お久しぶりです!

お久しぶりです!
ちょっと更新をサボってるうちにこんなに月日が流れていたとは・・・

別に倒れたとか死んでいたと言うわけではないのです。
一番の原因は「じぶんの部屋がなくなちゃった」事。

今迄自由に使っていたPC部屋が妻と兼用になってしまい、夜帰宅後にカチャカチャやってると就寝中の妻から「うるさいなあ」と言われるように。

そんなこんなでブログの更新をするタイミングが微妙になってしまったわけです。
それともう一点、バスケ息子が2年になって、なんと4番をつける事に!
そうなるともう親も張り切らざるを得ない!

毎試合ビデオを撮って顧問の先生と共有。
なんていうか軽くチームスタッフ?そんな日々を送っておりました。
(まあ結果はもうちょっと・・・ですが。)

自転車は乗ってます!というか充実のライドライフ!
朝練も続けていますし、やはりチームに参加させていただいているのが大きい!
2月から地元となり鴻巣市のチーム「輪持久業」の練習に参加。
土曜日はチーム練習で若手メンバーと軽くアタック合戦!これは燃えますね〜

6月「ツールドつくば」
一般男子C 31位
イメージ 1

その後ついにチームジャージを着る身となり
8月「つくば9時間エンデューロ」
イメージ 2

そして10月末、今年の目標にしていた公道ロードレース「秩父宮杯」市民Cに出場!
イメージ 3

イメージ 4

78名中14位。
ロードレースのドキドキ感はやめられないですね〜

さらに先日はチームでの2戦目
「もてぎ7時間エンデューロ」
7時間チームロードに出場!
なんと若手に交じってAチームで走らせてもらい4位!
(3位と2秒差!わたしがもっと我慢できていれば・・・)
イメージ 5

なんか自転車に乗り始めた頃には考えもしなかったような展開。
もちろん常に楽しかったけど、チームに参加するようになって、これもまた新たな楽しさ!

チームに貢献したい(というか迷惑をかけない)というのが新たなモチベーションになった感じです。

頑張りつつ、まあこのブログもぼちぼち更新していければと思ってます。
2015年ジロ・ローザ第6ステージで萩原麻由子選手ステージ優勝!

いやあすごい!グランツール(とは言わない?)で初めて勝つ日本人はアラシロかベップフミかと思っていたら
彼女でしたか!

MUURに乗っている身としては嬉しい!萩原選手が2012年の日本選手権を制したときに乗っていたのがMUURなのです。

もっともっと取り上げてほしいなあ。世界トップレベルの競技で単身頑張る日本人選手が勝つ!
すごいことなんですよ!

さて、わたしにはもったいないほどの輝かしい実績を誇るわが愛車MUUR727Rですが、
ツールドつくばも終わったし、ってことでスプロケを12-23Tに戻し平地仕様に。
イメージ 1

ホイールもふたたびTOKENのC30Aにしてみました。
このホイール、ガタつきと異音に悩まされて、クイックをやめスキュワーにしたり、いろいろ試してみたりしたのですが何のことは無い、ハブ軸?のところが緩みまくっていた!締めすぎないよう、緩すぎないように締めてみるとガタも異音もなくなりました。

とりあえずは大丈夫そう。
前にも書いたけどアーレンキーで締め上げる式のスキュワー、なかなか良いですよ。なんかダイレクト感が上がった気がする。

ところで次戦ですが、8月あたまにチームのつくば9時間に参加!そして9月、かねてより目標にしていた秩父宮杯に出ます。
このレース恐ろしいばかりの競争率!私が狙っていた市民レーサーCなんて予約受付開始後ほどなくして完売です。
かなーり慌てたもののなんとかGET!よおーし!

