怒涛の日々の記録

カリフォルニアから戻って来ました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

8月から、さっちゃんが保育所に通い始めました。

本当は、アメリカに来て直ぐに保育所に入れるつもりだったんだよね。

でも、うちで一番手のかかるお兄ちゃんが学校へ通い始めたので、私としては、さっちゃん&みーちゃんが家にいてもそんなに大変ではないし、お兄ちゃんの学校の送り迎えやら行事やらで忙しかったりして、さっちゃんの保育所探しが棚上げ状態になってしまっていた。

更に、新しいことに慣れるまで時間がかかるさっちゃんは、アメリカに来てから白人さんや黒人さんを見ると私の影に隠れたりしていて、なかなかアメリカの環境に馴染めなかったので、保育所に入れることに迷いがあったの。「保育所に放り込まれても、さっちゃんは迷惑なだけだろうし、私が家にいるのにそんな無理をさせなくても。。。」って。

でも最近になって、さっちゃんは急にアメリカという環境に慣れてきたらしく、白人さんや黒人さんに過剰な反応を示さなくなった。そして7月に行ったFoothill Parkのキャンプファイアーで、見知らぬ白人のおじさんと並んでマシュマロを焼きながら、なんだかんだと日本語でしゃべりかけているのを見て、「これなら保育所に行って楽しめるかも」と思って、保育所に行かせることにしました。

さて、保育所選びですが、私達が日本からアメリカへやってきた当初、いろいろな人にこの辺の保育所の評判を聞いたりホームページを見たりして情報収集していました。

その中で、「通わせている親御さんの満足度が高く」、「直ぐに入れて」、「ボランティアをしなくていい」という理由で第一候補として上がっていた「Palo Alto Montessori Preschool」という保育所に決めて、さっちゃんに通ってもらうことにしました。

当のさっちゃんの様子ですが、

1日目:朝、登園すると皆は畑の水やり中。さっちゃんもいきなりジョウロを持たされて、水やりをさせられているうちにパパ&ママは退場。先生の話ではその日1日、泣くことも無くご機嫌で過ごした様です。

2日目:登園すると大泣きに。先生に抱きかかえられ、大暴れしているさっちゃんを残してパパ&ママ退場。ママはかなり罪悪感を感じて、辛かった。。。でも、お迎えに行くと、すごくノリノリでお絵かきしていました。

3日目:前日同様、登園してお別れのときに大泣き。ママも辛くて胸が痛みました。でも、お迎えに行ってからリュックの中を見ると、持って行かせたお弁当&おやつ(2回分)がすっかり無くなっていて、「物が食べられるんだったら大丈夫!」と心強くなりました。

4&5日目:朝起きてきてから「服、着替えな〜い。保育所、行かな〜い。」と言い出した。そして服を着替えるまで時間の掛かること掛かること。でも、「3歳の子は、家でごろごろしてたらダメなのよ。皆、保育所行ってるでしょ!」と言うと納得して登園。

2週目からはお友達も出来て、楽しそうに通えるようになりました。「保育所楽しい?」と聞くと、「うん!楽しいよ、もっちろん!」という答えが返ってきて一安心。

そう、お友達と言うと、Palo Alto Montessori Preschoolにはやたらたくさんの日本人の子が通っています。

ロッカーに貼られた名前を数えてみると日本の名前が11個!半数近くが日本人みたいです。

でも皆が遊んでいるところを見ると、日本人じゃない子が目立つので、毎日11人全員が来ている訳でもなさそうです。

さっちゃんとよく遊んでいるのは日本人の女の子達。たぶん5人います。人見知り&場所見知りのさっちゃんが新しい保育所にすんなりと馴染めたのはこの女の子達がとっても気を使ってくれて、話しかけてくれたり手をつないでくれたりしたからです。ありがたい限り。

「さっちゃんバイリンガル化計画」はそんな理由で潰えたみたいですが、楽しそうに通えるのが一番♪

日本に帰るまで半年もありませんが、たくさん楽しいことがありますように!

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事