全体表示

[ リスト ]

5月24日(日)サイド商会のチーム「輪持久業」練習。
しかしこの日は普通の練習ではない!なんと元ブリヂストンアンカーのエース清水都貴さんご来場。

おおおスゴイ!清水都貴選手といえばアンカーのエースにして数々のレースに勝利した、フランスでも名前の通っているほどの日本を代表するロードレース選手。

アンカーを引退され、ブリヂストンサイクルでサイド商会の担当になられた清水都貴さんが練習に来て下さるかも!と言うお話が以前からありまして楽しみにしておりました。

しかし予定されていた5月24日は雨の予報。「よりによって・・なんでだよ」とかなりブルーになっていたのですが、直前になって回復の兆し。
そして結局この清水都貴さんライドは無事に開催。

しかし!行先はなんと「白石峠」・・・
自慢ではありませんが埼玉で自転車に乗っていながらこの私、いままでまともに白石アタックをしたことがありません。(定峰側からしか行ったことがなかった!)

秩父エリアでも「キツイ・・」とされる白石。急勾配に弱いこの私。足つきしたらカッコワルイな・・・
とちょっとブルーになっていたのでした。
実はToken C22AもReconロークロススプロケもほぼこのためであったと言っていいかも。

そんな気持ちを抱えながらも始まってしまえば走るしかない!
イメージ 5
なんか先頭ローテに加わりムダに脚を使ってしまうわたし。これから白石だっていうのに。
でも、ロードに乗りはじめて以来ほぼ単独練を続けてきた私にとってチーム練で先頭ローテに加わるってのはなかなかに意味を持つ行為なのです。

というわけでこの日もかなりムダに頑張りました!(いつかこのムダな頑張りを生かしてエースの勝利をお膳立てしてみたい)

白石前の休憩スポット「都幾川サイクルベース」にて休憩。
その後いよいよ白石峠へ!
不安に駆られた私は周囲の方々に「秩父高原牧場の登りとくらべてどうですか?」と聞いてみたところ
「距離が長い分こっちのほうがキツイかも」というありがたいお答えをいただきました。

そんなこんなでいよいよ人生初「白石」スタート!
のっけから急斜面!いきなり「休むダンシング」を多用するわたし。
清水選手は?うわーもうあんなところに!

いつも序盤上げすぎて後半終わるわたし。今日はゆっくりペースを心がけて登ります。
しかし意図してゆっくり上っているのかこれが精いっぱいでこのゆっくりペースでしか登れないのかすぐにわからなくなった・・・

印象的には半分以上ダンシングで上った感じ。
しかし幸いReconのおかげか「もうダメ」という感じにはなりませんでした。

序盤こそチームの登り得意な方の背中を追いかけていたのですがすぐに一人旅状態。
自分のくるしい呼吸音だけが杉林に響きます。

と、ここで颯爽と前から降りてくる都貴選手!「もうすぐですよ〜がんばって!」とにこやかに声をかけて下さいます。そしてしばらくすると、ものすごく勾配の急なヘアピンのイン側から猛然と抜いて上がっていきます。すごい・・・。
結局2回くらい声をかけにきてくださいました。

そうこうするうちに勝負平なる標識。おおー聞いたことあるぞ!もうすぐゴールだったっけか?
しかしとても勝負する力は残ってない。

まあ足つきしなかっただけでも良かったかな?
イメージ 6
タイムは28分32秒。うーんどうなんだろう?
牧場と同じくらい、いやほんの少しこっちのほうが楽かな・・・
イメージ 1
都貴選手を囲んでの質問コーナー。
都貴選手のRIS9はサドルが前上がり!先端に腰をひっかけて登られるそうです。
そしてハンドルはブラケットが上を向いていました!

急勾配でダンシングをすぐにしたくなってしまう、と上り方について質問してみたところ
「基本はシッティングです!ダンシングはアクセント程度に」との事!
よしサドルとハンドルちょっとマネしてみようかな。
イメージ 7
帰りもムダに頑張る!キツイけど気持ちいい!千切れそうになった時、ケイデンスをあげて踏ん張る感覚がわかった気がする。(気のせいかもしれませんが。)
都貴選手が「みなさんけっこういいペースで巡航しますね〜」と休憩のとき仰っていたのが嬉しかったです。
(でもわたし的には巡航ではなく全開です)

後日さっそくマネしてみました。
イメージ 2
ブラケットを上に向けてみます。
効果を試すべく前回と同じ落合〜定峰〜白石ルートにGo
イメージ 3
落合橋から定峰までは30分26秒!(ベストよりは30秒落ち)
落合〜定峰〜白石では39分50秒!前回よりは2分くらい速く登れた!
ダンシングばかりしていたわたしがほぼシッティングで登れました。

その後牧場坂にも挑戦。
イメージ 4
こちらは20分11秒。たしかベストは19分くらいだからちょっと遅い?

タイムには結びつかなかったけど脚は残った気がする。
サドルの先端にお尻を乗っけて回す!というのが上手くなればもうちょっと速くなるかな?

なかなか感触は良かった気がする!すべて気のせいかもしれませんが。
もうちょっと頑張ってみます。
これでツールドつくば上手くいくと嬉しいんだけど・・・。

閉じる コメント(8)

ほぉ〜ヒルクライムはほぼシッティングですか〜
チーム練でどんどん速くなってますねー
ヒルクライム用にハンドルにサドルポジションの変更は有効なんですねー♪( ´▽`)

2015/5/31(日) 午前 10:56 [ okirakuface ] 返信する

okirakuさんこんにちは
チーム練に混ぜてもらって、はっきりと自分が上れるタイプじゃない事が分かってしまいました・・・
絞れないのです〜
よって平地と緩斜面で頑張ります。

2015/5/31(日) 午後 9:11 [ つぽぇふ ] 返信する

顔アイコン

プロとのヒルクライム、勉強になったようですね。
山も平地もどんどん早くなっているようで、凄いですね。

2015/5/31(日) 午後 10:13 [ とれびーたろう ] 返信する

とれびーさんこんにちは。
痩せているクライマーの方々にはとてもかないません!どちらかと言うと平地のほうがまだ良いようです。
どっちにしてもロードで速く走れるようになるというのは、いかに長時間我慢出来るようになるか、という事のようです。

2015/6/1(月) 午後 9:05 [ つぽぇふ ] 返信する

充分速いタイムですよー!

2015/6/8(月) 午後 4:23 [ kin2 ] 返信する

kin2さんありがとうございます。
川場お疲れ様です。
わたしは見ての通り上りも平地も微妙な感じなので・・・
もうちょっとなんとかなりたいです。

2015/6/9(火) 午前 8:41 [ つぽぇふ ] 返信する

顔アイコン

おおお、プロの指導付で白石峠とは、チームで走る特典ですね〜
白石峠は序盤の方が斜度キツイですよね〜

上りが速くなると平地の粘りが出てくるのかな
う・・・上りもやらないと・・・(ヤダけど・笑)

2015/6/10(水) 午前 10:49 [ 柚木咲 ] 返信する

パパっぺ様こんばんは〜
チーム練はちぎれると悔しいのですが考えてみれば相手は若い!オレけっこう頑張ってんじゃんなんて考えてたらきっとダメですよね。
明日は息子の公式戦。久々にアイローネ号で行ってきます。

2015/6/11(木) 午後 10:37 [ つぽぇふ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事