怒涛の日々の記録

カリフォルニアから戻って来ました。

育児

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ベルマーク

続けて、いっちゃんネタです。

いっちゃんの小学校では、ベルマークを集めています。
毎月末に集計するので、その月に持っていった子は、ベルマークを入れる袋にスタンプを押してもらえます。

もちろん、何でも必死になるいっちゃんのことです。一年生の頃から、このスタンプを必死で集めていました。

小学校に入ったばかりの頃は、何にベルマークが付いているのか(私が)分からなくて、なかなか集められなかったのですが、最近はどの商品にベルマークが付いているか分かってきたし、同じ買うならベルマークが付いているものを買ってしまうようになったので、一ヶ月で結構たまります。

しかも、6月、7月は持っていくのを忘れてしまったので、8月にはかなりな点数に。

集めたベルマークは、学校に持っていくまでキッチンのガラス瓶の中に一時保管してあるのですが、いっちゃんはそれを毎日毎日、大喜びで(というか、大興奮で)数えていました。

「ママ、今日は65点やで!」とか、「70点超えたよ!!!」とか。

ある日のこと。

いっちゃんは、みーちゃんと一緒にベルマークを数えました。

い「ママ、82点やって!!すごい!!!」

私「ほんまやねえ。結構たまったねえ。」

い「これってお金みたいに何か買えるんでしょ。」

私「うん。学校が買うんだよ。」

い「82点って、いくらになるん?」

と聞かれて、ぽろっと答えちゃった。

私「82円だと思うけど。」

い「え?はちじゅう、に、え、ん、、、http://img.mixi.jp/img/emoji/63.gif

ここで、いっちゃんのテンションが急降下したのは言うまでもありません。

それ以来、いっちゃんがベルマークの点数を数えることは二度とありませんでした。。。チャンチャン。

開く コメント(1)

久しぶりの日記になってしまいました。
 
一昨日のこと。
いっちゃんの足が、蚊に刺された痕がジュクジュクになって、しかも血管に沿って腫れているので、掛かりつけの小児科で診てもらいました。
 
そのことは、抗生物質入りのステロイド剤をもらって1日もすればきれいに治ったので、まあいいのですが、小児科でいっちゃんのクラスメイトのお母さんにばったり会いました。
 
下の子供さんを連れて来られていたので、いっちゃんのクラスメイトのA君には会えませんでしたが、色々世間話をした後、そのお母さんがちょっと考えてから、いっちゃんに聞きました。
「あのね、ここだけの話。。。Aって、B君と仲悪いの?B君にいじめられてる?」
 
私はちょっとびっくりして、「えっ?小学2年生で、もうそんなのあるの?」と聞きました。
するとそのお母さんは、「うん、私もそう思ってたんだけど。。。しかも男の子だし。でも、もう今朝は『学校に行きたくない』って。」
 
いっちゃんは考えながら、「う〜ん、微妙な感じ。そういう時も、ある。」と答えました。
 
相手のお母さんは、「B君って、みんなの中で立場が強いの?」と聞きました。
 
ちなみにいっちゃんの学校は、1クラス30人くらいで2年生は2クラスしかありません。つまり、1学年で60人。半分が男の子だとすると、男の子は30人くらいしかいないことになります。
 
いっちゃんは、「副々リーダーくらい。でも、C君のがヒドイねんで。Dにいじめられてる。Dは副リーダー。」とも言いました。
あ〜、D君は確かに私も知ってますが、言葉尻がなんかキツイ感じのする子です。いじめそうだな〜と思いました。
 
そのお母さんは、病院の受付けに呼ばれて行ってしまいました。
 
その晩、パパさんが帰ってきてから、パパさんにそのことを伝えて、いっちゃんにもう一度質問してみました。
 
返ってきたのは同じような答えだったので、「じゃあ、リーダーって誰なん?」と聞いてみました。
すると、「Eちゃん!」という答えが返ってきました。
 
Eちゃんと言えば、いっちゃんとは保育所の一歳児クラスからの付き合いで、体は大きいけど気は優しくて力持ち。
確かに皆より2回りくらい大きいですが、のんびり屋さんな感じであまりリーダーらしくない。。。
いっちゃんとは、ほとんどずっと同じクラスで、同じ1歳児からのお友達S君と3人組で仲良しです。
 
