Dream☆ドリーム DOLLHOUSE

こちらのブログへどうぞ→http://blogs.yahoo.co.jp/pipipuppy2006

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

我が家のお雛様

イメージ 1
 
 お雛祭りも終わって随分経つのに、今頃こんな話題で恐縮です。でも、我が家はお雛様はだいたい3月いっぱい飾っているので、まだまだ健在です(笑)。
 上の写真は和室の床の間に飾ってあるもの。うちには男の子ばかりなのですが、私は子供のころお雛様を買ってもらうことができず、どうしても欲しくって、下の子が生まれる直前に買っちゃいました。エコーで男の子ってわかっていたにもかかわらずです(笑)。上に吊るしてあるタペストリーは和雑貨屋さんで今年買ったもの。上下の棒を使って中の布を変えることで、四季折々、いろいろ楽しめるようになっています。
 
イメージ 2
 
 お雛様のアップ。「真多呂」の切り込み人形です。このお顔が大好きで、いつも見ていると心が癒されます。
 
イメージ 3
 
 これはリビングに飾っているもの。色紙の張り絵は子供たちが年長のときに作りました。向かって左が上の子が作ったものですが、一人多いのは五人囃子まで張りたかったのにスペースがなかったそうです(笑)。右が下の子。上の子にくらべると、まあ、シンプルというか、すごく人より発達の遅い子でした。
 真ん中のは友達がフィルムケースを利用して作ってくれたものです。フィルムケースなんて、今時ないから、超レアものですね(笑)。最近はこれらのものは出していなかったのですが、今年はふと懐かしくなって飾ってみました。
 
イメージ 4
 ちなみに、私が作った張り絵のお雛様は玄関の靴箱に飾ってありあます。さすがに大人が作ったものだけあって、まともな仕上がりです。
 
イメージ 5
 
 写真ではわかりづらかったでしょうが、右端はこれも今年、タペストリーを買ったのとは違う和雑貨屋さんで買いました。小さな可愛いうさぎのお雛様です。これ、箱の蓋にお雛様がついていて、閉じると箱になるんですよ。ほら……
イメージ 6
 
 毎年、「うちは男の子ばかりなのに、こんなに飾ってどうするねん!」と言われても飾り続けています。「だって、ここに、こんなにかわいい女の子がいるやん!」と、自分を指差しては殴られそうになりながら……(爆)。
 
 ※返コメ遅れてすみません。必ず返しますから、あきらめずに待っていてくださいね。

 
イメージ 1
 
  実は年明けから心療内科に通っています。病名は軽度の鬱。その症状として、自律神経失調症とパニック障害があらわれています。鬱といっても軽度なので、抗うつ剤を使うと最初の2週間は体がとてもつらく感じるうえ最低でも1カ月は使い続けなければならないこと、そして、常習性が非常にたかいこと、の理由から対処療法をとることになり、そのための薬として2種類の精神安定剤と睡眠導入剤を処方されました。あと、写真にはありませんが、パニック障害がおきたとき用の頓服薬ももらっています。
 鬱になった原因はいろいろあります。もちろん、予想もしていなかった姑との同居もその一つです。でも、いまさら、そんなことを言っても始まらないし、のんびりと病気とつきあっていくことにしました。
 
 レディ・ガガのこの曲は、すごく気に入っていて、ちょうど私の症状がひどくなり始めたころに、歌詞の意味の内容も知らず、ほとんどエンドレスの状態で聞いていました。そして、去年の紅白でガガが歌っているとき、その訳詞を見てびっくりしました。その内容は、ちょうど、そのときの私の気持ちを代弁していたからです。
 「私はダメな人間なんかじゃない。素晴らしい人間なのよ。私が今、進もうとしている道は間違ってない。このまま信じて進めばいいの」必死で自分を励ましていました。
 
 この動画の訳詞の中ででてくる「Dont be a drag,just be a queen」の訳のdragは、もともと 引きずるという意味があり「足を引っ張って人に迷惑をかける」ってニュアンスが含まれています。「drag」は「人に迷惑をかけるいい加減な人」つまり「邪魔者」「やっかいなもの(嫌なもの全般)」という意味です。直訳すると「Dont be a drag,」は、「邪魔者になるな!」とか「厄介ものになるな!」意訳すると「自暴自棄になるな!」「くさるんじゃねーよ!」となるそうで、「Don't be a drag.just be a queen "」は「くさらないで、自分をお姫様だと思って」とか「自分を嫌がらず、自分を好きになって(お姫様だと思って)」が本来の訳です。ただ、ガガはダブルミーニングで使っていて「「"麻薬におぼれるんじゃないよ"」という意味もこめているそうです。というのも、ガガ自身が麻薬中毒で苦しんだ時期があったからです。
 
 今の私は病気と戦っているという悲壮感はまったくなく、まったりと、ゆったりと、これまでどおり、自分の体調に無理のない程度にドールのドレスを作ったり、クラフトをしたりと、好きな手芸を続けていきたいと思っています。
 また、「いったい、いつ更新するんじゃ?」という、のんびりしたブログになりますが、みなさん、お付き合いのほど、よろしくお願いしますね。

