役時代に乗船されていたそうです。
ハルはプランクオンフレームで、上部構造はプラバンで製作されています。
素晴らし出来ですね!
イメージ 1

増田さんのオリジナルタグボート”うしわか丸”です。齋藤製作所のスチームエンジンユニットを搭載しています。
ここまでオリジナルで製作されてしまう氏の製作技術に脱帽ですね!
イメージ 2


上田さんの新作”Bratt タグボート”です。フルスケールで製作されていますので、実船とほとんど同じの素晴らしい出来ですね。本物は総アルミ製でタグボートのトレーニング用だそうです。実物の写真はこちらで見れます。

千葉さんの製作中のフェリーです。大型船体で今回はスタビライザーの動作確認テストです。
驚くほど効果があり、船体が傾くことなく旋回しました。スタビライザーの動作機構も全て自作されています。ジャイロではなく、潜水艦のピッチコントローラーを使用しています。
イメージ 4


次は佐々木さんの造船中のフェリーです。総プラバン製です。これも簡単には作れません。
丹念にプラバンににクセを付けてから何枚か重ねて曲げて製作されたそうです。
イメージ 5


永井さんの補給船dす。タイヤをたくさんつけて、作業船の雰囲気が出てきました。
イメージ 6

 
久しぶりの参加の西澤さん。マグニフィセント級戦艦です。
イメージ 7


酒井さんのアンティオタグボートです。力強い引き波をたててカッコいいですね。
イメージ 8

当日のビデオはこちらでご覧頂けます。

この記事に

開く コメント(0)

9月27日の走航会の模様です。

久しぶりのさんかの小野寺さんのタグボート。
イメージ 1

中村さんのドイツ海軍:”シュッツエ”です。
イメージ 2

佐藤さんの新戦艦。長門型戦艦陸奥
イメージ 3

鶴内さんの新作”信濃”です。
ヤマトのハルを流用して製作されたそうです。艦載機はこれから製作されるそうです。楽しみですね。
イメージ 4

中村さんのタイフーン級ロシア戦略原潜。カッコいいですね。
イメージ 5

YSBMオフィシャルビデオ・チャネルはこちらです。

この記事に

開く コメント(4)

トップバッターは新しく参加された武富さんのユリセスタグボートです。

イメージ 1
スペインのオークレー社のキット:ユリセス・タグボートのキットから製作されたものです。
とても綺麗な仕上げですね。

イメージ 2
エンジンは単気筒首ふりエンジンを3台連結して3気筒エンジンに改造されたそうです。とても綺麗なエンジンです。防振の為にエンジンマウントも自作されたそうです。
イメージ 3

ボイラーはガスを燃料としたバナーを装備しています。ニクロム線が赤く光っているのが見えますね。
イメージ 4

とても静かで、優雅な走航ですね。

イメージ 5
こちらは上田さんのタグボートです。ちょうどハロウィンの前だったのでデコレーションされたはしけを押しています。
イメージ 6
近藤さんのトイラジを改造したタグボートです。引き波が迫力ありますね。

イメージ 7
宮川さんのトロール漁船です。本物みたいですね。
イメージ 8
佐野さんのモントレー漁船です。

イメージ 9
千葉さんのタグボートです。マストランプが点灯しています。

イメージ 10
貨客船とタグボートのランデブーです。

イメージ 11
加賀山さんの新作魚雷艇です。ブラシレスモーター搭載でカッコイイ走り方しますね〜。
このブラシレスの音がまるでガス・タービンのようです。是非下記のリンクで動画も見てください。

イメージ 12
鈴木さんのプラモデルを改造したRC貨物船です。今ではこのような貨物船の模型は入手が難しいですね。
完成したらきっといい船になりそうです。

参加者、見学者合わせてみんなで記念撮影です。
イメージ 13

当日のビデオはこちらです。

この記事に

開く コメント(2)

10月12日YSBM定例走航会

今日は精進湖へ行った方が多くまた、連休の真ん中ということで、参加者はとても少なかったです。

それでも初参加の宮川さんが参加してくれました。
まずは宮川さんのType212Aです。静かに潜航中です。
イメージ 1

こちらは熊谷さんのバグゼアータグボートです。
上部キャビンがプールへ落ちてしまいましたが、無事サルベージ終了!
イメージ 2

鈴木さんのドイツ海難救助艇です。
イメージ 3


これは私の小型タグボート。今日は快調に走航しました。
イメージ 4


風もなく、穏やかな日でしたのでシャーホーンも優雅に走航出来ました。
イメージ 5

LNGタンカーも走航させました。
イメージ 6

田さんのキロ型潜水艦です。ダイナミックダイブだそうですが、これがまた非常にリアルに潜航して
一度潜航すると驚く速さで走航します。

イメージ 7

当日のビデオはこちらです。

この記事に

開く コメント(0)

やっと待ちに待った定例走航会を開催しました。

今回初めて参加された、酒井さんの素晴らしいタグボート:アンティオです。
ギミックが満載で、サウンドも勿論、放水銃から放水したりすることが出来ます。
 

イメージ 1

次の船も初参加の高橋さんの大型クチームタグボート、ネプチューンです。
とても綺麗な船です。スチームエンジンを搭載しています。

イメージ 2

さて、YSBM常連の佐野さんは新造のノルウェー風のトロール漁船を持参されました。
デザインといい色使いといいい可愛らしいボートです。
イメージ 3

こちらは佐藤さんのコンテナ船です。完全自設計のハルは紙とスチュロールにグラファイバーコーティング
だそうです。
イメージ 4

こちらも同じく佐藤さんのイラストリアスです。
イメージ 5


小林さんはRCクジラを持参。子供たちに大人気でした。潮をちゃんと噴くのが凄いですね。
イメージ 6

森田さんの超小型タグボート。
全長わずか10cmちょっとの大きさですが、ちゃんとしたホビーラジコンで、
なんとキャビン内まで作り込んであります。
イメージ 7

こちらは山内さんの海上自衛隊の護衛艦”きくづき”です。
カッコいいですね。
イメージ 8

上田さんの港湾タグボート:サルバドーレ・ダリです。実船はバルセロナ港で活躍中。
イメージ 9

中村さんのプレジャー・ボートです。
イメージ 10

代島さんのスチームタグボート・ヘラクレスです。
イメージ 11

千葉さんのイタリアの貨客船:ポルトフェッラーイオ。優雅な感じがいいですね。

イメージ 12

この灯台の模型は千葉さんが製作したもので、LEDと鏡でちゃんと本物の灯台のように光が回転します。
素晴らしいできですね。
イメージ 13

というわけで、後期もYSBM定例走航会をよろしくお願いします。

当日のビデオはこちらです。

この記事に

開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事