ここから本文です
gruppetto の日常
遅いけど登ります!

春の福島潟

土日の出来事

・・・

25日(土)

この日予定していた「福島潟のヨシ焼き」が朝降った雨のため中止に・・・。

クルマで向かっていた途中、福島潟HPで知ってちょっとショックでした。

「あ〜またか〜・・・」

・・・

仕方なく家に引き返し、「自転車」に変更です・・・。

そして訪れたところは

イメージ 1

福島潟・・・

雨さえなければヨシ焼き見れたのに!

イメージ 2

でも自転車乗れたのでヨシとします。

イメージ 3

福島潟全体に広がるヨシを全て燃やす光景をこの目で見たかったナ〜。

イメージ 5

ライドは午後からだったけど、しっかり走れて良かったな。



26日(日) 朝

福島潟HPを確認すると「ヨシ焼き実施」とのこと!

で、嫁と娘を誘い

イメージ 4

いざ「福島潟」

この日は遠くの山々が眺められました。

イメージ 7

ズームしてみます。

イメージ 8

五泉市「管名岳」907m

家から近い山もてっぺんはまだ真っ白・・・。

イメージ 9

五頭山 912m

たった912mですが、この山に登れる人は富士山は余裕で登れるらしいです。

・・・なんで?

・・・

で、9時30分点火でした。

イメージ 13

アマチュアカメラマンさん方も多く集まってますね。

イメージ 6

9:30

煙が上がります。

イメージ 10

あっという間に炎が広がります。

イメージ 11

福島潟に多く存在する中州(?)はボートで渡りながら着火してますね。

イメージ 12

初めての「ヨシ焼き」ですので良い画が撮れるスポットがどこか分からずウロウロ。

イメージ 14

気がつくと

あちこちから煙が上がってました。

イメージ 15

このあと

ビュー福島潟に隣接している食事処で・・・

イメージ 16


焼き芋を頂きます。

「絹いもや」福島潟店

最近の観光スポットには必ず「焼き芋」が売られている気がします・・・。

イメージ 17

女子にとっては「SNS映え」するのでしょうか・・・。

イメージ 18

シルクスイートという品種。

とても甘くて濃厚な味わいでした。

イメージ 19

ヨシ焼きはいつも焼いたあとに自転車で訪れていて、「いつか見てみたい」

と思っていましたが、この日やっと見ることが出来ました。

・・・

このあと、嫁と娘をイオンシネマ(モアナと伝説の海)に送り私一人でブラブラ。

・・・

イメージ 20

山の下みなとタワー

日本海の向こうには

イメージ 21

ハッキリ見える「佐渡島」が横たわっていました。

ズームすると・・・

イメージ 22

金北山(1172m)がハッキリ見えました。

いつか登ってみたい山です。

右見目をやると・・・

イメージ 23

うっすらと粟島が見えます。

日本で一番大きな離島であり、観光の島「佐渡」は一度しか行ってないですが、

新潟に二島しか無い島のうち、小さな小さな一島「粟島」は二度ほど行ってます。

・・・

念願のヨシ焼きが見れて良かったな〜。

この記事に

ドライブ その2

北を目指して到着した所は、

イメージ 1

村上市

「町家の人形さま巡り」開催中でした。

城下町村上で代々伝わるひな人形を中心とした歴史ある人形を町家の家々で飾って

一般の人に観覧して貰うと言う行事なんです。

イメージ 2

↑の写真では無いですが、なかには300年前の人形も飾られてるお店もあります。

劣化する恐れがあると言うことで照明を付けていない所もあります。

相当古いのでしょうね。

イメージ 3

この「町家」でのイベント

一種の「町興し」なんですが、その立役者である方が営んでいるお店がここ。

「千年鮭 きっかわ」

そのお店の中には・・・

イメージ 4

「塩引き鮭」

イメージ 10

約千本吊されているそうです。

イメージ 5

お店の方が丁寧に説明してくれます。

平安時代から連綿と続くと言われているこの風習にただ驚くばかり・・・。

村上に流れる三面川は多くの鮭が遡上してくるんです。

イメージ 6

人形も飾られています。

イメージ 7

古い町家の中もこのように公開されています。

イメージ 8

どこを切り取ってもいい画になります。

イメージ 9

白子 寒風干し

壮観です。

白子好きの私の頭には「運動会のパン食い競争」がよぎりました。

この場で食べたかった〜。

イメージ 11

箱庭と塩引き鮭

この二匹は特別な鮭なんでしょうね。

