怒涛の日々の記録

カリフォルニアから戻って来ました。

全体表示

[ リスト ]

7月20日(日)から、家族旅行と称してメキシコに行ってきました。

パパさんも私もメキシコを訪れるのは初めて。それどころか、パパさんの家系でも私の家系でも初めてかもしれない。

まさか、こんな気合いの入ってないメンバー(乳児含む子供3人連れ)でメキシコに行くことになろうとは思っていなかった。

最初、6月に夏休み中の旅行の計画を立てようとしたときには、私の希望は「アラスカクルーズ」か「ハワイでバカンス」だったんだよね。

それで、サンノゼにある「ミツワ」と同じモールにある旅行会社に相談に行ったんだけど、旅行会社の人に、「アラスカクルーズは高額な割に、これからの季節はいまひとつ見られるものがない。」「ハワイは、ガソリンの値上がりで航空運賃が高くなったため、一時期の2倍の値段している。」とのことで、「お薦めしません。」と言われました。

で、代わりに薦めていただいたのが「メキシコでバカンス」。

「ハワイで2つ星のホテルに素泊まり」の値段で、『メキシコなら「5つ星のホテルに3食+スナック+飲み物+お酒付き」で行けます。』と言われて、即、メキシコに乗り換えてしまいました。


そんなこんなで、やってきましたメキシコへ。

サンフランシスコ空港から3時間半。飛行機の中で退屈する幼児3人をなんとかごまかして、どうにかこうにか目的地のPuerto Vallartaに到着しました。特にみーちゃんが「私を床に降ろして!」とばかりに暴れて大変だった。最近、自己主張が激しくなってきたからなあ。。。半年後に日本へ帰国する時にはどうなるやら。

Puerto Vallarta空港は、予想に反して、とっても新しくて立派な空港でした。お店もいっぱいなのでウィンドーショッピングを楽しみたいところだったけど、幼児3人を連れてでは大変なだけなので早々に出口へ。

メキシコの入国審査はすごく簡単。ほとんど無いと言ってもいいくらい。誰でもウェルカム状態なのね。。。代わりにアメリカに戻るときが大変そうだな・・・と思わせるくらいの簡単さでした。

で、出口でこのツアーの案内員さんと落ち合って、ホテルまでのタクシーに乗せてもらいました。もともとは「バスで」という話だったらしいんだけど、到着したのがうちの家族だけだったので、バスを出すほどのことも無かったらしい。

町並みはこんな感じ。
イメージ 1

近代的な建物もあるんだけど、そういうのは観光客向けのホテルばかりみたいで、一般の商店や家はコンクリートの箱みたいな無粋なもの。

こういう道を15分くらい走ると門のようなものがあって、中には別荘らしき家やリゾートホテルが立ち並んでいました。なるほど、リゾートの周りをフェンスで囲って、一般人は入られないようにしている訳ね。

タクシーはそのリゾートを通り抜けてゲートを出て、また直ぐに次のゲートをくぐりぬけて別のリゾートに入って行きました。

このリゾートの中の道が。。。ところどころ、すっごい穴が開いていた。穴が開いているところは連続してボコボコ開いているので、タクシーは穴の開いているところの前で一旦停止し、ボコボコ道をゆっくり走ってからまた綺麗な道をしばらく進み、また止まってボコボコをゆっくり進んで・・・を2〜3回繰り返して、目的のホテルの前まで案内してくれました。

これがホテルの外観。Riu Jalisco http://www.riu.com/en/clubhotel-riu-jalisco-puerto-vallarta-mexico.html
イメージ 2

エキゾチックな感じで立派。写真に納まりきれていないんだけど、ずごく大きなホテルです。でもデザイン的には、上に掲げているホテルのロゴをやめたらいいのに、と思いました。

これがロビー。
イメージ 4

右手がフロントで正面には噴水があります。噴水の上は吹き抜けになっていて、日の光が入ってきています。

さて、チェックインが終わると、その場で腕にテープのようなものが巻かれました。これにはホテルの名前が書いてあって、宿泊客である証拠になります。

「3食+軽食+飲み物+お酒付き」とは、一体どういうものなのかと思っていたけど、つまり、食べ放題の飲み放題。ホテルには5つのレストランとたくさんのバーがあって、腕にテープを巻いている限り、好きなだけ食べて飲むことが出来るわけです。

レストランは早朝から深夜までやっていて、夕方の2時間くらいだけ閉まっています。その2時間の間はバーでホットドックやハンバーガー、サラダが用意されているので、お腹が空いた場合はそれでしのげます。

バーにはお酒のほか、ジュースももちろん用意されているので、外から帰ってきたときにちょっとバーに寄ってジュースをもらってから部屋に帰って・・・とすごく便利になっています。

これはお部屋。
イメージ 3

さっちゃんが手に持っているのはウェルカム・キャンディー。日本でもよく売っているチュッパ・チャップスです。

部屋にはミニバーがあって、お酒が飲めるようになっていました。冷蔵庫にはミネラルウォーターと炭酸飲料。全て、飲み放題です。

ここまでは非常に満足していたんだけど。ここからが問題だった。

汗をかいてベタベタになったので、先ずシャワーを浴びましたが、このシャワーの温度が一定しない!それでも1〜2分間隔で熱い→冷たいを繰り返すならともかく、数十秒で繰り返すので、快適なシャワータイムには程遠い状態。「アチチ、、、うわっ、冷たっ!」っていう感じで忙しい。。。

トイレのドアも建て付けが悪くて、開け閉めするときにすごい音がするし。。。

パパさんは「B級さ加減、爆裂」とか言っているし、先行き不安になってきた。。。

5つ星を取ったっていうのは、大昔の話か?と疑問に思いつつ、夕食をとるためレストランへ。

イタリアン&インターナショナル料理のレストランへ行きましたが、実はここからが5つ星の本領発揮。

レストランはブッフェ形式(日本で言うところのバイキングですね)で、自分で好きなものを取って食べます。ピザやパスタ、肉料理、たくさんの種類のパン、サラダや果物、デザート。とにかく色々な種類の料理が並んでいました。

正直に言ってしまえば、日本の高級ホテルの料理のような繊細な味付けではありませんが、「ここはメキシコ」と思えば上出来の味。私はかなり気に入りました。

いっちゃんはピザを食べまくり、私とさっちゃんはパスタやサラダ、デザートを食べまくり、パパさんは何だか訳の分からないものまで取って来て試しに食べていました。

とにかくご飯が美味しかったので、これからの滞在に希望が持てた夜でした。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

メキシコ楽しかったですか?
メキシコのホテルきれいですね!junior 削除

2008/7/30(水) 午前 5:59 [ fish junior ] 返信する

メキシコ楽しかったですよ〜。ホテルも海も綺麗だし、こんなに楽しめるとは思わなかったくらい♪

2008/8/2(土) 午前 5:26 つきまま 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事