ここから本文です
辻おさむの最近の活動ブログ
これまで、YAHOOジオログにて、投稿しておりましたが、6月8日に閉鎖されるとのことですので、こちらのブログに移行しました。
イメージ 1 国会前大集会が呼びかけられるなか、武庫川9条の会では3日、恒例のスタンディングと署名に取り組みました。
イメージ 2イメージ 3イメージ 4
 西大島交差点でのスタンディングでは11人が参加。大型の「アベ政治を許さない」を掲げました。

 また大庄子どもまつりの会場に署名コーナーを特設。「アベ改憲ノ―!」の署名54筆が寄せられました。



この記事に

イメージ 1 28日、私の尼崎市議退任にたいして「感謝のつどい」を開いていただきました。
 ご参加いただいた方、メッセージをおよせいただいた方、企画していただいた実行委員会のみなさんにお礼を申し上げます。

 市議時代に地域で支えていただいた党支部、後援会の皆さんをはじめ、市議以前の党専従時代にお世話になった方々も駆けつけていただきました。本当にありがとうございます。

イメージ 2 なかでも、故木下元二さんの奥さんの陽子さん、ふじき洋子さん、そして先日の衆院選で奮闘された堀内照文さん、現在は県議の庄本えつこさん――なんと4代の尼崎での衆院候補が勢ぞろい!――こんなことは、おそらく初めてです。
 旧兵庫2区(中選挙区=阪神間、淡路)の事務所長だった小西さん、秘書だった宮田元県議、県委員会からも副委員長の森さんや、元県委員長の岡さんなどがご参加してくださいました。
 またいそみ恵子県議、庄本えつこ県議、伝田さんは、木下元二さんやふじき洋子さんの選挙のときのアナウンサー仲間です。
 そして、長浜勝彦元市議、藤本護元市議、菅村哲仁元市議と、真崎一子市議、徳田稔市議、川敏美市議、松沢千鶴市議、小村潤市議(実行委員長)、広瀬わかな市議と現職の6人の市議全員が来ていただきました。
 故田村いくお市議の奥さんからも花束をいただきました。
 
 この日にあわせて、私の「市政レポート」3期目の合本を100部作製し、みなさんにお渡ししました。
 「市政レポート」は12年間発行を続けたのですが、全部合わせてみると、私の発言集、活動記録であり、尼崎の歴史の記録のようです。
 
 しかし、この「市政レポート」の活動ができたのも、私を育てていただいた方々がこんなに大勢いらっしゃったからだと、つくづく感じました。
 私にとって、この「感謝のつどい」は、私がみなさんに感謝する「つどい」だと受け止めています。
  本当にありがとうございました。
 

この記事に

 20日、医療生協本田飲料所前で堀内照文候補が訴え。
 本田診療所の森敬良所長もマイクを握り、堀内候補と日本共産党への支持を訴えました。
 森所長は
 「医療をしていて、お金がなくて医療から遠ざかっている。政治が良くならないと国民の健康も守れない。」
 「安倍政権は戦争への道をまっしぐら。9条守って子どもたちも若者も戦争にやらない政策を。私たちも意思表明をした方がいい」と呼びかけました。

イメージ 1

この記事に

 15日、尼崎城の瓦への記名会がありました。
 私も、議員を辞めたので寄付できることになりました。あいにくの雨でしたが出かけて行って「9条を生かした世界平和を!」と書きました。
 
 尼崎城は寄付によって建設中ですが、お城の「1枚瓦寄付」が募られ、私も応募していました。この日は、瓦寄付に応じた人に瓦に名前を書いてもらうイベントです。
イメージ 1
イメージ 2 

この記事に

 衆院選公示日の10日夕方、阪神尼崎で小池あきら書記局長を迎えての街頭演説です。
 ここでは、6区、7区、8区、9区で野党統一が実現したことをうけ、堀内照文8区候補、上田さちこ7区候補とともに、社民党、新社会党の代表もマイクを握って訴え。
 また緑の党の酒井一尼崎市議も壇上に。
 酒井市議が壇上にいるのを見た元民社党の青年行動隊長だった人が「今度はしゃあないな」と野党共闘に理解をしめしていたということです。
 ここでも歴史的選挙の様相がうかがえますね。

イメージ 1

この記事に

 10日、衆議院選挙の公示日。
 JR尼崎駅前の堀内照文候補の第1声に山下よしき副委員長が来尼。
 ミナセン@尼崎、新婦人の応援のほか、なんと!社民党の元尼崎市議・小柳ひさしさんが壇上に。
 小柳さんは、「歴史的な選挙。私がここに立っていることそのものが歴史的なこと」とあいさつされました。本当にそうですね。
 小柳さんとは、全国ではじめて公契約条例を議員提案したとき、共同で提案した経験があります。
 また、野草平十郎元市長の選挙のときも共闘したのですが、この時はブリッジ共闘でしたので、街宣車にならんで立つことはなかったと記憶しています。
 そういう意味でも、まさに歴史的ですね。
イメージ 1
  

この記事に

 24日、JR尼崎駅北のキューズモール前で志位和夫委員長を迎えての初めての演説。
 兵庫1区〜12区すべての小選挙区の予定候補が勢ぞろいし、決意を述べました。
 「もり・かけ疑惑隠し」「憲法破壊」「くらし破壊」のアベ政権の終焉となるような闘いが求められています。
 ママの会@尼崎の坂本なおさんが応援演説。野党共闘と日本共産党への期待と、死因もがんばる決意を述べました。

 尼崎では公明現職の市民を「ジロリ」とにらんでいるようなポスターが増えています。
イメージ 1





イメージ 2イメージ 3
イメージ 4イメージ 5イメージ 6イメージ 7イメージ 8イメージ 9イメージ 10イメージ 11イメージ 12イメージ 13イメージ 14イメージ 15





 

この記事に

イメージ 1 「安倍9条改憲NO!市民アクション」が提起した3000万人署名に呼応して、武庫川9条の会では「9」のつく日の夕方4時からスーパー前で署名宣伝行動を企画。
 第1回目の行動として19日午後4時から大庄北のウィズ前で署名・宣伝行動をおこないました。
 8人の参加で55筆の署名が寄せられました。
 イメージ 2

この記事に

 こむら潤市議の初質問がありました。
 傍聴者は、大庄関係だけでも総勢23人。私のときよりも多かったかも…。
 性的マイノリティと公共施設の統廃合について質問。
 性的マイノリティは、「13人に1人の割合」――議場を見渡し「この中にも6人いる感覚だ」との発言に、議場内がドヨドヨ…。
 公共施設では、千代木園、福喜園の廃止反対の陳情が出ているのですが、市当局は「廃止とは決めていない」と陳情内容そのものに難色。
 ところが局長答弁では「機能を移転した上で建物は廃止」とはっきり答弁。
 議論は委員会に移ります。
 これからだ!
 がんばれ潤ちゃん!

イメージ 1

この記事に

「アベ政治を許さない」―武庫川9条の会のスタンディングに11人が参加しました。

イメージ 1


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事