大きかったし・・・。

このイベントで初開催されたのが「食べ歩きぷちグルメ」

このお店で頂いたのが

イメージ 13

甘酒

イメージ 14

鮭バーガー

一人で食べると他のぷちグルメを食べれないので嫁とシェアして頂きました。

その他、沢山の種類の鮭の加工品が売られていて、試食も充実していました。

どれも非常に美味しくて何かってイイやら迷いました・・・。


是非リンクをクリックしてください。

続いては

イメージ 12

「うおや」さん

イメージ 15

ココの鮭は店先に吊されているタイプ。

ただ、道の反対側には工場があるのでそこがメインなんでしょう・・・。

イメージ 16

その工場の軒先では「まだら」を塩引きにしていました。

なかなかのお値段ですが、しょっぱい真鱈・・・

あぁ・・・、日本酒が進みそうです!

ココでも数種類の「鮭とば」を試食して大満足。

そして

イメージ 17

コイツを購入 「塩引鮭のおにぎり」

イメージ 18

美味しかったです!

・・・

このあとは

イメージ 19

日本では北限とされているお茶「村上茶」を扱っているお店で「大名行列」

イメージ 20

ひな人形を見学

天井の梁が歴史を感じます。

他では

イメージ 21

こんな感じです。

しばし散策して甘い物が欲しくなりました。

イメージ 22

窯出しシュークリーム

歩き疲れた身に染みる甘さでした。

・・・

たくさんグルメを頂きましたが、この日のハイライトは

イメージ 23

最初に紹介した「きっかわ」さんの別のお店にやってきました。

イメージ 24

ここでも人形が飾られています。

ここで頂いたものは

イメージ 25

塩引鮭お茶漬け

イメージ 26

小ぶりですが、これはかなり上等な鮭だと思います。

イメージ 27

米は「関川村産」

関川と言えば山間の地域なので、お米は絶対美味しいはずです。

イメージ 28

そこに塩引鮭をオンして北限のお茶を投入!

あ〜美味かった!

ちなみにご飯はおかわり出来ます。

私はもちろん「おかわり」

2杯目は炊きたてだったみたいでホカホカでした。

釜炊きのお焦げは最高の味わいですね〜!

出来たらあと2回くらいおかわりしたかった!

満足の村上でした!

・・・

帰り道

そんな村上旅行の「シメ」を頂きました。

イメージ 29

「村上牛」

賞を取ったことがあるブランド牛なんです。 その串焼きです。

店先の屋台で注文を受けてから焼いてくれます。

一緒にクルクル巻いているのは海苔なのかな〜?

ジューシーで美味しかった〜。

ここでは晩ご飯用のメンチを購入しました。

・・・

そんな晩ご飯

イメージ 30

骨を頂きます。 柔らかい!

イメージ 31

あの「白子」も買っていました。

面白い食感で、噛んでいるうちにじわ〜っと白子の風味が口の中に広がります。

イメージ 32

左:うおやの「鮭とば」 右:きっかわの「酒浸し」

酒浸しは本来、日本酒を掛けて染みてきたところを食べるのですが・・・

イメージ 33

我が家では日本酒にダイブさせました。

その日本酒

イメージ 34

大洋盛 (たいようざかり)

イメージ 36

村上のお酒です。

イメージ 35

無濾過の原酒

ウマ〜! でした。

イメージ 37

メンチはこんな感じ。

旨みが濃く、何も掛けなくても非常に美味しい逸品でした。

・・・

今回の旅行は以上です。 お付き合いありがとうございました。

とても楽しい旅行でした。 来年もまた行きたいです。

この記事に

ドライブ その1

お彼岸でしたね〜。 (いきなりでスミマセン)

私は土曜日出勤でした。

で、日曜日は彼岸の親戚まわり、昨日はドライブしてきました。

今回も写真満載なので2回に分けます・・・。お付き合いください。

・・・

春分の日

なかなか良い天気でした。

「福島潟のヨシ焼き」の日でした。

家を8時頃出発し、福島潟に9時チョット前に到着しました。

で、意気揚々と会場に向かいます・・・が、

なんと

イメージ 1

この日朝まで降った雨のせいで延期の事態に!

初めて目にする福島潟最大規模の行事「ヨシ焼き」だったのにな〜。

・・・

天候には勝てませんね。 仕方ないので散策することに。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

菜の花が咲き始めていました。 

黄色い絨毯を眺められるのはあとどれ位先なんだろう?

