ここから本文です

書庫全体表示

私用があって休暇の月曜日。
用事を終えて4日連続のマイフィールド、ミドリシジミを満喫とまでは行きませんが、それなりに楽しんで来ました。

到着した時は、陽は高いものの雲で日差しが遮られ、それほど暑くない。

TG-4 2017/6/5拡大表示できます)
イメージ 1





ミドシジミのポイントに行くと、数人のカメラマンがファインダーをのぞいていた。
レンズの先には当然ミドリシジミが。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII]
イメージ 2





開翅を期待したのですが、近くにあった栗の花へお食事タイム。
これでは開翅は期待できない。orz

イメージ 3





すると、顔見知りのカメラマンが近くにもう1頭羽化不全のミドリシジミが止まっているというので、みに行くことに。
その個体は、確かに右前翅が小さくなっているように見える。

イメージ 4




反対側から見ると普通に見える。

イメージ 5




開いた面翅を見ると寄れた右翅が意外と綺麗。

イメージ 7




そして、綺麗と思われた左翅が・・・
せっかく開始してくれたけど。orz

イメージ 6




イメージ 8




時間帯が悪かったので、このあとは閑古鳥。
こうなると、夕方のテリ張りに期待しするしかない。

それまでは、比較的見つけやすいアカやウラナミアカを。

イメージ 9





イメージ 10




蝶を求めて歩いていると、カメラマンが一人何かを撮っている。
この場所であれば、ウラゴマかミズイロかと思いながら行って見ると、比較的綺麗なウラゴマが下草に止まっていた。

イメージ 11




しばらくすると動き出し、後ろを向いて開翅を始めた。

イメージ 12




光の向きが悪く色が出ていなかったので、回り込むと綺麗なパープルカラーが。残念がら全開翅はしてくれなかった。

イメージ 13




そしていよいよミドリシジミが活動する時間帯。
しかし、個体数が少ないためか、樹上に動くものはなく・・・
諦め半分で探し回ったら、大きなハンノキの樹上でテリ張りするミドリシジミを発見。

イメージ 14




周りは閑散としているのに、何故かこのハンノキだけに数頭のミドリシジミが集中していて、なんとか卍巴飛びを撮影することができた。

イメージ 15





しかし、この場所は見上げるしかない場所でロケーションが悪く、せっかくの卍で面翅が見えても色がでない。orz

イメージ 16




と思っていたら卍が流れて順光になる位置へ。

イメージ 17




イメージ 18





イメージ 19




強い♂は、くるくると激しく回っている時でも相手をしっかり見ているんですね。

イメージ 20

この記事に

  • 顔アイコン

    ええ〜、昨日も行かれたんですか。
    近いというのは素晴らしい事ですね。羨ましいです。
    心配されたミドリシジミもなんだかんだ言って結構発生してくれているみたいで良かったです。
    ウラゴの開翅がとても綺麗ですね。そう言えば近頃見た事がありません。 削除

    [ naojjio ]

    2017/6/6(火) 午前 7:38

    返信する
  • 顔アイコン

    naoggioさん
    4日連続でした。^^;
    ウラゴは、今季初開翅でした。
    ミドリシジミの個体数の少なさが非常に気になります。

    Akakokko

    2017/6/7(水) 午後 8:29

    返信する
  • 顔アイコン

    鍵コメさん
    成果を期待してます。^^)

    Akakokko

    2017/6/7(水) 午後 8:30

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事