怒涛の日々の記録

カリフォルニアから戻って来ました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

7月23日。メキシコ滞在4日目。

今日のお目当てはイルカと泳ぐアクティビティーに参加すること!

この辺は、町全体で新しいリゾート地になろうとしているらしく、いたるところに「イルカと泳ごう」や「ジャングル探検」や「海賊船に乗ろう」といったアクティビティーの申し込み所があります。

ホテルに着いて直ぐに、私達のツアーのガイドさんにアクティビティーの紹介をしてもらっていたので、すっかり「イルカと泳ぐぞ」という気になっていた我が家の面々。

ツアーのガイドさんに頼まず別のところで申し込んでしまったがために少々すったもんだがありましたが、何とか参加できることになりました。

場所はホテルから車で10分くらいのところにある、SEA LIFE PARK(http://www.sealifeparkvallarta.com/)。

ウォータースライダーのお化けみたいなのがあったので、遠くからでも直ぐ分かりました。
イメージ 1

私達が行った日には、スライダーもプールも閉まっていました。他の日ならやっているのかどうかは分かりませんでした。

園の入り口横にある、アクティビティーのカウンターで受付をしてもらい、いっちゃんとさっちゃんは別々の回で参加することに。本当は、子供2人+パパさんで行ってもらうつもりだったんですが、「子供2人とも小さいから、大人1人につき子供1人にして」と言われ、更に私はプールに入らずにみーちゃんを見ていないといけないので、いっちゃんとさっちゃんが別々の回で行くことになってしまいました。

いっちゃんとさっちゃんが別々の回で行くことになるんだったら、「パパとママがそれぞれについて行けば、パパもママもイルカと泳げるやん」と思った方。そう、本当は私も行こうと思えば行けたんですが、う〜ん、あまり気が進まなかったのよね。。。

私は昔から生き物が大好きなんですが、子供が生まれてからは、生き物の衛生面が気になるようになってしまって、「好きなんだけど、あまり触りたくない」という状態なのです。

そんな訳で、イルカと同じプールに入るのがちょっと・・・。

衛生面が気になるようになった原因である子供達には「行ってきなさい!」って言ったくせにね(;^_^A アセアセ・・

もちろん、みーちゃんはいけませんよ。みーちゃんは。まだまだ箱入りで良いんです!

さて、用心深いさっちゃんが「イルカに噛まれる」と言って行くのを嫌がったので、先ずはいっちゃんがパパさんと一緒にイルカのプールへ。

ライフジャケットを着て、プールにドボン。
イメージ 2

もちろん、プールサイドには参加者しか行けないので、私とさっちゃん&みーちゃんは観覧席からその様子を見ていましたが、遠い。。。

さっちゃんには遠すぎて、何をやっているのか分からなかったみたいですが、それでも私には、いっちゃんの顔が緩みっぱなしなのが分かりました。

イルカに触らせてもらったりキスしてもらったり、目の前でジャンプしてもらったりして、いっちゃんはキラキラ輝かせた目でイルカの姿をず〜っと追いかけていました。

ここに来て、いっちゃんが羨ましくなってきたさっちゃん。

くり返し、「さっちゃんもイルカさんと泳ぎたかった。」「さっちゃんも行くの。」と言い出した。

しめしめ。もうお金を払ったんだから、行ってもらわないと困るのよ。

更にさっちゃんは「やっぱりね。行きたくなると思った。」と、芝居がかった様子で私の台詞まで言いながら、ウロウロ。

もともと、新しいことを好まないさっちゃんですが、最近はいっちゃんのやっていることを羨ましがるときもあって、こういうことをする前には、お金を払うかどうか迷ってしまいます。

でも今回は「イルカさん登場」ですから、きっと羨ましがるに違いないと私は踏んでいたわけです。実際にイルカに近づく時に逃げるかもしれませんが。

さて、無事にいっちゃんの回が終わって、大満足で帰ってきたいっちゃん。

さっちゃんは「いっちゃん、イルカさんと泳いだ?」などと羨ましそう。

さっちゃんの回までは少し時間があったので、一旦ホテルまで戻りました。

その間も「さっちゃんもイルカさんと泳ぎたかった。」とブーブーこぼす、さっちゃん。

もちろんですとも。嫌がっても行ってもらいますよ〜。

とは言わず、ちょっと休憩してからもう一度SEA LIFE PARKへ。

今度こそ、さっちゃんとパパさんのペアでイルカプールへ。

観覧席から、緊張した面持ちでプールサイドに立っているさっちゃんが見えました。

いよいよプールに入る段になって、さっちゃんが突然、脱兎のごとく逃走!

私は唖然として見ていましたが、パパさんがすばやくさっちゃんを捕まえて、そのままプールにドボン!

プールの中では逃げ出すことも出来ず、さっちゃんは少し緊張しながらも言われたとおりにイルカさんに触ったり出来ているように見えました。

後でパパさんに聞いたところによると、「こんなんいやや。もう帰りたい。」「もういやや。帰りたいの。」とずっとブツブツ言っていたそうです。

さっちゃんが文句を言っていても、イルカさんはちゃんと仕事をしてくれます。握手してもらってキスしてもらって。

写真はカメラマンさんが撮ってくれて、帰りに買うことが出来ます。

最低4枚は購入しないといけないので、いっちゃんとさっちゃんの写真を2枚ずつ買いました。合わせて50ドルちょっと。高いけど、思い出だから仕方ないか・・・。

良い顔をしているいっちゃんと、迷惑そうなさっちゃん。その日の様子が凝縮されたような写真です。
イメージ 3

イメージ 4

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事