ちょっと興味が湧いて、「Eちゃんといっちゃんがケンカしたら、いっちゃんが負けるん?」と聞いてみました。
普通に考えれば、クラスで一番小さい組のいっちゃんと、大きいEちゃんがケンカしたら、いっちゃんが負けるに決まってますが。
 
いっちゃんは、「頭でやったら負ける。」と言いました。
 
へ?勉強のこと?と一瞬思いましたが、ひょっとして。
 
「それは、石頭ってこと?」と聞いてみました。
「そうやで。Eちゃん、すっごい石頭やねん!僕も石頭って言われてるけど・・・。それでな、石頭対決が・・・」
いっちゃんは延々と石頭について喋っています。
 
ああ、どこで質問の仕方を間違えたんだろう・・・。もうちょっと、皆の力関係とか、いじめのことについて話して欲しかったのに。。。
 
まあ、とにかく、いっちゃんもEちゃんもいじめとは関係なさそうで、ほっとしました。

開く コメント(0)

5月1日、私の会社の人たちと一緒に、釣りに行ってきました。
場所は近場、西宮市の鳴尾浜釣り公園です。
 
鳴尾浜に釣り公園があるなんて、知らなかった。。。
今回の言い出しっぺは私だったので、関西の釣り公園やエサ屋、釣果などをネットでかなり調べましたが、どうも瀬戸内海(大阪南部から須磨、明石辺りまで)では最近あまり釣れてないらしい。ついこの間まで寒かったので、イワシやアジもまだ来ていないとのこと。
 
遠くまで行って釣れなかったら悔しいので、今回は近場で探してみました。
で、鳴尾浜。
 
会社の同僚たちとは待ち合わせをして、釣具屋さんでエサと釣具を入手してから釣り公園に向かいました。
着いてみると整備されていてとってもきれい。まあ、釣り公園なんだから当たり前ですが。
 
我が家で釣るのは私といっちゃん&さっちゃん。
パパさんはこういうことが嫌いなので、見てるだけ&子守です。
 
で、いっちゃん&さっちゃんは、アミエビを入れてのサビキ。私はゴカイを付けての「ちょっと大物狙い」でいってみました。もちろん、私はゴカイを触れません。なので男性陣にゴカイを付けてもらって投げるだけ。皆さん、ごめんなさい。。。
 
釣り始めてすぐに、さっちゃんの竿に何かが掛かりました!
私が慎重に引き上げてみると、ちっさな魚がいっぴき!
 
まっとうに釣れた訳でなく、背びれに針が刺さっていました。
「アイナメかな?」と同僚は言ってましたが、私には何の魚なのかさっぱり分かりません。
 
イメージ 1
それでもウチの子たちは大騒ぎ!
いっちゃんは「さっちゃん、すごい!!!」と感激していましたが、いえいえ、さっちゃんは何もしてませんよ。
同僚が仕掛けを付けてくれて、私がエサを入れて海に落としたのです。引き上げたのも私だし。
確かにさっちゃんが、ちょいちょいと何度か竿を上下させてましたが。
 
さて、ちっさい魚はすぐに死んでしまうので、写真を撮ってから逃がしてあげました。
 
それからが・・・な〜んにも釣れません。
 
さっちゃん&みーちゃんは、ちっさい魚に満足したのか、横の芝生で転げまわって遊んでいるし、結構寒かったので同僚たちは釣り場の端まで走っていったり売店で暖かいものを買いに行ったり。
 
釣り場の端まで行った同僚が、「他の人も、ぜ〜んぜん釣れてない。」と言ってました。周りを見渡しても、まさしくそんな感じです。
 
諦め&だらりんムードが漂う中、やっぱり一人で元気なのは、いっちゃんです。
せっせ、せっせとエビを撒いたり竿を上下させてみたり。他の皆が「寒い。」と言ってふるえている横で、「僕は暑いで!」と言って白熱していました。
 
イメージ 2
始めてから2時間くらい経った頃でしょうか、再度さっちゃんの竿が引きました!
横にいたパパさんが引きながら、「大物だ!」と叫びました。
大騒ぎしている私たちに気が付いて、周りの人たちも騒然!
 