取れたとなるとさっそく試走してみたくなるもの。
ちょうど翌日がお休みだったので定峰越えての下見を計画しました!しかし出発前にいろいろやっていたら遅くなってしまい、定峰をの上りながら「ちょっと秩父まで行くには時間がないなあ」と考え、結局はいつもの定峰〜白石〜堂平コースへ。
イメージ 2
上りながら気づいたんですが今日のスプロケ12-23T!大丈夫か〜?
定峰はまあ大丈夫。
定峰〜白石は最後きついんだよな〜
まあダメだったら歩けばいいよと覚悟を決めて行ったらなんとか登れました!
うーんアタックじゃない感じで楽に行ったのが良かったか?
サドルの先端に腰掛けてまわすペダリングはやっぱイイかも!流石は都貴選手の教え!
イメージ 3
そのまま堂平まで行きました。
帰りは表白石を下ってサイクルベース経由で。
さすがに12-23Tで表白石登りだったら無理だったかな!

・・・でもチーム練で白石行くことになったら
ど、どうしようかな・・・。
6月13日(土)「輪持久業」土曜練。
わたしがこのチームに参加して初めて彩湖方面へ。
イメージ 1
最初の休憩場所ホンダエアポートからの出発で出遅れ、気が付くと先頭集団ははるか先へ!
頑張って追いかけるも相手は集団。なかなか追いつかない。入間大橋先の長い長い直線、姿は見えるもだんだん離れてゆく・・・
でもがんばって追いかけ上江橋渡って川越線の踏切先で追いついた!キツイ・・・でもこういう単独ブリッジって燃えるものがありますね〜。
その後彩湖(裏ストレートと堤防上)を何周かしてから来た道を戻りました。
チームにも少しづつ慣れてきた気がする・・・参加予定のつくば9時間が楽しみになってきました!

しかし!その前にわたしは6/21の「ツールドつくば」でがんばらなければなりません!

ツールドつくば・・・記念すべきわたしのレースイベントデビューの地。
2013年のツールドつくばで自転車レースイベントに初出場したわたしは
35分51秒で一般男子C301人中48位、という僥倖といってもいい成績を上げロードバイクラインディングの楽しさにさらにのめり込むことになった思い出のイベントです。

今年はあらかじめゼッケンが送られてくるシステム。
イメージ 2
さらに受付が当日になったので当日早朝の現地入りが可能になりました!
大荒れ、雷雨に突風かも!というとんでもない予報の中筑波山へ!
イメージ 3
久しぶりのイベント!天気もなんとか大丈夫そうです。
前回の出場から2年。そのあいだいろいろなイベントに出ました。筑波と同じようなヒルクライムやエンデューロ。クリテリウムでは多少の手ごたえも。

前回と比べれば少しは成長しているはず!と思う反面、自分は多分登りはそんなに得意じゃないという事にも気づいてしまいつつある今日この頃。

なんとなくグループの先頭に並びいざスタート!最初の平地区間は先頭に出て飛ばします!ほどなく始まる不動の上り。サドルの先端に座って、都貴選手に習った通り一定のペースを心がけます。
なんとなく体力温存できている気はする。
ゼッケンが良く見えないので同グループか他のグループなのかはわかりませんが4人くらいでパックになって走行。
この中では上りは一番遅く、下りは一番早いみたい!上りでは後ろにぶらさがり、表筑波スカイラインの下りでは先頭に出ます。

風返峠のキツイところも前回に比べれば少し余裕を持って走れている気がする。
しかしながらラストペースアップすることは出来ず・・・
「結局もたないのは一緒か〜」と思いつつゴール。
イメージ 4
brytonのデータでは34分40秒台。うーん2年前より1分短縮か・・・もうちょっと行けると思ったんだけどな。

前回同様トラックにMUURを預けバスで下山。つくば総合体育館で待っていると・・・いよいよ結果発表
イメージ 5
男子C(40歳台)240人中31位!
うーん悪くないけど、もうちょっとやれるような気がしてたんだけどな〜。
まあでもきっとこんなもんなのでしょう!もっと峠走り込まないとダメかな・・・

