怒涛の日々の記録

カリフォルニアから戻って来ました。

アメリカ生活

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

アメリカで予防接種

先日、みーちゃんの6ヶ月検診&予防接種に行ってきました。

場所はMountain View、吉田小児科医院
http://www.bayspo.com/ejan07/data/medical/medical_doctor.html

ここは、いっちゃんがキンダーに入るときに検診&予防接種をしてもらったので、行くのは2回目です。
先生、受付さん、看護師さんとも日本語をOKなので、とっても安心。

予約した時間の15分前に行って、待合室で住所や病歴などを記入しました。いっちゃんは「ぼく、関係ないから。」とばかりにノリノリで玩具で遊んでいましたが、さっちゃんは不安そう〜。玩具に見向きもせず私にべったり。みーちゃんも床にお座りして、玩具で遊んでもらいましたが、ご機嫌はいまいち。

記入が終わるとすぐに診察室に呼ばれました。服を脱がせてから看護婦さんに身長、体重を量ってもらいましたが、このときからみーちゃんは大泣き。大したことしてないってば。

身長は27インチ。69cmくらい。
体重は15ポンド10オンス。ということは、7.1kg。

みーちゃんは、あと数日で7ヶ月だから、日本人の女の子としては身長は平均、体重はやや少なめ。

看護婦さんに「スリムですね。」と言われたけど、数字を見てもその通りらしい。

看護婦さんには、「ひょっとして日焼けしてます?」とも言われたけど、はい、その通り。カリフォルニアの日差しを浴びて、日焼けして一回ほっぺの皮がむけてます。乳児なのに。。。お兄ちゃん&お姉ちゃんがいると大変なのよ〜。

その後で吉田先生が登場。

とっても優しそうな、おじいさん先生です。前に行ったときも、こどもたちにのんびりと話しかけながら診察してくださいました。

いっちゃんは先生が好きになったようで、あれやこれやと話しかけていました。

いっちゃんはもともと全く人見知りをしない性格ですが、かと言って誰にでもなつくのかと言うと、実はそうでもありません。

いっちゃんなりに基準があるようで、よく会う人でも、いっちゃんが全く興味を示さない人もいます。たいていの場合は、あまり子供が好きそうでない人、つまり、いっちゃんに話しかけてくれない人には、いっちゃんも興味を示しません。

そのいっちゃんの基準でいくと吉田先生は、いっちゃんが話しかけたくなるタイプの人らしいです。

いっちゃんと先生がなごやかに話している間、みーちゃんは私に抱っこされて先生を観察していました。

さっちゃんも最初は緊張していましたが、なごやかムードで診察室にも慣れてきたのか、ちょっとリラックスしてきました。

緊張がほぐれたところで、私が椅子に座ってみーちゃんを膝の上に乗せ、服をまくってスタンバイ。

向かいに座った先生が聴診器をみーちゃんのお腹に当てました。

3秒後、みーちゃんは聴診器が見えるように前かがみになったまま、つらそうに泣き出してしまいました。痛くも痒くもないはずですが、すごく可哀想な子のように泣いていました。

泣いてしまったらしょうがないので、そのまま診察を続行。裸にして、股関節がきちんと動いているかなどの全身チェックを行いつつ問診をして、あっというまに終わりました。

さて、診察で「異常なし」ということになると、次は予防接種です。

みーちゃんはこれまで予防接種をしたことがありません。

日本で6ヶ月の子が予防接種をするとしたら、BCG、ポリオ、三種混合のどれかから選ぶことになります。

アメリカではBCGの有効性は認められていないので、行われていません。

予防接種をしたことのない6ヶ月のみーちゃんが受けるべきなのは、B型肝炎、ポリオ、三種混合、インフルエンザ桿菌タイプB、肺炎球菌の5種類です。

みーちゃんは1歳半ころには日本に帰ることになります。で、そういう事情を先生と相談した結果、ポリオ、三種混合、インフルエンザ桿菌を打つ事にしました。アメリカでは何本もの予防接種をいっぺんにうってしまうのです。

