BikeでトコトコBirding

この星は、美しい命に溢れています。未来に繋げていきましょう(*^^*)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

水生生物調査にいってきました。
日  時 2018年6月8日(金) 9時30分〜12時
場  所 汁谷川 三重県伊勢市
実施学校 伊勢市立城田小学校 4年生 約54名+教職員2名+2名
三重県環境学習情報センター木村さんに同行

 9時30分 児童集合
 9時35分 学校出発し川へ
       2つにグループ分割(約27名)し、それぞれ3〜4人で1チームに編成。
 9時45分 注意点等の説明
 9時55分 川に入って採集
       タモとバケツを持参して、チームで川の中で活動
10時30分 川から出て休憩(クラス別に):水分補給:生徒の顔色や表情等の確認。

10時50分 クラス別で採集した生きものを観察し、調べる。
       各種別の数をかぞえる、名前や種類を調べる。
       「川の生きもを調べようシート」を活用する。
       「持参した、図鑑」等を貸し出し、調べさせる。
       水生生物と川の環境等の関わりや、生きものについて説明する。
       (生徒への質問形式を用いて、対話形式で話を進める):質疑応答を含む

11時30分 片付け、水生生物を川にもどす。

11時40分 川を出発
11時50分 学校着。(道具の片付け、手足を洗う)

ワイワイ・キャッキャと盛り上がりました。
ザリガニ、タナゴ、メダカ、ヤゴ(2種:サナエトンボ、ハグロトンボ)、コオイムシ、
タイワンシジミ、カワニナ、モクズガニ、エビ、オタマジャクシ、他

後日、「全国水生生物調査結果集計用紙」に記載し提出。
天候 曇り時々晴れ 気温23度 湿度78% 水温19度

次回への改善案
 ・川の足場の悪いところで、転けそうになったりして、ヒザ等をすりむいた生徒がいた。
  口頭で注意喚起をしても、川への意識高揚で、生徒はつい早足になる。
 ●濁って足場の見えにくい川のコンクリートと土の境の場所に、旗棒をたてて注意喚起をする。

 ・タモが2つ壊れた。
 ●水生生物用タモを使った、採取の方法の紹介を事前注意事項説明時に、追加する。

昨年度の内容
https://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/37983640.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事