とりあえずヒルクラは一段落、平地がんばります!
5月24日(日)サイド商会のチーム「輪持久業」練習。
しかしこの日は普通の練習ではない!なんと元ブリヂストンアンカーのエース清水都貴さんご来場。

おおおスゴイ!清水都貴選手といえばアンカーのエースにして数々のレースに勝利した、フランスでも名前の通っているほどの日本を代表するロードレース選手。

アンカーを引退され、ブリヂストンサイクルでサイド商会の担当になられた清水都貴さんが練習に来て下さるかも!と言うお話が以前からありまして楽しみにしておりました。

しかし予定されていた5月24日は雨の予報。「よりによって・・なんでだよ」とかなりブルーになっていたのですが、直前になって回復の兆し。
そして結局この清水都貴さんライドは無事に開催。

しかし!行先はなんと「白石峠」・・・
自慢ではありませんが埼玉で自転車に乗っていながらこの私、いままでまともに白石アタックをしたことがありません。(定峰側からしか行ったことがなかった!)

秩父エリアでも「キツイ・・」とされる白石。急勾配に弱いこの私。足つきしたらカッコワルイな・・・
とちょっとブルーになっていたのでした。
実はToken C22AもReconロークロススプロケもほぼこのためであったと言っていいかも。

そんな気持ちを抱えながらも始まってしまえば走るしかない!
イメージ 5
なんか先頭ローテに加わりムダに脚を使ってしまうわたし。これから白石だっていうのに。
でも、ロードに乗りはじめて以来ほぼ単独練を続けてきた私にとってチーム練で先頭ローテに加わるってのはなかなかに意味を持つ行為なのです。

というわけでこの日もかなりムダに頑張りました!(いつかこのムダな頑張りを生かしてエースの勝利をお膳立てしてみたい)

白石前の休憩スポット「都幾川サイクルベース」にて休憩。
その後いよいよ白石峠へ!
不安に駆られた私は周囲の方々に「秩父高原牧場の登りとくらべてどうですか?」と聞いてみたところ
「距離が長い分こっちのほうがキツイかも」というありがたいお答えをいただきました。

そんなこんなでいよいよ人生初「白石」スタート!
のっけから急斜面!いきなり「休むダンシング」を多用するわたし。
清水選手は?うわーもうあんなところに!

いつも序盤上げすぎて後半終わるわたし。今日はゆっくりペースを心がけて登ります。
しかし意図してゆっくり上っているのかこれが精いっぱいでこのゆっくりペースでしか登れないのかすぐにわからなくなった・・・

印象的には半分以上ダンシングで上った感じ。
しかし幸いReconのおかげか「もうダメ」という感じにはなりませんでした。

序盤こそチームの登り得意な方の背中を追いかけていたのですがすぐに一人旅状態。
自分のくるしい呼吸音だけが杉林に響きます。

と、ここで颯爽と前から降りてくる都貴選手!「もうすぐですよ〜がんばって!」とにこやかに声をかけて下さいます。そしてしばらくすると、ものすごく勾配の急なヘアピンのイン側から猛然と抜いて上がっていきます。すごい・・・。
結局2回くらい声をかけにきてくださいました。

そうこうするうちに勝負平なる標識。おおー聞いたことあるぞ!もうすぐゴールだったっけか?
しかしとても勝負する力は残ってない。

まあ足つきしなかっただけでも良かったかな?
イメージ 6
タイムは28分32秒。うーんどうなんだろう?
牧場と同じくらい、いやほんの少しこっちのほうが楽かな・・・
イメージ 1
都貴選手を囲んでの質問コーナー。
都貴選手のRIS9はサドルが前上がり!先端に腰をひっかけて登られるそうです。
そしてハンドルはブラケットが上を向いていました!