多くの病気に対する免疫をいっぺんに付けられるというのは非常に魅力的ではありますが、副反応がちょっと怖い。。。

「高熱を出した」という話しもよく聞くし、病院に来る前には4、5本打たないといけないと思っていたので、「今日は2本くらいにしてもらって、2週間くらい開けてから続きを打ってもらおう」と思っていたのですが、3本打つ事になったので、う〜ん。考えた末に、いっぺんに打ってもらうことにしました。

ここで看護婦さんが登場。

日本では注射は医師の仕事ですが、アメリカでは看護師が行います。

「両足と左腕にします。」

ということで、みーちゃんを裸にしましたが、みーちゃんは早くも大泣き状態になってしまいました。

看護婦さんは、猛スピードで3本の注射をプスプスプスっと打っていきましたが、打たれる前から泣いていたので、注射は痛かったのかどうか、さっぱり分かりませんでした。

日本では注射はそっと、針を肌に水平近く傾けて打ちますが、アメリカでは垂直に立てるようにして、思い切り良く、すごいスピードで刺します。

今回のみーちゃんの注射も、3本合わせての所要時間は1分もかからなかったと思います。30秒くらいかな?

前回、いっちゃんは、「ママ、『もうちょっとそうっとして』って言って」と半べそをかいていましたが、今回は「ひとごと」です。「はっや〜!」と、さっちゃんと一緒に感心しておりました。

さて、注射も終わったので、みーちゃんに服を着せて、あやしながら受付へ行って会計をしてもらいました。

検診&予防接種3本で435ドル。

うちは入っている保険が検診や予防接種はカバーされていないので、全額支払いです。

と言うと、20%ディスカウントしていただけて、その分だけ支払いました。

ちなみに、みーちゃんは熱を出すこともなく、副反応らしきものはありませんでした。めでたし。

開く コメント(0)

Sports 4 Kids

いっちゃんは4月から学校でスポーツ教室に入っています。その名も「Sports 4 Kids」!

いっちゃんの学校に、スポーツ教室の先生が派遣されてやって来て、毎週火曜日の放課後にグランドで運動します。

いっちゃんが通っているのは公立の学校なので、学校そのものは無料ですが、このスポーツ教室は別の団体が学校のグランドを借りてやっている、いわば習い事。つまるところ、有料です。

料金は8回分で160ドル。1回は1時間25分で20ドル。

1回当たりは安いんだけど、習い事と言っても子供の遊びみたいなものだから、160ドルって聞くとちょっと高いよね。。。ま、いっちゃんが楽しんでるから良いけど。。。

これは縄跳びの練習。ちなみにいっちゃんは、日本で行ってた保育所で練習したらしく、すでに出来ます。
イメージ 1

いちばん右がいっちゃん。
先生は女性で、名前はフランチェスカさん。

丸い帽子みたいなのを踏んでいったり、
イメージ 2

サッカーの練習みたいなのもします。
右から3番目、薄いグレーの長袖Tシャツにベージュのズボンを穿いているのがいるのが、いっちゃんね。
イメージ 3

これはテニスボールを地面について、反対の手で取る練習。
右から4番目、黒いジャンバーを羽織っているのがいっちゃん。
イメージ 4

他にもいろんなことをして、結構いそがしく、いっちゃんはとても楽しんでいます。


おまけ。
チビッコ組は電車ごっこなどしてお兄ちゃん&お姉ちゃんが終わるのを待っています。
前がさっちゃん。後ろは、さっちゃんと同じ年の男の子。
イメージ 5

開く コメント(2)

