怒涛の日々の記録

カリフォルニアから戻って来ました。

アメリカ生活

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

夏休み初日!

カリフォルニアでは昨日(6月13日)から学校が夏休みです。

水曜日には体調が悪かったいっちゃんですが、病気なんてどこへやら、夏休み初日も元気に7時に起きてスポーツニュースをチェック。パソコンでもプロ野球の結果をチェックして阪神タイガースの独走状態を喜んでおりました。

7時に起きてもその後はのんびり。午前中は家で過ごしましたが、退屈なのかいっちゃん&さっちゃんはケンカばかりしているし、みーちゃんも機嫌が悪い。

みーちゃんを寝かせようとしても上の二人が横に来てケンカするものだから寝てくれるわけもなく。どうにもならないので、奥の手、子供プールを出してみました。
イメージ 1

プール買ってしまった。。。WALMARTで10ドルくらいだったと思う。あまりに安かったので衝動買いを。

で、私がお出かけしたくない日に子供たちを遊ばせるための奥の手として所持しておりました。

ちなみにカリフォルニアはすっかり夏のような陽気で、ここのところめちゃくちゃ暑いです。

プールをパティオに出して、いっちゃん&さっちゃんにホースの先を持ってもらって水を入れて。

みーちゃんも入れるつもりだったので、水深は10cmくらいですが3人とも大喜び。

一番喜んだのは、これが初プールだったみーちゃんです。
イメージ 2

満面の笑顔で水をバシャバシャ叩いて大興奮でした。

実は、アパートにはプールがあります。でも屋外プールなので、生後8ヶ月のみーちゃんには水が冷たすぎて入れないのです。

そんなこんなで初プールを満喫できたみーちゃんは、プールから上がると直ぐにお昼寝をして、珍しく3時間近くも熟睡してくれました。

私は子供たちがプールに入っている間、みーちゃんが倒れてしまわないように後ろに立っていたので、直射日光に当たって結構疲れました。

は〜、プールもしたし、今日はこれでお仕舞い♪

と思っていたら、甘かった。

夕方になってから、いっちゃんが「今日どこもお出かけしてな〜い!」と言い出した。そしていつもの通り、エンドレスで「お出かけしてない。お出かけしたい。」「お出かけしてない。こんなんいやや。おでかけしたい。」と言い出した。

はいはい、分かりましたよ、分かりましたよ。ということで、みーちゃんが起きてから近所にお散歩に行きました。

行き先はお隣のアパート。

私たちの住むアパートの横には川が流れていて、その川に沿って遊歩道のようなものがある。その遊歩道を歩いていくと、隣のアパートに続いているのです。

これがその遊歩道。左側が川になります。かなり大きな川だったのに、昨日見たら干上がってました。乾季だからね。
イメージ 3


遊歩道の右手に草むらが広がっていて、その向こうにお隣のアパートが建っている。これが草むらとアパート。
イメージ 4

この辺のアパートは日本のものと違って、広〜い敷地に何件も同じ建物が建っている。この写真に写っている全部の建物が「同じアパート」ということになる訳です。

こういうところで「アメリカは広いなあ」と実感してしまう。アパートの敷地はともかく、この草むらは誰のものなのかしら?とか考えてしまうしね。

いっちゃんは草むらで虫取りアミをぶんぶん振り回していたけど、虫はほとんどいませんでした。薬を撒いているためなのか、乾燥しているからなのか。

とにかく異常なくらい虫がいないので、さすがのいっちゃんも虫取りを諦めて、お隣のアパートを散策。

アパート内の売店でおやつとジュースを買って、アパートの端っこにある公園に行きました。

公園で少し遊んだ後、横の芝生にスプリンクラーが水を撒いているのに気が付いた。

ホースで水撒きをしているかのように、地面から水が一直線に飛んでいて、それがゆっくり回るというタイプのもの。
イメージ 5

いっちゃんは大喜びでスプリンクラーのところへ走っていって、水をヒョイヒョイ避けて遊んでいたけども、調子に乗りすぎて水に追いつかれてしまい、びしょびしょになってしまった。

ちなみにさっちゃんは、足の先に少し水がかかっただけで恐れをなしてしまい、私の近くまで逃げてきてお兄ちゃんがやっていることを見ているだけでした。

いっちゃんもびしょ濡れになって、「帰る」と言い出したので、程よい時間にお散歩を終了することが出来ました。

開く コメント(2)

いっちゃんが病気?

