全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全183ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

「自然に対して謙虚であれ!」
 
という言葉を耳にする。
 
言わんとすることはわかる。
東北の姿をこの眼で見たり、竜巻など近年の自然災害の半端無さを知ると、
なるほど、少なくとも現代の人間は、自然というモノをなめすぎている『きらい』はあると思います。
 
ただ、だから、
 
『謙虚』
 
であれ、というのは、百姓として自然と日々つきあっている人間としては、少々違和感を感じます。
 
 
『謙虚』を広辞苑第六版で調べると、
 
『ひかえめで、すなおなこと』
 
と、あります。どちらかというと、保守的で、対象に対して従順な姿勢といってよいでしょう。
(少なくとも、闘う姿勢とは真逆ではあると思います)
 
しかし、農業を含む土木的な行為、ひいては人間の営みというモノは、
文字通りの『自然』では成り立ちません。農業に限っていえば、
 
荒れ地を開墾し、
 
河を制御して灌漑し、
 
雨を除け、
 
害ある虫を殺し、
 
雑草を殺し、
 
自然であろうとする動植物を人間の都合の良いように仕立てて、
最終的にはその命を奪って喰らう・・・。
 
自然に対して従順どころか、日々これ闘いです。
 
自然に対して立ち向かう姿勢そのものが農業であると言ってさえ良いと思います(言い過ぎ)。
 
だから、
 
「自然に対して謙虚であれ!」
 
という表現を聞くと、
 
「ああ・・・なんだかスピリチュアル感だよなぁ」
 
と、思います。
 
 
じゃあ、自然に立ち向かい、腕尽くでねじ伏せれば良いって言うんだな、おまえは!
 
と、極端な反応をする方もおられるかも知れませんが、さにあらず。
 
自然に対しては、『謙虚』なんて言葉では、『ぬるい』のです。
 
古来、人間は自然を『畏れ』、『敬って』きました。
 
それは、地震、津波、竜巻、豪雨、噴火、それら人間の力ではどうしようもない圧倒的な『力』に、
それこそ飽きるくらいに打ちのめされてきた人間の歴史を見れば、当然と言うべきでしょう。
 
日本の『神道』をはじめ、世界中の古い宗教が自然を『神』としていたことからもわかります。
 
そんな、なんの前触れもなく、なんの理由もなく、全く無慈悲に、
人間その他の生命に完全に隔たり無く牙をむく自然と、付き合って生きざるを得ない世界。
 
そんな中で生きていくのに、『謙虚(素直でひかえめ)』でいて、
生き残っていけるはずがないと思うのです。
 
自然を『畏れ』、『敬い』、それでもなお、歯を食いしばって、ふるえる足を踏みしめて、
闘って、打ちのめされて、それでも立ち上がって、あきらめず、共存していく姿勢が、
『生きる』ということではないかと思います。
 
だから、
 
『自然に対して謙虚であれ!』
 
なんてスピリチュアルな言葉じゃなく、
 
『自然を畏れ、敬え!』
 
という表現を使っていきませんか? 皆さん!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・って、あれ? こっちの方が宗教くさいな(ダメでした)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(2)

昨年から福島県南相馬市・原町第一小学校との学校間交流を続けてくれている
滋賀県湖南市・石部小学校のPTAから、
現地でボランティアをした時の話をしてほしい、と依頼がありました。
 
もう、一年も前のことを?! と、面食らったのですが、
新年度になり、役員体制が変わったので改めて・・・ということだとか。
 
そうはいっても、今さら私が話すようなことは無いと思うのですが、
滋賀では未だに、
 
(大変な状況の現地に)行っても良いのか? 邪魔にならない?」
 
とか、
 
「行くときはなにを持っていけば良いの? ゼンブ?」
 
とか、震災直後か? という意識レベルの方が多分に居られるので、
そういう意味では、少しは役に立てることもあるのかなとは思います、が・・・。
 
 
問題は、必ず聞かれるであろう、
 
「私たちは、現地の人たちになにをすれば良いのか」
 
という質問。
正直、
 
「今すぐ現地に行って、お金使ってきてください」
 
というのが答えなのですが、まあ、無理な話。
となると、むしろこちらが聞きたいくらいです。
 
学校同士なら、一般の我々より手が長く、広く、
色々な方法があるのではないかと思って交流を呼びかけたのですが、
やはり一年が過ぎ、800キロの距離を隔てると、
私を含め、なにができるのか、なにをすべきか、
わからないというのが、本当のところのようです。
 
