Keyでジオラマ

すべて表示

「山奥の小さな機関区」その3 地面を作る

ジオラマのレール配置を決め、前回のジオラマでもやったスチレンボードでレールの周りの地面をかさ上げする作業に入ります。特に今回ターンテーブルと地面の高さを合わせるのは不自然さを無くすために重要になります。

イメージ 1

やり方としては、ベースのベニヤパネルと同じ大きさの画用紙を用意し、レールの形をシャープペンシルで写し取り、それを型紙としてスチレンボード(今回は3ミリ)を切り出していくといいと思います。昨日の扇形庫と、ストラクチャーとして使うトミーテックの「給水塔・給炭台」のベースの部分も空けておきます。ターンテーブル周りの丸い部分を切るのがちょっと難しいです。サークルカッターがあると便利だと思うのですが。
さらにターンテーブルを囲むように回廊状の通路をボール紙で作ってみました。これはスチレンボードとターンテーブルの隙間を目立たなくする効果もありました。
次に地面に塗料を塗ります。タミヤの「情景テクスチャーペイント 砂 ライトサンド」を使いました。ペースト状の塗料で、乾くとリアルな地面になります。乾く前にグリーンのパウダーを撒いておくとボンドを付ける手間が省けます。

イメージ 2

そしてレールの周辺にバラストを撒いて地面と馴染ませます。前回も使った津川洋行のシーナリーストーンのライトブラウン。やはりグリーンのパウダーを一緒に使います。

イメージ 3

イメージ 4

地面が出来てくると、一気にジオラマらしくなって楽しいです。
続く。

.


みんなの更新記事