昨日(6月11日)のこと。

いっちゃんを学校に送り出してパパさんも仕事に出かけて、みーちゃんはお昼寝しているしで、さっちゃんとのんびりーんとしていたら、電話が鳴り出した。

「何だろ、こんな時間に?」と不思議に思いつつ出てみると、いっちゃんの担任の先生からだった。

慌てて時計を見てみると、10時30分。いっちゃんの学校はもうすぐ夏休みに突入する。

「ひょっとして、短縮授業でお迎えの時間を過ぎてる!?」と私はパニック状態に。

すると先生の声がやけにはっきりと聞こえた。

「He is sick.」

へ?病気?

「あ〜、昨日プールで2時間も遊んでたからな〜。調子がおかしくなってもあたりまえか。」

と思いつつ、先生に直ぐ迎えに行く旨を伝えて電話を切って、下の2人を連れて大急ぎで学校へ行った。

教室に入ると先生&他の生徒たちはいなかったけど、いつも先生のお手伝いをしてくれている人がいて、その人がいっちゃんは眠っていると教えてくれた。

ついて行ってみると、教室の読書スペースにクッションを敷いて、その上でいっちゃんがぐうぐう寝ていた。

いっちゃんは最近あっちこっち遊びまわっていて、それに加えて夜寝る時間も遅くなってきて、ここ数日は1日9時間しか寝ていなかった。しかも1晩で2回は起きているし。

額に手を当ててみると熱は無し。やっぱり疲れすぎだよ。。。

いっちゃんを見ていてくれた人にお礼を言って、ぼーっとしているいっちゃんをどうにか車に乗せて家に帰ってきた。

いっちゃんは家に戻ると直ぐにまた寝始めて、2時間後くらいにすっきりした顔で起きてきた。

「昼ごはん食べられる?」

と聞くと「うんうん」と答えて、実際におかわりまでして用意したご飯を食べつくした。

で、「今日はどこ行く〜?」といつもの台詞。

私がいくら「今日は出かけないぞ」と決めていても、いっちゃんがこう言い出すと出かけざるを得ない。

だって放っておいたら100回くらいは同じことを聞くんだもん。しかも出かけないと家で暴れるし。

ということで、川遊びができるShoup Parkへ行ってみた。

Shoup Parkの川はそろそろ干上がるんだよね。干上がる前に行ってみたいし、もし干上がっているならそれを確認したいし。

で、行ってみたら無情にも川は干上がっていました。水があった数日前までは子供たちがいっぱい遊んでいたのに、川が干上がってしまったためか人も少なく寂しい感じ。

いっちゃんは干上がった川辺に座り込んで、ぼーーーーっとしておりました。

この間まではカワトンボもいたのに、これも見当たらず、虫取りをしに来たいっちゃんは、ただひたすらぼーーーー。

さっちゃんはベビーカーで寝てるし、みーちゃんが抱っこを嫌がったのでブランコに乗せてちょっと遊んでもらいました。

が、しばらくすると、いっちゃんもとぼとぼ歩いてベビーカーのところまで来て、ベビーカーに乗り込んでしまいました。

上の二人がベビーカーに乗っている状態では公園にいても意味がないので、いっちゃんに「買い物行ってから帰ろう」と言って3人を車に乗せました。

そして買い物にいくつもりで車を走らせていたとき、いっちゃんが泣きそうな声で「ゲボしそう・・・」と言い出しました。

「え?ちょっと待って。」と私が言った直後、後部座席から嘔吐するすごい音が・・・。

車を止めて後部座席に行ってみると、いっちゃんが大量に吐いた後でした。昼ごはんたくさん食べたからな〜。

いっちゃんに水を飲ませて着替えをさせて、買い物はせずにそのまま帰ってきましたが、ちゃんと聞いてみると学校でも1回吐いてしまったとのこと。

2回の嘔吐か〜。病気かどうかは微妙だな〜。私は今だに過労だと思っているんだけど。

その後も熱は出ず、今日は元気に学校に行って、その後公園にも行きました。いつもどおり野球をして走り回っていましたし。

公園で他の人に「胃腸に来る風邪が流行っているから気をつけたほうが良いよ。」との情報ももらったので、2〜3日は遠出できないな。明日から夏休みだから、しばらくはゆっくり過ごそう。