 
一年前、現地で知り合った仲間達は、
今でも現地に行き、活動を続けている者もいれば、
私のように、なにもしていない者もいて、
ただ同様に、
 
『今後、どうやって現地と関わっていけば良いのか?』
 
という悩みを抱えているように思います。
 
「なにもしなくてもいい、ただ、忘れなければいいんだよ」
 
という、砂糖菓子のように甘い言葉は、たしかに本当ではあるのですが、
でも、やっぱり、それでも、なにかをしたい、どうにかしたい。
 
それは、一種の『呪い』のように心の中を去来し、
一時たりとも考えないことはありません。
 
おそらくは、多かれ少なかれ、一度現地に関わった者は、
皆そうであるのだと思います。
 
 
新年度になり、新体制になってなお、
交流を続けていきたいという石部小学校には、感謝の言葉しかありません。
 
これを機会に、またもう一度、遠い滋賀から、なにができるのか、
じっくり腰を据えて考えてみたいと思います。

開く コメント(0)

子の曰わく、
 
位なきことを患えず、立つなき所以を患う
 
己を知ることなきを患えず、知らるべきことを為すを求む
 
 
孔子が言われた、
 
「地位のないことを気にするより、地位を得るための正しい方法を気にかけることだ。
 
 自分を認めてくれる人がいないことを気にするより、認められるだけのことをしようと努めることだ」
(里仁第四 十四)
 
 
 
2008年2月21日からはじまった『今日の論語』も4年越しで200回目を迎えました!
もはや『今日の』でもなんでもなくなっていますが、読んでくださっている方に心からの感謝を申し上げます。
 
できれば、今年中に完結させたいと思いますが・・・まず無理でしょう(笑)。
 
 
そんな記念すべき200回目は、良いこと言ってる孔子さんを紹介したいと思います。
 
 
何かを成し遂げたり得ようとする時、ほとんどの人が必要を迫られる『努力』なるもの。
 
それが得意な人もいれば不得意な人もいるでしょうし、
少しの努力で良い人もいれば、より多くの努力をしなければ成し遂げたり得たりできない人もいます。
 
また、努力というモノは、するも勝手、しないも勝手で、
すれば必ず実を結ぶものではありませんし、しなくても自分以外の誰も困らない。
 
ここまで徹頭徹尾『自己責任』な行為も無いのではないかと思います。
 
 
孔子さんは、この『努力と成果』について、
 
「四の五の言う暇があったら、人一倍の正しい努力をせんかい」
 
と、言っています。
 
 
努力、を、『するだけ』なら、サルだってします(餌を探したり、身を守ったり)。
 
何かを得ようとして得られなかったり、成し遂げようとして結果成せなかった人も、こう言います。
 
「自分なりの努力はした」
 
この『自分なりの努力』というのがくせ者で、そんなものはサルだって『自分なりに』やっています。
(おサルさん、ごめんなさい)
 
何かを得たり、成し遂げたりするためには、ほとんどの場合、努力が必要・・・ということは、
努力はやって当たり前(する、しないの選択をするとした場合に限る)であり、
皆誰しもが『自分なりの努力』をしている中で、そこから一歩抜きん出て、目的を掴み取るためには、
『自分なりの努力をしている』なんてことは、なんの足しにもならない。
 
人よりも倍、十倍、百倍の努力をしてはじめて、
『努力の群れ』から抜きん出る権利が得られるのだと思います。
 
 
ただし、人の何倍も努力するといっても、闇雲にやっていては、
全く違う階段を駆け上がっていたり、
実は上がっているつもりが、駆け下っていたりする場合もあります。
 
得ようとするモノ、成し遂げようとするモノ、それぞれに、
 
『正しい努力』
 
をする必要があると孔子さんは言っています。
 
では、なにをもって『正しい努力』とするのか? というと、本当の意味で『正しい努力』というのは、
人それぞれ千差万別に過ぎて『これ』と断定できるモノは無いかも知れません。
が、
『より正しいと思われる努力』なら、その例は枚挙に暇がない。
 
つまり、『実際に得たり成し遂げたりした人がやっていた努力』です。
 
『まなぶ』の語源は『まねる』なんだそうですが、
人生に師匠を持て! とか、人の振り見て・・・等の先人の言葉は、
それを言っているのだと思います。
 
先達の足跡を研究・実践し、誰にも負けない努力をする。
ただ、自分と先達とでは立場も状況も違うので、全く同じ事をしても、全く同じ結果になるとは限らない。
『自分なりの努力』とは、この時に初めて意味を成すのでしょう。
 
 
・・・なんて、偉そうなことばかり書いて、「おまえはどうなんだ」と言われれば、赤面するばかりなのですが、
まあ、聖人・孔子さんの言っていることですから(逃)。
 
 
最後に、『はじめの一歩』という漫画の鴨川会長の言葉を紹介して締めたいと思います。
 
「努力した者が全て報われるとは限らん。
 しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!」

開く コメント(2)

田植え! ケータイ投稿記事

イメージ 1

数年ぶり。

といっても、植えてもらってるんですけど。

開く コメント(0)

全183ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事