作り帯

 実は、私は着物をたくさん持っています。というのも、今は亡き母が、私が結婚するとき、留袖、訪問着、小紋、大島紬、そして喪服と、一揃え揃えてくれたうえ、訪問着は2着も持たせてくれました。それで、せっかくの着物を箪笥の肥しにしておくのはもったいないと、結婚してから着付けを習い始めました。すると、それを聞いた叔母や義母が、もう自分には若すぎて着られないからと、いらなくなった着物をたくさんくれたのです。着付け教室は、一応、がんばって師範までとったのですが、最初のころこそ、がんばって着ていたものの、最近はお正月に着る程度。今年にいたっては、体調が悪かったため、それもなしになりました。
 どうしてって? 理由はただ一つ。帯を結ぶのがしんどいから……。
 帯結びって、けっこう力がいるうえ、腕をへんな方向に伸ばしてぎゅうぎゅう締めないといけないし、手を後ろに回してお太鼓を上につけるのが、年をとるにつれ、体が硬くなっているため、なかなかできない。それで、もうちょっと、楽に帯結びができないものかと、「作り帯」で検索してみました。すると、ありました、ありました。いろいろ、やり方があるんですねえ。その中で私がいいな、と思ったのがこれ(→「着物と暮らす『作り帯の作り方』」帯を切らずにすむうえ、縫いとめるところも数か所。帯をもとにもどそうと思えばもどすのも簡単です。
 
 で、このまえ、ちょっと気のはるところにでかけることがあったので、久しぶりに着物を着てみました。もちろん、帯は作り帯。でも、上等な帯を使って失敗するとイヤなので、失敗しても後悔のない、ちょっと安物を使いました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 上の写真が作ったところのもので、下の写真が出来上がりを表から見たもの。だいたい、30分ぐらいで出来ました。でも、本当は、最初の山折りのところを逆に折ったため、お腹に巻く部分が上下さかさまになってしまったんです。山折りになっているほうが上にならないといけないのに……しくしく(涙)。。。。。
 
イメージ 3
 
 それでもね、ほら、実際につけてみると違和感なくうまい具合でしょう? 本来なら、帯は作り帯のままでおいておきたかったのですが、なにせ間違えちゃったものだから、糸をほどいてもとにもどしました。だけど、要領はわかったし、そんなに上等でない帯がまだあるので、それらも作り帯にして、着物を着る機会を増やしていけたらいいなあ、と思っています。
イメージ 1
 
 よく遊びに行かせていただくnaonaoさんのブログで、「ブログ開設6周年記念イベント」をされていたので、ダメもとでプレゼントクイズに応募させていただきました。すると、なんと、当たっちゃいました!(→「結果発表!
 入浴剤と、かわいいミッキーのハンドタオル。そして、ラスクです。実は、私、ここのラスクが大好物。ああ、また体重が……。
 
イメージ 2
 
 で、とりあえず、「ふじの湯」に入らせていただきました。寒い日は暖かい入浴剤を入れたお風呂に限ります。
 
 それにしても、前のきよらさんのときも当たっちゃったし、(→「ヨドバシのジェニーちゃんとプレゼントのドレス」)。なんだか、一生分の運を使い果たしたような気分で怖いです(笑)。

京都へ小旅行

イメージ 1
 
 このあいだ、友達とランチをしようと、大阪の梅田で待ち合わせしました。で、お昼には少し時間があるし、どうしようか、となったとき、二人とも夕方まで時間があることが判明。じゃあ、とりあえず、電車に乗って電車のなかでおしゃべりしよう。ここは始発だから、1本遅らせば絶対座れるし……。そして、乗ったのが京都線。ロマンスシートだったので、ちょっとした旅行気分です。終点の河原町までいって、そこからバスに乗って清水寺に行きました。
 
イメージ 3
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
 バスを降りて五条坂に着くやいなや、とりあえずお腹を満たそうと、飛び込んだお店が「かねや」さん。とってもモダンな和テイストの素敵なお店でした。私は京水菜とちりめんじゃこの和風スパゲティ。友達はなんだろう? 忘れちゃった(笑)。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 清水寺を参拝したあとは友達が、「これ、絶対おいしいから!」というので、おみやげに「京ばあむ」というバームクーヘンを買いました。そこでは、テイクアウトのバームソフトを売っていたので、ついでにそれも……。実は私、抹茶が大好き。抹茶には目がないんです。
 でも、さすがにこの気候ですから、歩きながら食べていると手がかじかむほど寒い! すると、神の計らいでしょうか、「本日のみのタイムサービス! お抹茶400円を200円に」とあるではありませんか。一も二もなく飛び込みました。いろいろとお菓子も薦められましたが、そこは意を固くしてお抹茶のみで、お断りしました(笑)。
 
イメージ 7
 
 清水坂ガラス館というお店。本当は最初に見つけていたのだけれど、ガラス製品を持ち歩いて、割れてもイヤだったので、最後のお楽しみにとっておいたのです。私は幸せの象徴といわれるピンクの豚と、春らしいお花のピアス。そして、ガラス玉の詰め合わせを買いました。この詰め合わせ、いくらだと思います830円ですって。自分で自由に組み合わせてネックレスをつくります。もちろん、それ用のチェーンなどのキッドも入っていてお得です。
 
 最初はただのランチだけだったのに、急きょ、しかも、どこに行くというあてもなくぶらぶらと……。こんな小旅行もたまにはいいですね。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事