いっちゃんが復活したら。。。長〜い夏休み、どうやって過ごそうか?

開く コメント(2)

パパさんの失敗 

毎朝いっちゃんを学校へ送っていくのはパパさんにやってもらっている。

今日は珍しくさっちゃんが早起きをして、「私も行く」と言ってパパさん&いっちゃんに付いて行ってしまった。

私がそれに気が付いたのはドアが閉まる瞬間で、「いつも連れて行ってないのに今日だけ連れて行っちゃうと、私だったらさっちゃんを忘れて帰ってきてしまいそうだな」と漠然と思いましたが。

40分後、「そろそろパパさんが帰ってくるころだな。」と思っていた時に電話が鳴りました。

てっきりパパさんからだと思ったので、「は〜い、もしもし?」と思いっきり日本語で出ましたが、聞こえてきたのは早口の英語。

さっぱり分からなかったけど、かいつまんで聞き取った単語から、いっちゃんの担任の先生だということは分かりました。

「I'm sorry?」と聞き取れなかったことを意思表示すると、電話の向こうで子供たちの大騒ぎする声が。

先生が騒ぎを鎮めるためにいつも歌っている歌を歌い始めたのと同時に、いっちゃんと同じクラスで英語・日本語両方OKのYちゃん(日本人の女の子)が事情を説明してくれた。

Yちゃん「あの、さっちゃんがここにいるんですけど〜?」

私「は?」

Yちゃん「さっちゃんがここにいるんです」

私「あ、Yちゃんね。え〜と、いっちゃんのパパは?」

Yちゃん「いません」

私「いっちゃんは?」

Yちゃん「います。」

私「分かったわ。どうも有難う。」

ここでもう一度、先生に代わってもらって、「夫に電話します。すみません。」と伝えつつも笑いをこらえるのに苦労した私。

その電話を切ってからパパさんに電話。

パパさんは既に家の近くまで帰ってきてたんだけど、私が電話を鳴らした時点で気が付いたらしい。

直ぐに学校に引き返して、さっちゃんを回収してきた。

パパさん曰く、「さっちゃんは皆に混じって授業を聞いてた。」そうな。

パパさんの失敗も、いっちゃんの学校に憧れているさっちゃんにとっては都合の良いものだったらしい。

開く コメント(0)

さて、気を取り直して、試験のことを書きます。

日本から国際免許証を持ってきている私たちですが、カリフォルニア州では旅行者以外は10日以内にカリフォルニア州の免許を取るように言われています。

はい、免許を持っていない私たちが運転しているのは法律違反です。でも実際には、10日以内に免許が取れる人はまれなので、国際免許で運転するのは警察にも黙認されている状況のようです。パパさんも交通違反で警察に捕まったけど、国際免許で運転していることについては何も言われなかったし。

で、免許を取るのを延ばし延ばしにしていたら、保険屋さんから「保険を更新してやらないぞ」というお手紙がやってきた。

「それはまずい。」ということで、慌てて免許を取ることになったのですが。

Palo Alto市に住んでいる私たちがカリフォルニア州の自動車運転免許を取ろうと思ったら、Redwood CityのDMVまたはSanta ClaraのDMVに行って試験を受ける必要があります。

近いほうのRedwood CityのDMVで「実技試験に落ちた」という日本人が多いので、「難しい方で取ってやろうじゃないか」との気概が全くない私たちは、当然「Santa Claraに行って取ろう」ということになりました。

