ここから本文です

書庫全体表示

気仙沼

ブログは、ゴールデンウィークに戻ります。

アカペラで東北復興支援を行う一般社団法人のAWS(Always With Smile)の活動に学生の頃から参加している長男が、何度も行っている気仙沼に家族を連れて行きたいと嬉しいことを言ってくれたので、全てお任せでついて行ってみた。

気仙沼に行くには、東北新幹線の一ノ関から大船渡線に乗換える。

E-M1 [M.ZUIKO ED 12-40mmF2.82017/5/3〜4(横写真は、拡大表示できます)
イメージ 1





車内に乗り込むと、運転席の横にワンマンバスのような料金支払い機が。
何ともほのぼのとした感じがいい。

イメージ 2





車窓からの風景がとても素晴らしかったが、うまく写真に撮ることができず、悲しいかなこの1枚だけ。その良さを伝えきれない。orz

イメージ 3






一ノ関から1時間ほどで気仙沼駅に到着。

イメージ 4





ここから先は、線路が津波で流されたため、ここからは、線路を道路に変えて運行されているBRTに乗って南気仙沼まで。

イメージ 5





レンタカーで気仙沼港へ。
震災から6年が過ぎているが、まだまだ土地のかさ上げ工事が広範囲に行われていた。

イメージ 6






道端には大きなセイヨウタンポポが咲いていた。

イメージ 7





津波で痛々しい姿になった気仙沼向洋高校の校舎。
3Fまで波に流されたように見える。

イメージ 8





岩井崎にある龍の形で残った1本の松。

イメージ 9





リアス・アーク美術館に震災当時の資料が展示されているというので連れて行ってもらった。

イメージ 10





かなりインパクトのある写真がずらりと並んでいる。
たまたま休暇を取って家にいて、TVから流れて来るリアルタイムの津波の映像を見て息を飲んでいた当日の自分を思い出してしまった。


イメージ 11






宿泊は、2年後、気仙沼大橋で陸続きになる長男オススメの気仙沼大島。フェリーで移動します。

イメージ 12





何人かがかっぱえびせんを投げている。
それを目当てにウミネコが追いかけて来る。

イメージ 13




長男もちゃっかりかっぱえびせんを持っている。^^;
長男からかっぱえびせんを1つもらい餌付け写真に挑戦。

イメージ 14



イメージ 15






宿泊先 石田屋さん。
海鮮料理がこれでもかというほど出て来て超満足な夕食。

イメージ 16




朝食も大きなホタテと牡蠣。
一泊2食付きで8千円というからビックリです。
気仙沼の人も大島は凄いというのが頷けます。

イメージ 17





観光協会で電動自転車を借りて気仙沼大島で一番高い亀山に。
好天に恵まれ、素晴らしい景色を満喫しました。

イメージ 21






イメージ 18





歩くとククと鳴ることからくぐなり浜と名付けられた砂浜へ。

イメージ 19





残念ながら砂浜は鳴ることはなく、渚ではカルガモが待っていました。

イメージ 20





コバルトブルーの海が印象的でした。

イメージ 22





気仙沼に戻って来て、安波山へ。
気仙沼港が一望でき、その先には気仙沼大橋も見えます。

イメージ 23





漫才マジシャンのマギー審司さんは、気仙沼の出身だそうです。
愛車は目立ちます。
カーナンバーも耳なんですね。^^)

イメージ 24




ひとまずここまで、続きはまた今度に。








この記事に

  • 顔アイコン

    ご長男が復興のお手伝いをし、それを家族に見せたいなんて、ご長男の人柄とご家族との暖かな関係が伝わってきて素敵なお話ですね。
    それにしても8000円でこの料理は、単なる旅行でも行ってみたくなりました。 削除

    [ ダンダラ ]

    2017/5/25(木) 午前 6:29

    返信する
  • 顔アイコン

    これは素晴らしいご旅行となりましたね!
    東北は福島以外行ったことがありません。
    震災の傷跡はまだ深く
    多く残っていることでしょう・・・
    考えること多々です。
    かっぱえびせんでお鳥寄せとは^^
    いい瞬間を捉えられて(o^-^o)
    海の幸、すっごーー!

    [ sip***** ]

    2017/5/26(金) 午後 10:15

    返信する
  • 顔アイコン

    被災地を訪れると色々な想いが去来する事でしょうね。
    校舎の残骸や遺品のカメラ、実際に目にすると映像で見るのとはまた違ったリアルさであの日の出来事の片鱗を感じられるのだと思います。
    夕食すごいですね。目が点です。さぞ美味しかった事でしょう。
    朝から帆立は私には無理かもです。
    耳の車ですが、これで車検通るんですかね? 削除

    [ naoggio ]

    2017/5/29(月) 午後 4:13

    返信する
  • 顔アイコン

    ダンダラさん
    ありがとうございます。
    親バカながら、いい息子に育ってくれたと思ってます。
    気仙沼大島の石田屋は漁師さんの宿で、超おすすめですよ。

    Akakokko

    2017/5/29(月) 午後 11:37

    返信する
  • 顔アイコン

    Sippoさん
    震災の爪痕が生々しく残っているところもあり当時の悲惨さを感じることができました。
    でもそこで暮らす人たちは、みなさん明るくて優しくて、もう一度行って見たいと思わせる魅了がありますよ。
    魚介類が好きな人はとってもハッピーになれます。^^)

    Akakokko

    2017/5/29(月) 午後 11:41

    返信する
  • 顔アイコン

    naoggioさん
    映像で見るのと実際に目にするのとでは全く違いますね。
    いろんなことを考えさせられました。
    息子が選んだだけあって、宿泊先は最高でした。
    超おすすめです。
    あれ?いつのまにか"jj"が"gg"になってますね。^^)

    Akakokko

    2017/5/29(月) 午後 11:51

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事