「網!網借りてきて!」と言われて、いっちゃんが近くの人に網を借りに走ってくれました。
全力疾走で網を抱えて走ってきて、私の同僚にバトンタッチ。
 
パパさんが竿を引き、同僚が堤防から身を乗り出して魚を網に入れようとしましたが、「本当にこれに入るのか?」というような大きさです。
40cmは優に超えている、ボラです。
 
なんせ、掛かったのが千円くらいで買ったサビキセットの竿なので、無理に引っ張るわけにも行かず、パパさんは「何で一番安い竿にばっかり掛かるんだ!」とぶつくさ言いながら格闘してましたが、ボラは網に入ることなく、針を引きちぎって逃げていきました。。。
 
その後も日没まで頑張っていましたが、結局一匹も釣れず。
皆で温かいラーメンを食べて帰りました。
 
俗に言う「ぼうず」だと思うのですが、いっちゃんは「今日はすごかったなあ。すっごい大きいのが釣れたね(釣れてません)。」と言ってました。子供たちは大満足だったみたいです。

開く コメント(0)

今日は朝から季節性インフルエンザの予防接種に行ってきました。

10月入って直ぐに予約の電話をしたのに4週間待ち!!!

その間に、いっちゃんの小学校で学級閉鎖を経験し、その後も家族中、咳をしたり鼻水を垂らしたりの低空飛行でヒヤヒヤしましたが、どうにかインフルエンザには罹らず予防接種を受けることが出来ました。

が、よく考えたら平日の朝なんて、いっちゃんは学校・・・。

急遽キャンセルの電話をして、いっちゃんの分のワクチンは私に打ってもらう事にして、私&さっちゃん、みーちゃんで病院に行くつもりだったのに、いっちゃんが昨日の夜に発熱しました。なんてタイムリーな・・・。

まあ、それ程ヒドイ熱にはならずに夜中でも38℃くらい。それも朝には下がってしまいました。かなり前から鼻水たらしてたから、インフルではないでしょう。

どの道、今日は病院には行くことになってましたから、ついでにいっちゃんの診察もお願いしました。

インフルテストでは陰性。発熱14時間後の結果です。そりゃあインフルじゃないだろ〜。
と思った私に対して、お医者さんは「インフルエンザの可能性も捨て切れませんから、熱が下がっても2、3日は学校を休んでくださいね。」と無慈悲なお言葉。。。

まあ、今晩どうなるか様子を見て、明日登校するかどうかを臨機応変に決めましょう。

さて、さっちゃん&みーちゃんの注射は、予想通り、大泣きに終わりました。私もしましたが、確かに痛いですよね、インフルエンザの予防接種。

帰り道、みーちゃんはずっと、自分の左肩を指差しながら「ちぇんちぇ、いたいいたい、ちた。(先生、痛い痛いした。)」と言っては、ほっぺたをプッと膨らませていました。大好きな先生だったのに、ついに恨みを買ってしまいました。

さて、この冬は何回、学級閉鎖&保育所閉鎖を経験するかな?

開く コメント(0)

注射ごっこ

職場で注射器(針なし、未使用品)を大量に処分するというので、子供の水遊び用に3本ばかり貰ってきました。

家に帰ってからお風呂場に置いておこうと取り出すと、早速さっちゃんが見つけて近寄ってきました。

「それな〜に?何するの?」と聞くので、「注射器だよ。『注射ごっこ』とか出来るでしょ?」と答えました。

喜んでくれるとばかり思っていたのに、さっちゃんは大慌てで「私はしないよ。私はいらないから。」と言ってそそくさと逃げてしまいました。

「注射ごっこ」を「怖い遊びだ」と思ったらしいです。表現が悪かったですね。。。

開く コメント(0)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事