イメージ 5

「鵜」のようですね。

ここら辺では昔からいた鳥では無いのでちょっと異様な風景です。

他では「白サギ」なんかも昔は見なかったような気がします。

生態系に影響がなければ良いのですけど・・・。 ちょっと心配。

イメージ 6

しばらく歩いて、観察小屋に到着。

イメージ 7

望遠鏡がたくさん〜。

屋上の眺めは

イメージ 8

まさに野鳥の楽園。

イメージ 9

いつまでも護っていきたい自然です。

イメージ 10

人と自然の共生がスバラシイ〜。

凄くリフレッシュ出来ました。

・・・

このあと福島潟をあとにして北に向かいます・・・。

続く。

この記事に

日曜日、

午前は自治会の総会。

ふたつの「町内会」が合併されて初めての総会でした。

・・・

午後からは何も予定が無かったので、2週間連続で自転車の乗れました!

イメージ 1

いきなりですが、目的地に到着です。

イメージ 2

信濃川に架かる唯一の「軽自動車すらすれ違い不能な小さい橋」萬盛橋

この近くには

イメージ 3

長岡市

我が家から最短で行ける「長岡市」の看板です。

ここから眺めの良い土手に出て

イメージ 10

越後の山々を眺めます。

イメージ 4

左「白山」 右「粟ヶ岳」

イメージ 5

守門岳

イメージ 6

越後駒、八海山

この日はスバラシイ眺めでした。

iPhoneでなく、EOS M3で撮りたかったな〜。

・・・

イメージ 7

ここら辺は先週まとまって降った雪がまだ残っていました。

我が家周辺は全く雪が無いのでちょっとビックリしました。

イメージ 8

午後からのライドでしたが、しっかり走れて良かった!

イメージ 9

この記事に

ホーム開幕!

日曜日

第3節にしてようやく「ホーム開幕」です!!

イメージ 1

開幕戦はグルメ屋台も盛況です。

久々の混み具合は応援も盛大なので否が応でも、選手の奮起そして勝利を期待してしまいます。

イメージ 2

開門しているのにこの人人人!

イメージ 3

この日は指定席でしたので、席を確認後スタジアムコンコースをウロウロ・・・。

イメージ 4

白血病寛解に向けて戦っている早川選手。

地元出身選手なので応援しています! 頑張れ〜!

彼だけ前季のユニホームというのは仕方ないですが、ちょっと寂しいな〜。

イメージ 5

席に着きます。

今回はここからの応援です。

イメージ 6

凄く良いポジションを与えて頂きました。

その後

イメージ 7

2016ベストピッチ賞の授与式

開幕セレモニーと続き

イメージ 8

いよいよ選手入場!

入場者にはフラッグが配られ、スタジアムの一体感が増しました。

次節以降もこの旗持って行ったほうがいいのかな?

イメージ 9

ゴール裏のボルテージも最高潮です。

J1での開幕の喜びが爆発しているよう・・・。

入場者数は久々の3万人越えでした。

このところの年間平均の倍くらいなのではないかな?

倍って凄いです。

歓声も倍だけど「ため息」もその倍くらいですから・・・。

はたしてどちらに転ぶか?

・・・

この日「3月11日」はあの大きな震災の日でした。

イメージ 10

黙祷

・・・

イメージ 11

そして試合開始!

イメージ 12

再三相手チームのゴールに迫りますが・・・

イメージ 13

先制点を奪われます・・・。

キーパーさん、センタリングに反応して飛んでれば防げたんじゃない?

チョット疑問の残る動きでした・・・。

イメージ 14

シーズン入る前から期待大のホニ選手も不発・・・。

ゴリゴリとディフェンスしてくる相手チームにはとうしても連携が悪くなるのが、

どうもこのチームの「色」のようです。 外人を活かしきれないというか。

監督が替わっても・・・。

結果「0−2」の敗戦・・・。

通常サッカーは11人なのですが、今回はピッチ上に相手チームが12人居ました。

しかももの凄い権力の持ち主が一人混じっていました。

その12人目のポジション・・・ズバリ「主審」!

あ〜腹立つわ〜!

あの主審、新潟が嫌いのようです。

少々不公平なジャッジだった気がしますね・・・。

・・・

スタジアムからの帰り道

風食はカレー屋さんにて

イメージ 15

チキンと茄子のカレー

コレに合わせるのは

イメージ 16

プレーンのナン

大きすぎて全体を撮れませんでした。 50cm近くあるのではないかな?

本場の人が作るカレーはヤッパリ美味しいですね〜。

ごちそうさまでした!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事