急勾配でダンシングをすぐにしたくなってしまう、と上り方について質問してみたところ
「基本はシッティングです!ダンシングはアクセント程度に」との事!
よしサドルとハンドルちょっとマネしてみようかな。
イメージ 7
帰りもムダに頑張る!キツイけど気持ちいい!千切れそうになった時、ケイデンスをあげて踏ん張る感覚がわかった気がする。(気のせいかもしれませんが。)
都貴選手が「みなさんけっこういいペースで巡航しますね〜」と休憩のとき仰っていたのが嬉しかったです。
(でもわたし的には巡航ではなく全開です)

後日さっそくマネしてみました。
イメージ 2
ブラケットを上に向けてみます。
効果を試すべく前回と同じ落合〜定峰〜白石ルートにGo
イメージ 3
落合橋から定峰までは30分26秒!(ベストよりは30秒落ち)
落合〜定峰〜白石では39分50秒!前回よりは2分くらい速く登れた!
ダンシングばかりしていたわたしがほぼシッティングで登れました。

その後牧場坂にも挑戦。
イメージ 4
こちらは20分11秒。たしかベストは19分くらいだからちょっと遅い?

タイムには結びつかなかったけど脚は残った気がする。
サドルの先端にお尻を乗っけて回す!というのが上手くなればもうちょっと速くなるかな?

なかなか感触は良かった気がする!すべて気のせいかもしれませんが。
もうちょっと頑張ってみます。
これでツールドつくば上手くいくと嬉しいんだけど・・・。

調子いいのかな?

日々の朝練。
先日の峠の帰り、吹上コスモスアリーナでお会いした、とっても速い方と時々出会います。
会うといろいろお話をするのですが、ためしに「直線で飛ばしてみてください!」とお願いしてみたところ速い速い!
イメージ 1
追い風でもないのに軽く50km/hですよ!バイクはトマジーニ!後ろからついていくことなら出来るけど、わたし一人じゃとてもムリ!
さすが・・・群馬、修善寺と転戦されている方は違う。レベルが違いすぎるなあ
「後半どうしてもタレてしまうんです」とお聞きてみたところ「VO2maxを鍛えると良いですよ」との事。

VO2max・・・
「運動中に呼吸によって体内に取り入れることができる酸素の最大容量を、単位時間あたり(1分間あたり)、単位重量あたり(体重1㎏あたり)、どれだけの量(ml・ミリリットル)の酸素を取り入れることができたかで表したもの」
「ロードレースで勝負がかかった時に踏ん張れるかどうか」?
鍛えるにはインターバルトレーニングとかかな。
わたしのこの朝練ってメニュー的にどうなんだろ?
上りも直線もあるし自分では気に入っているのですが。気持ち的には常に全力で走る!ヘタに「ここは休んで」とか考えると、もうそのレベルでしか走れなくなりそうなので。

先日導入したToken C22A。ネットとかでレビューを見ると「脚を止めるとすぐ減速する」という意見が出てきますが要は休まなきゃいいって事で!
イメージ 2
タイヤはお気に入りのパナレーサー Race L EVO2。軽いし安心のグリップ!しかも安いし良いタイヤです。
一応軽量タイプに入ると思われるこのタイヤ。何回か使っていますがパンクしたことは一回もありません。

チューブは
イメージ 3
パナレーサー「R AIR」ではなくブリヂストンのエクステンザ。軽量チューブとして名高い「R AIR」と比べても変わらない重量。パナレーサーのタイヤは大好きですが「R AIR」とは相性が悪いので!

5/21今日は昼練!強めの北西の風。
イメージ 4
出ました35分台!追い風参考ですけどね!(まあでも上の直線は向かい風になるわけで)
イメージ 5
シートポストを軽いのに戻しました!なんかカッコよくなったかも!
MUUR727R。たぶん10年くらい前のフレームだと思うけど、なんかよく走る気がする。
新しいのにも乗ってみたいけど・・・

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事