怒涛の日々の記録

カリフォルニアから戻って来ました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

雛が落ちちゃった

私たちが住むアパートの駐車場で、鳥の巣から雛が落ちてきたのは今週の日曜日の朝。

3羽の雛は、駐車場の床の隅で親鳥がエサを運んでくるのをじっと待っていました。

火曜日の夕方には、雛は3羽とも駐車場の外に出て、木にとまっていました。
イメージ 1

駐車場の壁は上の方が開いていて、その外側には木が植えられています。

この木に3羽の雛がとまり、親鳥がエサを運んできたところでした。

写真の壁の上、「23」の文字の少し右側に、親鳥が乗っているんですが見えますか?駐車場が暗いので、どうしても逆光になってしまい、写真が上手く撮れないんですよね。。。(写真をクリックすると、オリジナルの大きさになりますから、探してみてください。)

雛たちは、親鳥が来ている間はエサをもらおうと木の茂みの中を枝から枝へ飛んでいましたが、親がいなくなると、一本の枝にとまったまま、じっとしていました。

水曜日の朝、雛を見ようと茂みの中を探しましたが姿が見えず。

結局、雛を見たのは火曜日の夕方が最後になりました。

木の茂みの中を飛び回っていたことを考えると、無事、巣立ちしたようです。良かった、良かった。

ちなみに、いっちゃんは「羽根が乾いたから、飛べるようになったんやわ!」と言っておりました。それは虫の羽化の話だよ・・・とも思いましたが、雛が駐車場の床や茂みの中で数日間を過ごしたのは、確かに虫の羽化と同じ、大人になって素晴らしい羽根が生えてきても直ぐには飛べない、猶予期間のようなものだったのだと思います。

見ている私たちはハラハラしましたが、雛たちの巣立ちに立ち会えた気がして、とても嬉しく、貴重な体験をさせてもらいました。


ia様から、この鳥はSteller's Jay(カンムリカケス)だと教えていただきました。

親鳥の写真は、こちら↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Steller's_Jay

ね、すごく綺麗な鳥でしょう?

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事