いっちゃんと1ペニー

先週のこと。

いっちゃんが幼稚園で1セント硬貨を2枚拾った。

「百枚拾ったら1ドルになるんやで!」と言っていたので、「ちゃんと分かっているのね」とちょっとびっくりした。

アメリカでは1セント硬貨が道端によく落ちている。日本の1円玉とは比べものにならないくらい、そこら辺中に落ちている。

最近、いっちゃんは落ちている1セント硬貨を小まめに拾っていて、拾うたびに「お金拾った〜♪」と嬉しそうにしていた。

私は「はいはい、良かったね。」と言いながらも、全く気にしていなかった。だって、1セントなんて、何も出来ないから。


夜になってから、いっちゃんが私のところに財布を持ってやって来た。「両替して」と。

数えてみると、1セント硬貨が26枚。
げ、ちょっとびっくり。全部拾ったわけね。

25枚をクウォーター1枚に替えてあげた。

1枚では何も出来ない1ペニー。

でも25枚集めると、硬貨では1番価値のあるクウォーターに替えられる。

1ペニーの価値を再認識した出来事でした。
イメージ 1

開く コメント(2)

毎朝、いっちゃんを幼稚園へ送っていくのは、パパさんにやってもらっている。

もともとペーパードライバーだったパパさん。車の運転自体、好きではないと言う。

でも、広〜いアメリカに来たからには、車の運転をしないとどこへも行けない。ということで、パパさんもちょくちょく車の運転をするようになった。

で、一昨日、いっちゃんを送って行ったパパさんがいつもの時間に帰ってこなかった。

「おかしいな」と思っていると、30分ほど遅れて帰宅。でも直ぐにまた出て行ってしまった。

10分か20分くらい経ってから、パパさんが戻ってきた。

で、開口一番。

「車、ぶつけてしまった。。。」

「どこに?」と聞くと、「駐車場の柱に」との答え。

我が家の車の駐車スペースはアパートの1階にあるんだけど、直ぐ右側にコンクリートの柱がある。

左側には別の車が止まっているし、車幅が結構きちきちで、私も車庫入れ車庫出しともに慎重にやっている。

「ああ、じゃあ、ぶつけたというよりは、こすったのね。」「どのくらい?」と聞いてみると、「結構派手にやった。ミラーが取れたし。」

鏡の部分だけが外れて落ちたので、透明のガムテープ(?)で抑えておいたとのこと。

後で見ると透明ガムテできれいに貼ってあったので、ちょっと見ただけでは鏡が取れているのは分からない。でも、車内からボタンを押してミラーの角度を調節することが出来ないので、かなり不便。

という訳で昨日、修理屋さんに見積もりに行ってきました。

パパさんの知り合いの方がお勧めの修理屋さんを教えてくれました。

AKI AUTO SERVICE & BODYSHOP
日本人の方がサンマテオでやってらっしゃるということです。

ちょっと遠くて、傷心のパパさんが車の運転を嫌がったので私が運転して、家族総出で行ってきました。

AKI AUTOでは、応対は日本人の方がやってくださいました。とても感じの良い方です。

ここからは、修理費見積もり結果発表!

まずミラー。ミラー本体の傷は大した事ないけど、鏡が外れてしまっています。

イメージ 1


ミラー部分取替えで、部品代+工賃=約240ドル


次に右側面のこすった跡。かなり広範囲で、タイヤの上からバンパーまで。さらにタイヤの上部分が凹んでます。

イメージ 2


凹みを直してペイントして、約1000ドル


次に、これはこの車を中古で買ったときから付いていた傷。後ろのバンパーの塗装が剥げています。

イメージ 3


塗装やり直しで約520ドル。

結局、ミラーの取替えだけして、塗りなおしは帰国前に一括でやるかやらないか決めることにしました。

開く コメント(8)

パパさんの失敗

イメージ 1

2008年2月28日木曜日
パパさんが警察に捕まった。


いや、逮捕されたわけでなく。

違反切符を切られました。

いっちゃんと二人で郵便局に行った帰り、一時停止線を超えてストップしたんだって。

「あ、超えちゃった。」と思った瞬間、サイレンの音とともにPoliceが出現。

違反切符を切られているパパさんに、いっちゃんが嬉しそうに言った言葉は「ママには内緒にしてあげる!」だったそうな。

それから二週間後に、罰金の支払命令書がやってきました。

罰金171ドル。講習会費込みだと185ドル。

講習会は受けないでもいいんだけど、そうすると、「違反した」という事実が残ってしまい、来年からの保険料が跳ね上がるらしい。

なので、それを帳消しにしてもらうため185ドルを支払いました。

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事