先ず、筆記試験ですが、「これだけやれば大丈夫」と言われる「テレホンガイドの問題集」と「くぱちのサンノゼライフのカリフォルニア運転免許試験問題集↓をさらりと勉強してから受けました。
http://www.calexp.com/sjlife/nihongo.htm

聞くところによると、「これらの問題集そのままの問題が出ている」とのことだったんですが、実際には最後の4〜5問が取って付けたかのように全く見たこともないような問題でした。Santa Claraの問題だけ少し改訂したのかもしれません。

試験は7問間違えるとやり直しになるので、改訂された部分4〜5問を間違えるとすると、残りの問題はほとんど間違えないで回答しないといけません。

ということで、私もパパさんもギリギリセーフの状態で受かりました。

で、筆記試験に受かるといよいよ実技試験です。

パパさんが予約を取るべく電話をしたところ、Santa Claraでは20日近く先まで予約がいっぱいとのこと。

仮免許の有効期間が2ヶ月で、その間に最大3回の実技試験が受けられる。その範囲内で実技試験に受からなければ、また筆記試験からやり直すことになるんだけど、20日も予約がいっぱいということになると、2ヶ月の間に3回の試験を受けることは難しいやん。1回で受かれば良いんだけどさあ・・・。

そんなこんなで結局、Redwood Cityで実技試験を受けることになったわけです。

知人から戴いたRedwood Cityの実技試験コースはこちら↓
[http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&msid=116818415479503557861.00044f16445a5ae486ffe&ll=37.491085,-122.233565&spn=0.011697,0.018711&t=h&z=16]

私は住宅街を出たところで縁石に乗り上げて試験を中止させられたので最後まで走っていませんが、そこまでは全く同じ道だったので、試験コースは変わっていないと思います。

住宅街あり、ダウンタウンみたいなところありで、歩行者が多く、荷物の積み降ろしで停車している車も多いです。

2回目からのコースはこれに加えて、路面電車が通っているコースを走ったりするらしい。私は日本でも路面電車と一緒に走るのが嫌いだったのに、アメリカで実技試験中に路面電車に出くわしたりしたら、もう、どうすれば良いのかさっぱり分からん。。。

本当にいつか受かるのか、この試験は?

国際免許の期限が切れる10月ころに、日本に国際免許の更新に行く羽目になりそうな気がする・・・。

次回の実技試験につづきます。

開く コメント(4)

いよいよ自動車運転免許を取ろうと思います。

この記事のタイトルが,砲覆辰討泙垢諭そうです、連載です。つまり、私、既に試験に落ちました。ええ、落ちましたとも。

筆記試験はパスしてるから、現在仮免許の身です。次は一般道を走る実技試験ですが、3回落ちると、また筆記試験からやりなおしです。1回落ちてしまった。。。あと2回で受かるのかしら???

3人の子を旦那さんに預けて試験を受けるのって気が引けるのよね。。。旦那さん、本気で大変だろうし。1回目の試験は6月5日(金)で、予約した時間に行ったんだけど終わったのは2時間半後。

みーちゃんがおっぱいっ子だから、何時間も離れてるのは(私が)不安だし、試験中は子供を車に乗せておけないから旦那さんに見てもらうとすると、もれなくいっちゃん&さっちゃんも連れてこないといけない。ということで、家族総出で試験場に行って旦那さん&子供たちを待たせる羽目に。。。

う〜ん、これをもう1回やるのか〜。というか、2回目以降は更に難しいコースを走らされるらしいのに、いつか受かるのか、これは?

1回目は皆、同じコースを走るらしいので、知人からもらった地図を持って、予め旦那さんとそのコースを走って練習したんだよね。だから何が何でも1回で受かるつもりだったのに、私、右折するときに縁石に乗り上げてしまって一発アウト。なんとまあ・・・。

試験官さんはヒスパニックかな?そんな見た目(黒髪&黒い目)の、感じの良い人だったから、「当たり」だったのにな・・・。その人のコメントは「あなたの運転はとても慎重でいいんだけど、縁石に乗り上げるのはとても大きなミスなの。また試験の予約取ってね。」とのことでした。。。

試験内容については△竜事に書きます。

つづく

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事